☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年はいい年になればいいです。

 今年もたくさん色んなものを見れた。

見なかったら見なかったでよかったものかもしれないけど、見て後悔したものなんてなかったです。全部見たあとに見てよかったな~~~と思うものばかり見たから楽しい一年だったです。

 来年は、どうなる事だか。

昨日のオールザッツをみて、この人たちが次世代ならもしかしたら足は遠のくかもな・・・と思った。笑い飯とソラシドがいる限りは、見たいなぁ~とも思っている今日この頃。あ、鎌鼬もみたいなジャルジャルも天竺鼠も。。。

西田君の髪の毛も伸びてきて、後ろで束ねられるようになった。早く長く長くならないかな。男前度増量中。たぶんジャル2後藤君と肩を並べるくらい「西田さんは男前だ」と声を大にして言えると思います。皆様2007年(今からでもいいけど)よーくよーく西田君の顔を見てみてください(笑)はっ!整ってるかも!なんて思うと思います。

今年の締めくくりの日記が西田君宣伝になっちゃった。

2006年は、後半からソラシドが見れなくなったという事もあった。
baseの掲示板に「ソラシド本坊が・・・」とかかれる限り、水口さんが「ソラシドの水口や!」と言う限り、待ってみようと思います。早く本坊ちんの作ったコントが見たいなぁ。


という事で、2006年こんな拙いものを読んでくださった皆様、今年はありがとうございました。また、2007年も読んだろか~と思ってもらえるとうれしいです。

スポンサーサイト

大喜利ライブ

 2006年ラストのbase。今年もたくさんお世話になりました。

今日の大喜利ライブはあっさりめ。(年末は生番組がたくさんです)

ノブくんご挨拶

M-1で野敗者復活も果たせなかった日、帰りの駅のエスカレーターで足を踏み外して何段もドンドンドンとお尻から滑り落ちた。危ないと思ってがっとエスカレーターの手すりを両手で持った瞬間「ブーーーーっとおならが出ました」・・・・お・・・・・・・おの・・ぶ。

演芸

劇団原田ボーイズ

だいぶ昔の大喜利ライブ演芸で見て以来すごく久しぶりに見た。
迂闊にも感動。向君の「おめ・・・でとう」でほろりとしました。やっぱりコントにも演劇にも漫才にも演技力は必要。もう少し見たくなりました。

コサック村田

・・・久々!と思っていたらスーツ姿で出てきた村田君。色々な外国人のものまねをしてた。おもしろいっ。「よくある外国人の話のオチのつけ方」は噴出すくらい面白かった。本当にあんな感じやもんっ。「外国人がすれ違った時の表情」も「黒人の悪いおじさんの話し方?」もよかった。最後までコサックは全くしなかったコサック村田(笑)

笑点風大喜利

出演:笑い飯、千鳥(オノブは司会)、山ちゃん、功太、西森君

【挨拶】

大悟「M-1では敗者復活のM-1の魔法も消えました。・・・(忘れた)・・ブーっと屁が出ました。千鳥大悟です」

西田君「先日のM-1では優勝できませんでした。・・・(忘れた)・・ブーっと屁が出ました。笑い飯西田です」

オノブ挨拶を引っ張る流れ。


今年の重大ニュースベスト6大喜利

初めの人から6位のニュース発表。ラストの人が1位発表でオチ。

①西田君:ハンカチ王子、後ろのポケットからハンカチを出す!

②山ちゃん:ハンカチ王子、後ろのポケットから・・・・・・紙を出す・・・

ぶふーーーーー!オチ出た(笑)まさかの2番目がこの出来だったので、4位以降がグダグダに。「脳みそが働かない」と小声で本番中反省の山ちゃん。

~賞発表大喜利


フリップ大喜利

前方にコレでもかという位の大きな人が座っていた事もあって、前の功太、斜めの哲夫の回答がいまいちみれず。。。。。回答を出すたびに頭をあっちこっちしていたので、記憶も吹っ飛んだ模様。思い出せません・・・。お題すらも覚えてない。

Q.コレをするブスは最低だ

哲夫:「登山」
功太:「美人のネイル」
哲夫:「ドリカムのサラダの歌を歌う」
誰か:「ブス~ってしてるブス」落とした(笑)

Q.「番号ポータビリティ」に似た言葉は?

哲夫:「江原スピリチュアリティ」あぁ。
大悟:「ジャンゴージャンゴー」なんですかそれ?オノブが「田原か!」と突っこんだのに同世代を感じた。

西田君と西森君がひたすら面白かった気がするのに、どうしても思い出せません。なんだったかなぁ~。


Q.年末カウントダウント同時におじいさんが死んだ。それを見たおばあさんがいった言葉は?

西森君:「もちと一緒にやこか」ふふっ。
哲夫:「~~~+せやろ」
大悟:「~~~+田原」←気に入ってしまった様子。
西田君「~~~+し~~~ん しゅ~~~~~ん」うまっ!


全体的に本当にあっさりとした大喜利ライブでした。江原ノリもせやろ乗りもさらりとスルー。見ごたえはいまいちだったけど、楽しかったです。

エンディング

原田ボーイズいつかどこかで本当に演劇がやりたいという話に。
「ゼップあたりで・・・・」ブッフーーーー!見れる気しないわ(笑)
お客さんをひきつける文句として原田さんが「いい音楽もながすんで~」え?そっち??

 村田君の落ちをつける外国人の喋り方が気に入ったみんなが「あれもう一回やって」と。やっぱり面白い。バーガーショップの深夜の片隅で男の子がやってそう。この外国人ネタは功太と考える事が多いらしく、もう1つ「道端でフランクフルトを売っている外国人が、警察に注意された時の反応」をやってました。これまた上手。

 ということで2006年コレでお開き。

来年は早々スピリチュアルじゃなくてスペシャル♪
たのしみ、たのしみ。



年末

base COUNT DOWN in KOBE 出演者変更
2006/12/31[sun] > 2007/1/1[mon]
base COUNT DOWN in KOBE

ソラシド本坊は都合により出演致しません。
申し訳ございませんが、予めご了承下さい。

たくさんの方のご来場、心よりお待ちしております!

baseよしもと公式HPより抜粋




だそうです。



「ソラシド」とかかれていたことに、少しだけうれしかったのは
まだ期待する気持ちがあるからなのでしょうか。
ハチ公の心境です。











あほんぼー。




メリークリスマス

 普通に見れると思って普通に見ていたのですが、気付いたら缶チューハイを3本開けてました。ほんのりごきげん。

 何の問題もなく、何の疑惑もなく、大納得の一番でした。

チュートリアルの名前がならぶボードを見て、とてもすがすがしい気持ちになった。誰がどう見てもそうだもん。あそこで、名前入れられた方が、どうなんなってなるほど、断然チュートリアルだった。

チリンチリンですもん。

あんなものに焦点置いて話をすすめられたら、もう何をだしても勝てる気はしないです。面白かった。

チリンチリンですもん、チリンチリン。


大ハプニングにより、千鳥の敗者復活の瞬間が見れません。
でも、おつかれさま。
やっとホッとしておいしいお酒でも飲めるのではないでしょうか。

麒麟も笑い飯もお疲れ様。
私は、漫才をしているその姿が好きなので、もう十分。
こんな事を言ってられるのは第三者だからな事もわかってるけど、もう終わった事だからあーだこーだ悔やんでも仕方がないし、今年のチュートリアルはやっぱり全然面白かった。2007年もたくさん笑わせて欲しいですということしか言わないです。


なんだか少しM-1にも飽きたかなぁ。

頂上

 何かとバタバタしていたこの一週間。

大切な用事のためにチケットは持っていたものの天津、今回はパスしました。どんな感じだったのかなー。来月のコントを楽しみにしてます。相変わらずの向君のペース。がんばれ!木村君も色んな記憶を残しつつ、バナナを片手にがんばって!


さて、日付が変わって12/24。
皆様、HAPPY MERRY CHRISTMAS EVE!

そんなことよりM-1本番日。みんなどんな心境で今日を過ごしているのかな。笑い飯は今日もラジオです。今日はちゃんと聞こうかな。でも電波がな・・・・。明日の朝、眠い中東京に向かうのでしょう・・・お経書く暇はあるのか、どうなのか。

今年は、やっぱり去年とは心境が違います。
なんとなく、普通に見れそう。
みんなに一番とってほしいし、悔いのないようにマイク一本で面白いものを見せれるようにしてほしい。

敗者復活組もみんなが悔いのないようなものを残せますように。大悟のあの瞬間の顔がまた今年も見たい。笑い飯がライバルとしてむかい入れる体制は整っているようです。がんばってなんて無責任な応援の仕方は出来ないけれど、どっちに転んでも満足で終れるものを会場で披露できますように。今年も野外なのでしょうか?(全く知らなくてごめんなさい)寒そうだなぁ。

テレビの前で、楽しく見ようと思います♪



大阪ゲームコーナーフェスタ2006

 最初行くかどうか迷っていたイベント。「ジャルジャルも川原君も出るよ!」と言われていくことを決心。友達に感謝。見なかったらしばらく後悔しそうなほど大満足な4時間弱。

バッファロー吾郎木村さんの元に生まれた企画。そのイベントの拡大版がbaseで行われました。長時間に渡ってただただゲームをするって言うもの。そのただただがこんなに面白いのは、そこに木村さんがいるから。


ご挨拶と出演者紹介
タキシード姿の木村さん。幕の外での挨拶だったので、客席がこんなに近いとは!と若干タジタジ。「お客さんは楽に方の力抜いて見てください」

次々に呼ばれる出演者。浅越ゴエくん、「ヤナギ ブソン」、向君、ジャルジャル、川原君、ヨーロッパ企画のうえださん

呼ばれて早々、右詰めの列のはるか遠く左側で挨拶をするジャルジャル。あぁ、ここでも。何のゲームが好きですか?ときかれると「はこの中身はなんでしょか?がすきですっ」と福徳君。

続いて呼ばれた川原君。好きなゲームはなんですか?ときかれると「箱の中身はなんですか・・・以外が」(笑)次世代は両方揃って嵐です。
※ちなみに瀬下君はオファー時に入院などのアクシデントがあったために、今回は見送りに。


デスヒント

4人づつのチームに分かれて、相手チームに答えを当てられないようにヒントを出していく。ヒントを出せば出すポイントが入る仕組み。
【ex. 答え「タイガーウッズ」とあったら、「この方は帽子がよく似合います。」とか「この方は外国の人です」等】

ここでは川原君がボソボソ、ドッカーンと笑いをとってました。「焼きそば」と言う回答に対して「これを頭の上に乗っけるとファンキーな気分になります」と言うヒントを出されたときにはどうしようかと思いました。

やなぎたにゲーム

何でも「妖怪」「地獄」「太郎」ゲーム

トータルしてどーしようもないゲームでした(笑)戸惑いながら3ゲームやりこなしたみんなが面白かったです。

れた・れたゲーム

ドット絵ジェスチャー

8×8のマスを使って、回答のイラストを書く。そして自分チームに当ててもらう。

面白かったです。想像力とデザイン性がとわれるゲーム。ジャルジャルの二人はすごく得意だった様子。・・・想像力だろうなぁ。川原君はどうも真面目に答えを出そうとしない態度から(プププ)、ゴエ君から「川原は抜きで考えよう」。

名言相談ゲーム

1人が相談を持ちかけると残りの人たちがアドバイスを・・・だけどそのアドバイスのなかでどれだけ名言を残せるかを競うゲーム。

木村さんの必死さと自爆さ、「ヤナギ・ブソン」のたどり着かなさ、向君の得意さ、うえださんの華麗さ、そしてジャルジャルと川原君のふざけよう(笑)

ウィンクキラー

うえださん所属劇団のウォーミングアップで使われているゲーム。元は海外で生まれたゲームだそう。今日一番好きなゲーム。

まず、ウィンクキラーをさんちゃん(名前知らない・・・>ごめんsaai(笑))がひそかに選ぶ。スタートしたら、出演者舞台をウロウロ。ウィンクキラーは気づかれないように誰かにウィンクをする。するとウィンクされた人は、3秒後に悲鳴とともに死亡・・・・・Death7人(知らない人)vs1人(キラー)の対決だからキラーは本当に一瞬の隙を狙ってウィンクをしなくちゃいけない。そのうちみんな翻弄されてきて。すごい事に。

「お前完全にキラーの目してるやんけ!!」と木村さんに何の疑いもなく指を指される福徳君(笑)「もーーー、なん、なんなんよ!こいつキ○ガイや」と福徳君を指指す木村さん(笑)

なんと言っても木村さんがかわいすぎてどうしようもなかったです。「誰やねん!ほんま怖いって~~~~!もぉぉぉぉぉぉ、誰やねんーーー」と楽しんでいる姿が、本当に楽しそう過ぎて参加したくなるほど。こう言うところが愛されるところなんだぁ。そんな木村さんにジャルジャルも川原君も愛されたらうれしいなぁ♪



楽道「大喜利」

ジャルジャル対決が見れただけで、大満足。
大喜利を見てると性格が回答に出て面白い。後藤君は真面目なキ○ガイ、福徳君はただのキ○ガイ。それがジャルジャル。

Q.さ「   」さて、何がはいる?

後藤君「さだ まさお」・・・・お、おしい(笑)

福徳君「ササササリリリリ(?)ポチリ~~!!」(笑死)

「魂斗マッチ」

川原君が大喜利に参加せずだったので、え~と思っていると、魂斗マッチというVTRが流れ出す。道具もフリップも使わず魂だけで戦う!という格闘技が本当に好きなんだなという楽道を実現させた木村さん。

魂斗マッチの映像の最後に「この戦いを受けた川原。お前は男だ!!」という文字が。うっ・・・・わぁ。

対戦カードは1つのみ。

木村さんvs川原君。

なんとも微笑ましい二人の戦いです(笑)


Q朝起きたら角が生えていました。さてどうする?

川原君「とりあえず・・・触る」


Q原始時代にいったとしたら?(?)

木村さん「ドテチーーーーーーン!」ぷぷー。


ゴエ君判断の上、川原君が勝利。悔しがる木村さん。自分で立ち上げた楽道マッチではことごとくかわいい負け方をする木村さん。今回もとてもかわいかったです。

エンディング

一人一人感想を聞いていく木村さん。

ウィンクキラーを「天津の単独でやったらいいじゃないですか。いいですよ。」という木村さん。もちろん向くんと木村君の二人でやってください、と。「それはただのノロケですよ」と向君。ふふ。

ジャルジャルは最後までジャルジャル流ご挨拶。

そして川原君。「何が一番楽しかった?」と聞かれると、

「箱の中身はなんでしょかゲームが・・・」アハーーーーーー。

どうやら人を笑わすためには記憶力もよくなくてはいけないらしい。あと、しつこさと♪


「自分が面白いものはみんなおもしろいんだ」と信じて疑わない木村さんがみせてくれるものは、毎回本当に素敵過ぎるほど楽しい。

誰よりも一番楽しそうにしているのは木村さんで、何よりも面白い事が大好きなのも木村さんで、中途半端な時間を提供しないのも木村さんで、こう言う人があふれたら、本当におもしろいものだけ見ていられるのになと思います。とても楽しかったです。

2回目も楽しみにしています、木村さん!

聞いてみるものだ。

 昨日は目が冴えて眠れなくて、時計を見たら2時を過ぎたくらいだったので、電波がなかなかうまく届かないもののゴー傑Pを聞いてみた。何ヶ月ぶり?(本当にごめんなさい、だって眠いもん)相変わらず、小藪さんの怒涛のおしゃべり。M-1のお話と、大学KGのお話。

 CM開けに「今日はゲストが2組です。まずはジャルジャル~。」
え~~~、聞いててよかった。

baseでの人気がすごい。チケットが前売りで完売、立ち見まで出る。そんなのはbaseでも2~3組しかいない。との大絶賛の紹介。

 ところどころ、睡魔に勝てず落ちていた時間もあったので、話は全く繋がって聴けていないうえに、電波状況が何よりも最低なので途中ハングルミュージックに電波を奪われる事もシバシバ。軽快なメロディのはるか遠くで会話が聞こえたりするので、いまいち理解不能。

 聞けたところは・・・・

後藤君の「西田さんは男前。次課長井上さんよりも男前だと思います。」また(笑)「こんなに二重がきれいで・・・」かわいいなー後藤君は。これを聞いて小藪さんが「井上よりもか?」と。すると哲夫のフォローが。

「そうなんですよ。26歳以上の女の人がよく言いますね。西田は男前やって。」・・・・(笑)


そして、

西田君がジャルジャルの普段のネタを小藪さんに少し説明した時に、出してきたネタがまさかのボクシング(!)。1回だけ見てどうしてももう一回見たいと思っているネタ。だけど見れてないネタ。

「ただ、お互い殴り合ってリングサイドに戻って疲れて、また殴ってつかれてを繰り返すネタなんですけど。で最後に「僕たちはボクシングはお勧めしません」っていうそれだけのネタで。」そうそうそうそう!!

私はこれを見たときに、すごい衝撃を受けて。
こんなにシンプルな事なのに、何でこんなに面白いの?ととても新鮮な気持ちになったガンガンライブでの出来事。

「疲れるのもめっちゃ疲れたら、疲れた分だけお客さんが笑うんですよ」と福徳君。名言です。シンプルな事を何のためらいもなく出来てしまうのは、洞察力がすごく優れているってことなんだろうなぁ~と感心。


あ、あとJALの機内イヤホンで聞ける漫才番組の収録をしたそうです。ジャルジャルという名前のおかげか、ジャルジャルはその番組の進行役らしいです。

聞き取れたのはこれくらいです。

笑い飯とジャルジャルの舞台とかそのうちないかなぁ~~~~。

上方お笑い大賞

 去年から比べて会場が2倍の大きさになった上方お笑い大賞を見に行ってきました。あぁ、広い。漫才は顔の表情がよく見えてなんぼなんだなぁと今更ながら実感。

 今年から審査の基準が変わったらしく、一般審査員(これほど感情で動く票もない)+審査員でその場での発表。新人賞以外もノミネートされた組はネタを披露、その場で審査、発表。

新人賞ノミネート

ダイアン、ノンスタ、鎌鼬、アジアン、千鳥、なすなかにし。

全部見終わって会場の雰囲気を感じると、ノンスタorアジアンorなすなかかな・・・という感じ。見に行ったのはダイアン、鎌鼬、千鳥だったって言うのは秘密のお話。ダイアンはお弁当:いつものダイアンの方が倍面白い。鎌鼬は家庭教師:やっぱり何回見ても面白い。オカネ?オカネゼンブツカッタ。あーかわいい。アジアンは演歌:♪おこら~れ~たぁ~♪今日もスイートなお二人さん。千鳥はいかまーが:そのネター?!と前のめりになりました。たやさん。

大賞はノンスタ。

なんだかなぁ~な結果に、特に感じる事もなし。運も実力のうち、イキリも芸のうち。鳥肌立つけど。

西澤君と大悟のネクタイ姿に二マリ。

距離が遠かったから表情がいまいち見えずで・・・。

話題賞

小藪さん、プラン9、オーケイ、落語家さん

小藪新喜劇、やっぱり面白かった。小藪罵倒には全く勝てる気がしない。みんなに愛されてこそ今の小藪さんがいるんだなーと見るたびに思います。プランは久馬さんの頭がやっぱり小さいなぁ~と。にしても・・・いつ話題になんかなったっけ?そしてオーケイ。・・・いつ話題に???と思ってみてると「話題にもなってないのにねーーー」と小島さん(笑)その衣装はなんですか?マンダ金融並の赤。落語を生で見たのは初めて、おそばが食べたくなりました。

大賞は小藪さん。

新喜劇のお客さんが増えますように☆

技能賞?

陣くん、友近ちゃん、落語家さん。

陣くんは校歌のネタ。TVで1回見た事がありました。その一回で十分かな・・・。後ろの子が「かっこいいーーーーー」とキャッキャッしていました。(そうかぁ・・・?)と思いながらの観覧。全国区って素晴らしいのかも。友近ちゃんは大好きな104。西尾一夫さんに是非取り次いでもらいたいほど大好き。タウンで調べたほうが早い。タウンでな、タウン。司会の東野が今日一番笑っていたのが友近ちゃんだったような気がする。友近ちゃんのおじさん模写は天才的だと思う。

大賞は友近ちゃん。

名前が出た瞬間にあぁ、陣くんかって思ったくらいだったので、驚き。うれしすぎる。一般審査もなかなか捨てたものじゃないかもと・・・私簡単なんです。だって明らかに友近ちゃんのほうが面白かったんですもん。西尾一夫ですもん。おめでとう~~~~♪

大賞

メッセンジャーと桂雀々さん。

沸く会場。やっぱり土台とか芸暦ってすごいんだなぁー。ドッドッって言う笑いを感じる事が出来たメッセのネタ。大阪のおばちゃんネタは大阪のおばちゃんの前ですると鉄板か!ってくらいはまったらうける・・・それが今日だったような。面白かったです。桂雀々さんはすごくすごく早口で途中ついに脳がついていかなくなりました。ホワホワの椅子の上でスヤスヤ。お客さんの拍手で目が覚めました。

大賞はメッセンジャー。

二人の真面目なコメントを聞いてあ~~~よかったなぁ♪と心から思った。おめでとうございます。



フワフワの椅子がとても座りごこちがよかったのは感動的だったけど、それ以外は「漫才を見る会場ではないなぁ・・・・」が今日の一番の感想です。



ガンガンライブ

 笑い飯以外誰が出るか全く気にもしてなかったので(チケットの確認もしてない)、当日お楽しみに見たいな感じで(←何それ)行って来ました。

 待ち合わせ場所を間違え、入場時間に間に合わずという事態になりつつも、案外いいところで見れるくらいのお客さんの数でした。baseにはじめてくる男の子集団が近くにいたんだけど「バリ近いなー!」「やっばいなぁ!もうおもろいやんけ!」「はよ笑い飯見たいなぁ~!!」とキャッキャッしてました。わたしもはじめてきたときはそう思ったのかなぁ~なんて思ったり。(よく考えたら連れて行かれたので、そんなにワクワクはしてなかったです)

MC:フロントストーリー
灰色パーカー+白いプリント入りTシャツ+ジーパン+NIKEスニーカー姿の二人。おそろいMAX。たまたまらしいけど・・・・・しこんだんちゃーーーーうん?の臭いがぷんすかな、お二人。話しなにしてたかなぁ、光岡さんが何か話してたような。

話の途中に、清水さんが舞台袖をなにやらチラチラ見てニタニタ。
「なんやねん、何でこっち見てんねん!」というと、舞台袖から手だけが出てきて、

「まいどー!」(笑)

という事で、始まりの掛け声はフロントver.のまいど3連発ではじまり。(ストリークがやるときよりもお客さんの団結力が(笑))

ネタ
銀シャリ→ジャルジャル→にのうらご→ストリーク

だから銀シャリの最初のあの銀シャリだぁよっ♪っていうの何?すべってる感が面白いのでしょうか、もうよく分からない(泣)でもボケの子の記憶力には一目置く今日この頃。ジャル2は先日の単独で見た「リアル漫才コント」だった。瞬く間に舞台上はセットの山となり、無事にロッカーから後藤君が飛び出してきました(笑)おすし屋さん見たかったなぁ~。で、今日は全体の中で(個人的に)一番にのうらごが面白かった。「上半身馬で下半身馬の先生がいて」と言うと大林君が「・・・馬やんけっ!」とつっこんだんだけど、理解力の乏しい私は大林君のその一言で(はっ!ほんまや馬や・・・・ぶふーー)と。ストリークはやっぱりストリークな感じでした。

コーナー 川柳トーク

■大林君
舌がたりすぎている「舌足りてる」(反対言葉:舌足らず)で、よく噛む。そしてM-1の当日も舞台に出て数秒で噛んでしまって、それで緊張もMAXになってしまった・・・という話から。

というのも、「吉本さんのせいや」との事(笑)

はじまる2時間前楽屋に入ると、吉本さんが準決勝にいけなかった妬みから「噛んだらいいねん!去年みたいにネタ選び間違って、3回戦の方がうけてたみたいになったらいいねん!!」と大林君に言ったらしい。最低な先輩(笑)そんなこといわれたから本当になったんやとお怒りの大林君。でもそんな先輩、後輩が舞台に上がるのを見て涙していたそうです。ぷぷぷ。

ここで、ジャル2が「え?吉本さん僕らにはめっちゃやさしいこと言ってくれはりましたよ!!「お疲れ様、あそこおもろかったで!」みたいな。僕らにめっちゃやさしいんですよ吉本さん!」といったもんだからさぁ大変。大林君&清水さんから「なんでなん、なんでやねん」の嵐です。

「長いものには巻かれとけ!やんけ」と本性を表した吉本さんに、

「地獄へ行け」のようなことをいった西森君(笑)

■銀シャリつっこみの人
小さい頃○○マンが好きだった。お年玉全部を使って7巻あるビデオを借りたら、その全部が予告編ばかりがはいったビデオだった・・・・という話をすると、口々に「アマゾンマンっておったよなぁー」やらなんやら言い出す面々。「スーパーマンってねーーー!」と福徳君。

「スーパーマンって眼球で弾丸をくだくぐらい強いくせに、車一台持ち上げるのにこんなんなるでしょー」とものすごい形相で車を持ち上げる振りをする福徳君(笑)それが面白かったのか何度か「どんな顔するんやっけ?」と振る清水さん(笑)

福徳くん+リアル演技=無敵な気がします。

■銀シャリボケの子
昔思い出作りに6人の友達と自転車で東京に。その途中で交通事故見巻き込まれる事に・・・。「一人の友達が倒れたタンクローリーとガードレールの間に挟まって」と言ったところあたりで、

「ウソツケーーーーーー!!」と福徳君(笑)ブフーー、すき放題にもほどがある(笑)

話に戻ったら「肉片がとんでくるのを見たんです、僕」・・・・・「え?面白い話ちゃうんかいっ!」と清水さん。なにげに厳しい先輩です(笑)

「何しに東京までいったん?」と聞かれると「風俗に行こうと・・・」と答えたボケの子。「下ネタなんかい!」「そこは嘘ついてもよかったやろ」と先輩方に突っこまれ・・・ここで、福徳坊ちゃん。

「僕、下ネタとか嫌いなんで」と舞台袖にはけようとするパフォーマンス。

人の話を根こそぎお持ち帰りされました。


■後藤君
ラグビー部に遅刻をした時に「部活後の掃除を1人でor坊主に」のバツゲームがあった。ある日遅刻。掃除をするのは嫌だったので、坊主を選んだ。しかも似合っていたからよかったよかったと日々過ごしていると・・・・

「よく坊主にしたら毛質が変わるって言うじゃないですか、伸びてきたらね、髪の毛がこんなにもチリチリで・・・」えぇ~~~~まさかの作り話(笑)で、その話で一番笑っていたのが福徳君って言うなんとも微笑ましいジャル2。

「もう、なんなんジャルジャル。なんか腹立ってきた」と大林君。ププッ。すぐに怒る大林君♪


みんなが好き好きに話すものだから、タイムオーバーに。吉本さんと福徳君が話せず。清水さんが川柳だけ読み上げると「簡単に話すとですねー」と福徳君。アハ。お母さんが美容院にいってくると言って帰ってきたら坊主になっていたらしいです(笑)


つづきを表示

ジャルジャル単独 「ジャルってんじゃねぇよ」

 ますます増えるお客さん。3回目にしてTVカメラ。

ジャルジャルが目に見えて大きくなっていっています。これだけ期待された状況こそますますジャルジャルワールドの向上の舞台なんだろうなぁ。プレッシャーなんて言葉、このコンビには無縁に感じてしまうほどちゃんと確立されたものがあるから、毎回120%の楽しみだけ持って見に行きます。

※以下、TV放送があると思うので、ネタバレ嫌だ!!という方は読まないで下さい※


つづきを表示

発表後

決勝進出者出ました。

以下出場順

①POISON GIRL BAND

②フットボールアワー

③ザ・プラン9

④麒麟

⑤トータルテンボス

⑥チュートリアル

⑦変ホ長調

⑧笑い飯


ふーーーん。別に準決勝お客さん入れなくても審査員だけで決めたらよかったんじゃないのーん?なんて思ってしまうくらいの、想定の範囲内の結果でした。

あの会場にいて31組を見ていてこの結果に(思ったとおり!)と納得した人が何人いるんだろう。

正直に言うと麒麟とプランが通るんだったら、鎌鼬も千鳥もいけるんじゃないの?というのが本音です。なんだかシナリオ臭い。千鳥が踊らされてるようにしか感じれない・・・。唯一よかったなぁと思う事もあるけどたぶんこれは失礼にもなるだろうから書かないでおきます。

今までのM-1の総集編のような今年。
千鳥が2年連続敗者復活、フットが2回優勝なんて見えるような持ち上げな筋書きにはなりませんように・・・・・・・・・・・・・・・・。


 でも、千鳥が敗者復活で笑えるように大阪から12/24念を飛ばそうと思います。



 M-1に関しては、進出者発表前からいろいろな結果が飛び交っていて疲れます。いちいち反応してPC前で悶々とするのも嫌だったので、とりあえず巨大掲示板は見ないでいました。なんだか芸人さんがどこかで漏らしたとのことですね・・・。終わってます。去年もこんな事あったし。出場者にも一般にも同時発表でもいいのに。速報の会見なんて別に1日遅れでもいいし。関係者が口が軽いとか・・・ありえない。


 とりあえず進出者のみなさま、おめでとうございます


目が覚めたら朝

 見てきました、M-1準決勝 大阪大会。
どのコンビもやっぱり気合が違った。1つしかないものを奪い合いするその姿勢だけでワクワクします。

 31組。あっという間だった。
覚えてるだけ書こうかな。

それにしても、あの司会者の人いるのかね・・・・・?

←個人的に面白かった人たち


アジアン(吉本興業 大阪)・・・「演歌」かわいすぎた。そして面白かった。またM-1の舞台で見れたらいいな。

鎌鼬(吉本興業 大阪) ・・・「言葉の力」やばい!来るんじゃないのんですか??相当面白かったです。(個人意見)たぶん一番面白かった!やばいやばい、麒麟枠ですかねぇ?困っちゃう♪

カルパチーノ(吉本興業 大阪)
ギャロップ(吉本興業 大阪)

麒麟(吉本興業 大阪) ・・・「探検」久しぶりに見た麒麟。川島君の頭がペッタンコだった。でも手はきれいだった。ネタは、いつもの感じ。

銀シャリ(吉本興業 大阪) ・・・「結婚式」最初のあの決まり文句いるのですか?これ毎回の疑問。

ザ・プラン9(吉本興業 大阪) ・・・「天使と悪魔」なだぎさんが面白い。

ジャルジャル(吉本興業 大阪) ・・・「英会話」好きなんだけどなー、面白いんだけどなぁー。ただ一見さんにはかなり奇妙な光景だったんだろうなあという感じが漂う会場でした。

ストレートタイム(アマチュア)

スマイル(吉本興業 大阪) ・・・ウーイエイが世間に認められてきました♪ありうることかもしれない。

ダイアン(吉本興業 大阪)・・・「美容院」数ある中で何でそれを・・なんていえないけど、今年のダイアンは勢いがすごかったので行くだろうなと思っていただけにとても残念。

千鳥(吉本興業 大阪)・・・「桃太郎」千鳥に関しては去年準決勝で一番面白かったと思ったのに、落選という事があったのでドキドキします。たぶん私なんかよりとうの本人達がドキドキしてるだろうな。西田君とドキドキお酒を飲んでいることでしょう。

デニッシュ(山中企画)

天竺鼠(吉本興業 大阪) ・・・「たんぱく質」パッチ姿の川原君。川原ワールド満開でした。ただ独特な雰囲気が受け入れられるのに時間がかかりすぎたかなぁ。川原君の髪の毛がとてもきれいにかられていて感心。

天津(吉本興業 大阪)・・・「ストーカー」すごくイキイキしてた二人とも。それだけでも十分見ごたえがあった。そして今日は向君がなぜかかわいく見えました・・。

とろサーモン(吉本興業 大阪) ・・・「村田いじり」面白かったんだけどなぁ~。なんか一歩惜しい感じが会場の雰囲気でしたかなぁ。何も変わらないように見えて、とても久保田君に気合を感じた。

なすなかにし(松竹芸能) ・・・「ピクニック」左の人ってこんな人だっけ?と思いながら見ました。ところどころは面白かった。

難波横山(吉本興業 大阪)
日刊ナンセンス(吉本興業 大阪)

にのうらご(吉本興業 大阪)・・・「トイレ」緊張。もう大林君が最初からグダグダカミカミだった。それが終わるとだいぶいつものにのうらごだったけど、それで大林君のテンポが少し崩れたようにも見えたかなぁ。西森君の迫真の演技はスカウト級。

NON STYLE(吉本興業 大阪) ・・・「役者」好きではないけれど、たぶんしちゃうのかなぁって思う。安定してたしお客さんもわいてたし。

ビッキーズ(吉本興業 大阪) ・・・「木部の嫁」飴ちゃんゲット♪

藤崎マーケット(吉本興業 大阪) ・・・「ラララライ体操」そうはうまくはいきません。

プラスマイナス(吉本興業 大阪) ・・・「おねだり?」今まで見た中では一番面白かった。二人ともイキイキしてました。

ヘッドライト(吉本興業 大阪) ・・・「和田スケジュール」こんなに受けてたヘッドライト見た事がない!ってくらいそこそこ受けてた。たぁだ華が・・・・。

変ホ長調(アマチュア) ・・・残ってたんや!!磨きがかかって面白すぎました。あの淡々とした二人がもしかするとTVで見れてしまうかも?!と期待しちゃうくらい楽しかったです。「エビちゃんみたいにあんなに口角上げて笑われへんわ」「最近のエビちゃんは口角のベストポジションを見失ってるよね」ブフー!

ボルトボルズ(松竹芸能)

マラドーナ(吉本興業 大阪) ・・・「業界用語」最後のつっこみの嵐でどうしてもひいてしまう・・・。

りあるキッズ(吉本興業 大阪) ・・・デカイ・・・。本坊ちん並に大きくなった左の子を見て時の流れを感じた。

ロザン(吉本興業 大阪) ・・・ラストイヤーと言うことでかなりのハイテンションと気合でした。

笑い飯(吉本興業 大阪) ・・・「しつけ」一安心。哲夫の気合がハンパなく伝わってきました(髪の毛もちゃんとそろえてたし・・・)。大丈夫。やりきったあとの二人を見てそう思ったので、今日は行ってよかったです。





 ということで、今年はひょっとしてひょっとするんじゃないの、鎌鼬?です。本当におもしろかったんだもん、言葉の!!力!!久々に(あーこの人たちの単独みたい)と思う人が出来ました。TVで見れたらいいなぁ。

 決勝進出者の予想は1人でこっそりとたてます。そしてそのうち書きます。

 去年の準決勝を見た後はこんな穏やかな気分ではなかった気がする。なんだったのかなぁ。今年は楽しみの方が大きすぎて、あまり怖かったり吐きそうだったりはしないです♪
ただただ楽しみ。

 来年はこの舞台でソラシド見れたりするのかなぁ。


12月11日(月)13:00頃 発表

12/9 東京準決勝出場者

えんにち(吉本興業 東京)
カナリア(吉本興業 東京)
カリカ(吉本興業 東京)
キャン×キャン(㈱ヴィジョン・ファクトリー)
ザ・パンチ(吉本興業 東京)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)
サンドウィッチマン(フラットファイヴ)
三拍子(サンミュージックプロダクション)
磁石(三木プロダクション)
ジパング上陸作戦(吉本興業 東京)
ジャリズム(吉本興業 東京)
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)
チーモンチョーチュウ(吉本興業 東京)
チュートリアル(吉本興業 大阪)
超新塾(ワタナベエンターテインメント)
東京ダイナマイト(オフィス北野)
トータルテンボス(吉本興業 東京)
流れ星(浅井企画)
バッドボーイズ(吉本興業 東京)
ハマカーン(ケイダッシュステージ)
パンクブーブー(吉本興業 東京)
髭男爵(サンミュージックプロダクション)
フットボールアワー(吉本興業 東京)
平成ノブシコブシ(吉本興業 東京)
POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
BODY(吉本興業 東京)
ポテト少年団(吉本興業 東京)
U字工事(アミーパーク)
ライセンス(吉本興業 東京)
ルサンチマン(ティンカーベル)
レアレア(吉本興業 東京)
我が家(ワタナベエンターテインメント)

*******************

12/10 大阪準決勝出場者

アジアン(吉本興業 大阪)
鎌鼬(吉本興業 大阪)
カルパチーノ(吉本興業 大阪)
ギャロップ(吉本興業 大阪)
麒麟(吉本興業 大阪)
銀シャリ(吉本興業 大阪)
ザ・プラン9(吉本興業 大阪)
ジャルジャル(吉本興業 大阪)
ストレートタイム(アマチュア)
スマイル(吉本興業 大阪)
ダイアン(吉本興業 大阪)
千鳥(吉本興業 大阪)
デニッシュ(山中企画)
天竺鼠(吉本興業 大阪)
天津(吉本興業 大阪)
とろサーモン(吉本興業 大阪)
なすなかにし(松竹芸能)
難波横山(吉本興業 大阪)
日刊ナンセンス(吉本興業 大阪)
にのうらご(吉本興業 大阪)
NON STYLE(吉本興業 大阪)
ビッキーズ(吉本興業 大阪)
藤崎マーケット(吉本興業 大阪)
プラスマイナス(吉本興業 大阪)
ヘッドライト(吉本興業 大阪)
変ホ長調(アマチュア)
ボルトボルズ(松竹芸能)
マラドーナ(吉本興業 大阪)
りあるキッズ(吉本興業 大阪)
ロザン(吉本興業 大阪)
笑い飯(吉本興業 大阪)


もう、どーのこーの見る前からは書けないです。
大阪しか見ないけど、みんながんばってください。



ZubORa

 このページの左端にあるTVスケジュールの更新をかなりの間怠っていました・・・・・大反省。そのために見るの忘れたテレビが多すぎた。いかーーーーん!という事で、今日から出来るだけ(←ここ言い訳)ちゃんと更新していこうと思います。

 だめだなぁ。これでも一応A型なんです。でも「A型?」なんて言葉は生まれてこのかた聞いた事がありません。「A型」と答えるとうそつき呼ばわりなんてもう慣れっこ。自分に厳しくなりたいものです、はぁ。そんなに深くは考えてないけど・・・。

 1月のbase。
お正月ガンガンいきたいなとは思うけれど、そうしても笑い飯一組だけのためには難波に出る気にはなれなくてチケットは取りませんでした。1日2日ともノンスタとかぶるって言う、新しい年から?というのもあるし・・・・1月にも天津の単独がある。向君、自分にムチ打ってるな~。逃さず見たい気持ちになる。千鳥パーティは白塗りの為にいく♪ようやく笑い飯の単独も♪久しぶりだなぁー。ここ何回かは漫才だけだったし、あのつまらない(褒め言葉です)コントも見れるのかと思うとワックワク。大喜利スピリチュアル・・・もとい大喜利スペシャルもあることだし、後半は楽しみたくさん

**********************************

この前放送してた、鬼ぶりとろサーモンとか言うタイトルだったけなぁ?が面白すぎました。久保田君+臭い魚=面白さ10倍だった。あの魚よくバラエティで見るけど、あんなに食べた人はじめてなんじゃ・・・・

西田君の「死ぬよ」の一言もまんざらではない食べ物なんでしょ、あれ。
韓国の世界一臭い食べ物と肩を並べるほど臭い缶詰なんでしょ、あれ。

さすが久保田君。

**********************************

ずーっと前に放送していたオンバト。久しぶりに見たら鎌鼬が出てた。笑い飯も千鳥もオンエアされないオンバトで高得点出してた。中国人家庭教師。
面白すぎた。

鎌鼬は好き。

始めてみたのが、去年のM-1の予選。「輪廻、転生!」と言ってこぶしを上に突き上げてそのこぶしを気持ち悪く回す姿を見て、えらい子達がbaseにいたものだわーと思ったのがはじめてみたときの感想。

 正統派よりは型破りが好き。

**********************************

 特に何も書く事がない今週。
日曜日はM-1、月曜日はジャルジャル。


 

 

ガンガンライブ

 立ち寄ったコンビニのジュースコーナーで、(この子男前やなぁ)と見上げたら瀬下君でした(笑)そのあとにワイワイしながらジュースに指をさす山内君(意外に背が高くて(いや、意外に)驚き)が来て、もう1人見たことあるよーなないよーな人が来た。

MC:天津

「二人がいいなぁ~。落ち着くなぁ~」と向君の両肩に手をかける木村君。
話によると、先日のサライブ?のMCが天津だったのですが、本番直前になっても向携帯が繋がらず。「木村さん1人でお願いします!」と言う声とともに大緊張&大不安。舞台袖に保険として梶勝山を置いといてもらう。万が一場をつなげなかったら呼んでくださいとのこと。

本番スタート。

30秒で「梶勝山が来てくれてま~す」(笑)

その後は結局1組しか合格しなかったもんだから、木村君が舞台に現れたのは計3回ですんだと。という事で、

「やっぱり二人がええなぁ~、なぁ、向。」らしいです。

さて、なんで向君が携帯にも出ず、仕事を休んだかといえば、
携帯の充電がまずアラームで切れたと、その後目覚ましがない向君は寝続けたという事です。私もこの経験ありなので、(しょーがないしょーがない)と自分擁護のためにも思っておきます。


ネタ

■ベリーべリー、天竺鼠、ダイアン、とろサーモン

 個人的にやっぱりベリー2のスタイルが苦手のようです。おしゃれよりももっと磨くところあると思う今日この頃。天竺鼠は大好き。あの絶妙にぐちゃぐちゃの間がたまらなく面白いです。「ショートコントします」「あ、スーパーショートコントします。」と始まったコントのテーマはすごくすごくシンプルで、どこにでもありがちだけど川原君がするだけでもう面白い。コントとコントの間の♪ブリッジブリッジ♪がまた。最近やっぱりダイアンが面白すぎます。「モリトス体操」ってなんですか、西澤君。津田君並に気になります・・・・。しかも、舞台の端の皿に置かれたカステラて、本当になんですか(笑)久しぶりに見たとろサーモン。ますます久保田くんが濃くなってました。それに伴い村田君がますます普通に見えてきた。


トーク 「来年の目標」

■とろサーモン「ロケ」
ロケには出たくない。来年はロケに出たくないそうです、「ロケ芸人にはなりたくない!」との事。でもこの前の冠番組面白かったけどなぁ~。臭いものを食い尽くす久保田君なんて必見物だったのに。

■天竺鼠「相方とおしゃれなバー」
琵琶湖で溺れて以来腎臓をいわしている川原君。それが気になって仕方ない瀬下君。川原君は腎臓をいわしているためにトイレに行きたいという感覚があんまりない。だから定期的な時間に瀬下君が「トイレの時間や」と教えてあげたら行くような感じだそう。だから居酒屋にのみに行っても川原君の様子が気になって仕方がなくて楽しめない瀬下君(笑)

「あぁーーーー全部リンクした!」と言い出した久保田君。

キャンプに行った時に、瀬下君が小声で川原君に「トイレ」と言う事が何回かあったそう。トイレから帰ってくるたびに川原君が「ありがとう」と小さく瀬下君に言うそうで何かを不思議がっていた久保田君。無事、解決ゾロリ。

瀬下君が飲みの席にいない時は、一緒に行った人がトイレに行ったくらいで(あぁこれくらいにトイレにいくんやな)と思って、その人が行った後に行くようにしているそうです。

「これからこいつとのみに行った時は気を使ってください」 瀬下より。かしこ。


■ダイアン「?」
 学園祭のメンバーがダイアンとよしもと新喜劇の人たちのときがあった。チャーリー浜さんとの仕事が初めてだったダイアン。楽屋で買ってきたのり弁当を食べていたチャーリーさん。すると突然どこまで聞こえるんっていうような大きな声で「うまい!!これはうまい!」と言ったそう。驚いたダイアン。なんて答えたらいいのかもわからずタジタジ。すると新喜劇メンバー小藪さんは何かをしながら「あ~うまいっすね」と聞き流しが見事に出来ていたそうで、もっと先輩方と絡む仕事もしなくちゃなと思ったらしい。

楽屋で居場所がないダイアンに小藪座長。「居心地最高に悪いやろー。」(笑)座長悪魔です

そのあともチャーリーさんに関するお話で舞台がワイワイ。

ネタ

■ジャルジャル、マラドーナ、ネゴちゃん、笑い飯

 ジャル2は単独で見た文化祭のネタ。高校生を演じる二人が本当の高校生に見えてくるのはやっぱり演技がうまいから。ジャル2は二人とも上手だから面白さも2倍。マラドーナは業界用語?ネタ。なんだか二人の間にちょっとした隙間が見える。。。ネゴちゃんはお久しぶり。ネゴちゃんはいつでもネゴちゃんみたいです。そして、笑い飯はまさかのタトゥ・・・好きだけど、もう台詞も言えるくらい見たのでおなかいっぱい。面白いけど。パドゥと調節自在はいつ聞いてもプププってなります。調節自在を聞いたあとの西田君の顔がすき。髭を触りながら話す時が素敵すぎた。キュン。

コーナー ゲーム
西田チームvs哲夫チーム。
あんまり覚えてないけどかなりぐだぐだだったような。マラドーナ田中君が面白くなかったような・・・・すいません。面白くないことをかぶせられるとさらに面白くなくなるというか・・・ごめんなさい。

福徳君と笑い飯がいて本当によかった。フランキー堺に乾杯。


おしまい。
ゲームコーナーで本坊ちんが見たい(禁断症状)。まだですか?


年末の予定

 baseカウントダウンがテレビ放送あるそう!!(せやねんより)

ありがとう~~~~~~~。なんせ、ソラシドが出てたもんなら少しは行かなかった事後悔しちゃうだろうから、もうコレで何の心配もなく年を越せそうです。ありがとうございます。

でもなぜに、サンテレビ?

年末にサンテレビなんて見たこと今までなかったんじゃ。なんなら、年の最後にサンテレビって何か放送してるの?ってくらいなのに・・・(すいません)。来年はサンテレビたくさん見ます!なーんて。それくらい嬉しかったです。

でもますますお客さんが集まらないんじゃ・・・と一抹の不安も。
時間的にもどうかと思うし。深夜に神戸の地に放たれるだなんて、電車はあるだろうけど、どうなの?若い女の子ばかりなのに、こんな世の中なのに。


きのうはなるトモで麒麟が、「麒麟」がこのイベントの宣伝をしてた。
それはダメでしょう(笑)面白かったけど。


なんにせよ、テレビ放送はあるそうです。
でもたぶん全部は流れないと思うので、「年明けはがっつり笑いながら」と言う人や、「baseよしもと大好き!」な人や、「今年カウントダウンどこ行こう~?」と悩んでいる人は神戸ワールドへどうぞ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。