☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天津パレード


 ここ何ヶ月かたてつづきにいろんな形式であった天津の単独ライブ。
スケジュールを見るたびに、向君自分にスパルタだなぁ。と感じます。

 今回はたくさんのゲストを呼んで、みんなでワイワイする形式。

↓グチなので、読みたくない人は薄い文字スルーしてください。
座った席が本当に悪かった。思い出してもげんなりするくらいなので、正直言うとあまり書く気もおらなかったりするのです。なので、数日ほったらかしにしてみました。最近めっきり座席運がない私。前の人が背が高いとか、そういうのは仕方がないので別にいいんです。私が背が低いから見えないだけだし。ただ、笑い方とタイミングと、笑う仕草ちょっとだけ、回りを考えてほしい。。。。

 面白いの加減なんて人それぞれだからしょうがないけれど、カバンをばちばち叩いて笑うとか、過剰な拍手とか異様な笑い方とか気付かれたい為の姿勢とかとか・・・・。少なからずとも横や前の人は気になったりするのです。楽しみたくってもそっちに気が行く事もイライラするし。

 終わったあとに「ヤバイ、楽しかったなぁぁぁ!マジで面白すぎた!余韻で笑える」・・・羨ましい限りです。ゲンナリ。

 

 はい、グチはここですっぱり終わり。

オレンジレンジの曲に包まれたbase。オレンジレンジて。パレードですね。

オープニングVTR
先日行われた木村君の弟さんの結婚式の数々の写真。木村親族大紹介。その次同じ写真を使って向君紹介。木村パパの写真に添えられた「世界一面白くない男」の文字(笑)

漫才「ドラマティック?」
最近天津のスタイルでよく見る先に木村君が言った言葉に対して、向君が補充を足していくって言うもの。しょっぱなから、環境が大変だったのでなかなか二人の声が届かない・・・。ありえないところでの驚くくらいのひき笑いとか。どないやねん

即興コント

■天津+マラドーナ+鎌鼬

シチュエーションを引き、配役を引き、決め台詞をそれぞれ紙に書いてまたそれを引く。最後にオチになる人を決める(棒引きで)。
濱家くん、かわいいなぁ。あの子、かわいいわぁ。最近めっきり舞台で羽を伸ばして好き放題のコメントをほおり投げる姿がかわいい。

普段ほとんどコントをしないというマラドーナ。その言葉の通りそれはもう凄まじいものでした。後半、向君が本気でぶち切れの様子だったのが(笑)コントにも力を注ぐ向君の気持ちが手に取るように感じれました。それくらい田中君のオチの持っていき方が凄まじかった・・・・。

2本即興コントを。

木村と愉快な仲間達

■新名くん(?)、秋山君、梶君、岩橋君、銀シャリのつっこみの人+天津

木村君とその愉快な仲間達が次の集まりでどこにいきたいかを話し合いで面白く決めるというコーナー。本気で楽屋でやってください(笑)グダグダ長時間はきつい・・・・。ここでも向君が・・・・(笑)木村君も含め、愉快な仲間達はこれでもかっていうほどのほほんとしてるのか突発性がないというのかで。

文字で何を起せばいいのかもさっぱりわからないようなコーナーだったです。すべてが木村君だったという事で。

ゲストトーク

■ロザン+天津

「長い!」と言う声とともに出てきたロザン。

ここに着てやっと活気付いた客席。前のコーナーのおかげか、驚くほど何をいっても爆笑が起きるロザンのトーク。

向君は菅さんに、木村君は宇治原さんにお世話になってるとのこと。

菅さんは確かに向井君をかわいがってると。
宇治原さんは木村君のことを「田村が連れてくるだけ」と(笑)
だけど木村君は「仲いいですやん!僕、いつも宇治原さんいないとき、氏原さんのことウージーって呼んでますもん♪」

直後に本気で宇治原さんに「・・それはあかんやろ」とダメだしされてたけど。ぶふ。

さて、クイズです。

「ツナに丸を2つくわえて筋肉を作ってください。」

木村君のだした素晴らしいこのなぞなぞに、ロザンと客席がいっぺんにして本気で悩む時間が。宇治原さんが考えた挙句、すごく早い段階でわかってはった。さすが。私なんて答えきいても「え?」って友達にすごい説明してもらってやっと納得したのに。答えはそのうち♪

途中、宇治原さんが「ウマが合わない。」といっていた下林さんの飛び入り参加もありでした。

漫才

ごめんなさい。全く覚えてないです。ここで近所が絶好調だったので・・・・


という事で、おしまいです。

4月の長時間イベントが楽しみ。天津、客席がともに潰れるまでのイベントになるようです。

天津にはとても失礼な見方をしたような気分です。面白いものを提供してくれているのに、こっち側の気分で楽しめないだなんて。

席選びは慎重に・・・・。

スポンサーサイト

きゅん

 ヒヒーンラジオ2。

やさしいやさしい神様からダビングをしてもらって(本当にありがとうございます)、今聞きながらPC。

マッスル富岡さんの声に胸苦しい。
元気そうで何より。

素人の域を越えてのトーク(笑)ところどころ素人に戻るトーク。
素人に「知らんわ」と冷たくあしらわれる木村君。プフー。

やっぱり、楽しいなぁ

感謝。

大喜利ライブ

月1恒例の大喜利ライブ。
baseでするライブが全部これくらいの時間からだったら、
仕事があってもゆっくりいけるのになぁと切実に感じる今日この頃。

ノブくん挨拶

何か話していたような気もするけど・・・・忘れてしまいました。初めから・・・。

演芸コーナー

ネゴちゃん「カッパ」
ピンク色のカッパさん。なんでか終始ちょっとエッチな事しか言わないカッパちゃん。・・・・・・ネゴちゃん?ピンクになったのはエッチになったからですブバブバブバ~。・・・・・ネゴちゃん?これで東京行くとか。。。。ネゴ・・・・・ちゃん?

ジャルジャル「歌」
ジャルジャル~~♪ありがとう。スタンドマイクが二本。とってもいい曲をハモリまで入れてかっちり歌う二人。おもしろすぎる。「ジャルジャルの普通は、普通じゃない」が最高に出ていました。本当にいい曲で(笑)歌がアーティスト並に上手だったら、もしかしたら売れてしまうんじゃ?というくらい「なんなん、そのいい曲!」ってなる曲でした。プププ。

笑点風大喜利

☆笑い飯、千鳥(オノブ司会)、福徳くん、ネゴちゃん、功太

お別れしましょう(?)
お母さん→息子→お母さん→息子→お父さんでホームでのやり取りを再現。最後のお父さんでオチ。
お母さんのかつらをかぶる功太とネゴちゃんのかわいさ。そのかつらを見て「これ、笑点の服の前についてるあのヒモちゃうん?」と哲夫。先月のノリ引きづり中(笑)お母さんのかつらをかぶった人を何かに例えるノリ。哲夫がかぶると誰も例え浮かばず。がんばった功太。「・・・哲夫さんが髪伸ばしたみたいや」プフー。

成仏させよう(?)
「ご臨終です」をおもしろく言ってください。

大悟「午前中です」
福徳君「52です」
功太(?)「コリン星です」
ネゴちゃん「五輪ピックです」


フリップ大喜利
※今回イラスト回答が多かったために、いまいち表現しきれません。ネゴちゃんがすごくおもしろかったのに、ほぼイラストだった為にかけません

自動車教習所で何回チャレンジしても免許が取れない奴の特徴は?

哲夫「阪巨して」
福徳君「免じて
    許して」プププかぶせた。
功太「免許もらったけど、免許の写真の顔が半分切れている」

ここから怒涛の免許ノリ。

哲夫「免許の写真が、一人だけ違うレンズが使われていて面長だ」
功太「かっこつけすぎて、免許の写真が吊るされたバッシュだ」ぶっふー。
誰か?「写真の枠から腕がはみ出ている(バックスバニーみたいな)」
福徳君「写真が、自分の乗りたい車だ」

「いい加減にしろ!あの温厚なおじいちゃんが 孫を怒鳴りつけた!一体何があった?」

ネゴちゃん「(イラストで)他のおじいちゃんとばっかり遊ぶから」かわいい。
大悟「おじいちゃんの最後の一本の髪の毛を電気の紐にくくりつけた」何それ(笑)

○○うどん、さて○○になにが入る?

西田君?「ギリシャうどん」
誰か?「んどうどん」
ネゴちゃん「(イラストで○○に目を書いてウィンクしてる感じ]」
大悟「そば・うどん」

浦島太郎が、この亀助けたくないなぁと思った亀はどんな亀

西田君「(イラストで)ほそながーい」
哲夫「手と足と頭全部出すところを間違っている」
ネゴちゃん?「甲羅の六角形全部に漢字が書いている」
功太「甲羅がサッカーボールの柄だ」
誰か?「頭にも甲羅を乗せている」
 
ラグビーでゴールが入った瞬間に審判が何か言った、さてなんと?

西田君「入った?入った?」
福徳君「ポール範囲内 球通過確認」
哲夫「H(←ポールに見立てて)oooooooo!!!(ふーーーーーーー!!)
功太「台詞+せやろ」(笑)先月からのまさかののり。

哲夫「おれのーーーーーーーー!」

大悟「台詞+せろ」ノブの「せろてなんなんな!」
哲夫「台詞+阪巨」ノブの「お前いい加減に怒られるどっ!」プププ。
福徳君「台詞+免許」
西田君「台詞+シH(さんずいへん+ポールを表すH)原」上手(笑)


お開きで~す。


エンディングで「なんやったん、あの歌?」とジャルジャルへ話が。
再度さびの部分を再現。「なんなん、そのコブクロ級のええ歌
」←ほんとに(笑)


今回は記憶力が伴ってないver.です。はぁ。



続編

 うれしくて、色々渡り歩いてヒヒーンラジオのことかいてるところを
練り歩いてみました。

・・・マッスル富岡って誰ですか(笑)

最後までソラシド本坊元児で出なかったようです。
そうなんだ。

もうしばらく、後なのかもしれないなぁやっぱり。
待つ覚悟は出来てるんでいいんだけど。

私のPCちゃん、「ほんぼうがんじ」を変換したら一発変換で「本坊元児」って出るようにいつの間にかになっていました。学習能力。


さて、寝よう。

おかえりなさい・・・・?

 川島君のお誕生日プレゼントラジオのゲストに、出てたらしい。

 本坊ちんが。


 AMが入らないおうちなので聞いてないけれど、


 おかえりなさい。でいいのかな・・・・?

ガンガンライブ

 baseに向かう前に、大きな大きなサングラスをかけた大悟を見かけ「大きいなぁ、サングラス」と友達と歩いていると見過ごすくらいのオーラの光岡さんとすれ違う。そんな始まり。

07-02-16_17-54.jpg



入場前になにやら紙があるな~って思って見てみたら、神のようなお言葉が書かれていました。テンション上がる張り紙。

MC:ダイアン  

OP

バレンタインはどうでしたか?と津田君。「ビックリすんで、俺一個も今年もらってへん。0個!0個!ゼ・ロ・コ!!」(笑)「嫁にももろてへんし、毎年くれる人も今年はなかった。・・・見切りつけたんやろな。ゼ・ロ・コ!!」

「今日帰りに僕にあげようって言う人いますかーーー?」と津田君。まさかの一人がいた(笑)あぁ、いちゃった。プププ、どこまでもうまくいかない津田君。

ネタ

■ジェットコースター
改名してから初めて。「笑いの急降下!ジェットコースターです」と始まる漫才。・・・・うっ、古臭い。やっぱり舞台慣れしてしまった田中君に白々しさしか感じなくなってしまっている自分がいます。初めの初々しさが好きだっただけに埋められなくなってしまった大きな穴です。

■銀シャリ

■とろサーモン
お父さんはクマのネタ。これ大好き。あれだけの世間を見切った子供を演じる事のできる久保田君。歌(笑)なんだかとーってもブルーになる歌でした。久保田君の歌すき。最後のグローブスルーはいつみてもたのしい。

■笑い飯
バーガー買ってきたでぇ。単独で見たものとちょこっと最後の方が変わっていて、早くも改良版使用だったです。ボケの前までボケるがおもしろい。こっちも好きだけど、単独で見た「カチンコ」のホンゴン~ゥンがもう一回みたい。見たいんです。

コーナー

あの頃の自分達に助言?とかがテーマだった気がするけど、あまりテーマ覚えてません・・・。

■銀シャリ「居酒屋でのネタあわせ」?
昔はお互い遠くに住んでいたために、ちょうど真ん中のところにある居酒屋でネタを作っていた。それに伴ってできるネタが居酒屋がらみのネタばかりだった。

■ジェットコースター「違うで、上阪くん」?
昔OCATでネタ合わせをしていた田中上阪・・・じゃなくてジェットコースター。そこに一人のおばあちゃんがきてジュンク堂の道を尋ねてきた。すかさずカバンからノートとペンを取り出した上阪くん。なにやら説明をしながら地図を書いている。よくよく聞くと「ここの道を300mくらい進んで、30度曲がってください。」プププー。この辺でダイアンが「なんなん?おばあちゃんボケてんの?」とたずねると「おばあちゃんボケてないですよ!」「あ、僕のおばあちゃんの事かと思いました」そんなあほな(笑)かわいすぎる勘違い。

■笑い飯「↑哲夫 ↑西田」
昔魚群やらの頃、なんとなく嫌いなマイハニーって人がいた。「嫌いやったからそいつ呼ぶ時「マイハッ」ってよんどってん。」と哲夫が言うと、「おれは「大車輪っ」ってよんどってん」と西田君。そのあともネタのようにかぶせ続ける二人。切れる津田君(笑)
ある日飲んでいる時にある出来事からマイハニーさんに電話して苦情を言うというノリに。哲夫が後輩から電話番号を聞いて朝の6時くらいに「お前~~~~○○したやろがえ!!あーん?!」と。電話の向こうで戸惑うマイハニさん。自分に謝らせた後に「おまえ、にっしゃんにも謝っとけやっ電話番号は自分で調べろ!」と電話を切った哲夫。しばらくたって西田君の携帯に電話が入ってくる。電話に出た西田君「こんな朝早くから電話してくるな!!!!」

最低(笑)

その後、怒涛のウ○チ話。何回聞いたことか。遊び方っ。

■とろサーモン「アンチ!DO○MO!!」
携帯の充電が切れかけていたために、ショップに充電器をかりにウーイェイと二人で行った久保田君。特殊な充電器の為「ここにはない」の一点張りのお店の人。「それならもう携帯を買う。」と3万円の携帯を購入。携帯のメモリーを新しい方にうつしてもらうために充電切れの携帯を渡した久保田君。ふと疑問。「それ充電切れてるんですけど、メモリーどうやってうつすんですか?」と聞くと「あ、社員の充電器があるので」。プチーン。ぶち切れる久保田君とウーイェイ。でも顔には出さず。すると最後店を出るときに、店員がサイン色紙を持ってきてサインを要求。あまりにも腹の立った二人は丁寧にサインを書いた横に「二度ときません」と付け加えた。

それにきづかずお店は二人のサインを張り続けているそう。難波にきたら是非ともショップをのぞいてみてください

ネタ

■プラスマイナス:とっても受けていた。だけど、私には大半何を言っているのか聞き取れなかった・・・・。あまりの早口と勢いだけの漫才はどうも苦手の部類です。ほっぺた平手打ちのつっこみも恐ろしいです。

■天竺鼠:たちつて天竺鼠のさしすせショートコント。♪ブリッジブリッジ♪の嵐。大好きすぎる。ヤ○ザ視力検査のなかでさんざん罵倒を浴びせあったあとの「線からで取るやないか!」「あっ、ごめんごめん」も大好きすぎる。

■ジャルジャル:まさかのジャルジャル♪家庭教師だった。はぁ~~かわいいふたりだわぁ。あんな2002のグラサンをつけこなす子は福徳君しかいない。かつらと帽子の具合も絶妙。無数の計算が見える。

■天津:はじめてみたネタだった。木村君が言ったことに対して向君が「言葉が足りへんからこれを付け加えて!」と一つ一つ言葉を足していく漫才。恐ろしく間の悪い変な漫才だった(笑)

コーナー「ゲーム」

2つのゲーム。ジャルジャルやりたい放題(笑)「ダイアン、おじさん!」「おじさんやないですか、ダイアン」ププププ。怖いものなしかっ。「おじさんちゃうわ!」と反抗のかわいい津田君。

1つ目。一人だけ主役を選ぶ。その人はお題をひいて自分の判断で一人だけそのお題をやってもらう人を選ぶ事が出来る。

最初の主役:後藤君
「得意なものまね」のお題。川原君を指名。
プロレスの大谷のものまね。あまりのわからなさにみんなが「誰やねん!」と。その中で「おおにたあつしか!!」と福徳君。本気の間違いに思わず客席に背を向けた福徳君が。←これ見れただけでも今日来たかいがあったかも。

駄々すべりの瀬下君。客席をこおりつかせた向くん。とても爽やかキャッチフレーズの後藤君。詩吟な木村君。のびのびの岩部君。

2つ目。皆殺しゲーム(?)
2人づつ対決しての勝ち抜き戦。最後の一人に金一封。かった人が次対決したい人を指名してその人とマッチ。絶好調な岩部君。うたれ方のリアルな福徳君。転がった姿が邪魔な岩橋君。ルール無視の木村くん。

そんなこんなで後藤君優勝。


エンディング、告知。
「お金を払って買ってください」と天竺鼠。

笑い飯ととろサーモンはリターンズのために不在。


さて、帰りに津田君はまさかのチョコレートもらえたのでしょうか♪














R-1グランプリ 準決勝 大阪大会

 なにげに豪華な顔ぶれだったです。

※メモはイッサイガッサイとりません。しかも記憶力は拙いです。なので、全部は覚えていません・・・覚えている分だけ書きます。


ムーディ勝山

 右から左に受け流す歌。最近では色んなメディアで見れていただけに若干あきられている雰囲気も無きにしも非ずでした。これだけのインパクト芸、最初みた時は相当なものだったけど、何回もはさすがに・・・・。

若井おさむ

 ガンダム。いつもこの人見るたびに(ガンダム知ってたらもっとおもしろく見れるんだろうなぁ~)と思います。

石田明
 
 ノンスタの石田君。予習をしていかなかったために、普通に(でてるんや)とビックリしたうちの一人です。中国人のキャラクターの芸でした。始めて見たけれど、昔からやってる芸風なんでしょうか?後から出てくる鎌鼬の山内君のことを考えたら、かぶってるやないか。と・・・・。緊張具合はたぶん一番だったんではないでしょうか。

ソラシド水口

 今まで見てきた水口さんの中で、一番イキイキしてた(笑)無駄がなく舞台を広く使ってた。ますます腹の立つキャラクターになってました。席が斜め横から見るような感じの席だったのだけど、いきった顔の横顔はさらに腹の立つ風貌でした。おきゃくさんに拍手の煽りまで入れて、大変楽しんでおられました。ソラシドではあんなにイキイキキラキラした水口さん見たことなかった気すらする。

準決勝ではソラシドを背負って4回ドラムを叩かれました。ごくろうさまです♪

土肥ポンちゃん

 とっても流れがきれいだった。最後でちゃんとオチのついたネタという意味ではこの日一番だったです。ちょっと感動さえありました。
社長の貫禄?小道具ギャグもちょっとあり。さすが。

小藪さん

 修道院のシスターのネタ。
小藪さんにしてはなんとなく物足りなかったです。期待しすぎたかなぁ?完成されてないような・・・ただシスターの衣装をした小藪さんはかわいかったです。

ZOXY DOLLの子

 エンタの神様で見たことのあるロリータの子。名前が違ってたけど芸風はあのまんま。唯一の東京から受けにきた子だったらしいです。おもしろいかどうかはわからないけれど、かわいかったです。取って食われるかと思った。あまりの迫力に言葉を失った。。。。ガオー。「あーん泣きそうな顔しないで下さい~」あれは泣きます。

友近ちゃん

 さすがの一言。大好きな西尾一男さんでした。104から転職してた。ピザやさんになってました。やっぱりコンピューターには慣れてなくて帳面にオーダー書いてた。サイズの事をM寸L寸、お客さんの配達先のビルを「呪われてまっせ」と言い放つ姿は、もうおっちゃんそのもの。天職を感じます。

村越さん

 全部の中で、私は一番すきだったです。
昔をあまり知らないんだけど、面白すぎた。自由すぎる。怖いものがなさすぎる。最後の方はそこにいるだけでもおもしろい範囲にはいってしまっていたので、終始吹き出しそうだった。涙とともにみたギャグ10連発。素晴らしい。

徳井さん

 ヨギータ。エゲツナーイセイヨクヤデェェエェェエ~~。
オキャ、オカ、オケェャ、オカ、オケャ、オキャアクゥサン。←ここ大好き。

山内君

 チャン・ドン・ゴン・ゲン。ちょっといまいちさを感じたのは私だけ?すごくかわいくて、おもしろかったんだけど、会場が構えてみてたのが残念だったかなぁ。髪の毛もきっとこのためにあの髪型にしただろうに・・・ちょっぴり決勝行くかな?と期待を持っていただけに、残念。

中山功太 

 裁きを~~~~のネタ。おもしろかったし、でていたbaseの人の中では一番笑いはがあったと思う。ただ、もうだいぶ前からこのネタを何回か見てるから、見飽きたかんも無きにしも非ず。でも、今まで見た中では一番おもしろく感じたのも事実。

なだぎさん

 ディラン。なんて、しなやか!!!
さすがの一言です。この日一番沸いたんじゃないかなぁ。おもしろかった。
足のしなやかさ(笑)

須知さん

 久々軍曹。ボンバーの時依頼だから、もうかなりたちます。相変わらず腹の立つ話し方で♪おもしろかったんだけど、小藪さんと同じような感じ。なんとなく何か物足りない。須知軍曹、とてもコンパクトでかわいかったです。あんなにコンパクトな人だったけ??

ランディーズ中川さん

 中川春団治さん。これもまた久しぶり。とーってもおもしろかった。「マーキーの代打で今日はワシがDJや」ブッフーーーー。「中川春団治のソニックスタイル」ブッフーーー。きいてみたい。きいてみたい。マーキーさんお休みのとき本当にしてくれたらいいのに。大阪に革命。

ストリーク山田さん

 もちろん野球ネタ。野球業界もりあげていこうよっ!!と。
皆さまシーズン始まったら是非とも球場へ。

いがわゆり蚊

 キャバ嬢。ABCでみていらい好きです。表情(笑)アニーのネタがもう一回みたい。とても表情が見える位置だったので、喜怒哀楽の顔を楽しみました。かわいい生き物は口に入れたくなる心理。あれ、なんだろう。私もよくペットの犬をかじっています♪かわいすぎるから

西澤くん

 何をするかとワクワク。普通の西澤くんが出てきてフリップを使ってのネタ。昔の偉人はきっとこんな感じだっただろうと言うのを西澤君なりの見解で演じるというものでした。おもしろかった。途中に千鳥パーティでネゴちゃんからもらった「犬を探すキャラ」もちらりと登場。あのポーカーフェイスから紡がれる言葉は何であんなにイキイキしてるんだろう。なにげにありとあらゆるジャンルの笑いを得意と言っても過言じゃない西澤君。

哲夫

 クロスパスワードのボードネタ。どろんぱのオープニングでやってたもの。baseだと適度な大きさのフリップだったのに、NGK用で馬鹿でかいのを作ったのが災いの元・・・・。素材が薄い発泡スチロールにコピー用紙を張り付けたボードをこれまた簡易な絵立てに立てていくんだけど、途中からうまくいかず。絵たてが倒れてボードがパターンっ。ステージを滑った大きなボードが私と友達に向かって直撃ハプニング。ヒィ。「ごめん、ごめん!」と哲夫。お客!曲がりなりにもお客!!(笑)

そのあともなかなかうまくボードが置けずに無駄なタイムロス。とっても残念。もう少し考えてあげたらよかったのになぁ。

ネゴシックス

 ラーメン屋さん。だいぶ見たネタ。
横のポジションからから見ると、平たいオカモチのくだりがさっぱりおもしろくない事を昨日知りました。テレビ用のネタだったんだなぁ。ネゴちゃんがネタをしているのを個人的に本当に久々に見ました。「~だろうが、えぇ。」かわいいなぁ。


 という事で、記憶にあるのはこれくらいです。あとは名前がわからなかったりするので、書かないでおきます。あ、文房具屋さんのネタで最後ビートルズの曲の空耳アワーになるネタの人。あの人、空耳アワーに送ったらTシャツもらえるんじゃないかしら?

 入場する前に関係者受付でお寿司なあの子が。そして最初から最後まで、舞台袖に久保田君が。

 楽しかったです。

つづきを表示

すべったら 即 退場!

 急遽友達の代わりに行く事に。
前回のは本坊ちんが出ると思っていったんだっけな。今回も出るわけもなく・・・・。(←お気付きでしょうか、これもサブリミナルの1種です♪)

司会:清水さん

りんご出演者(覚えている範囲で・・・・):津田君、JCT、天津、天竺鼠、ジャル2、金時、鎌鼬、銀シャリ、藤崎マーケット、和田さん、田中君、西森君、梶勝山、その他

正直、今回も知らない人がチラホラ。背が高くてあごに特徴のある人が、どうもスマイルの瀬戸君に終始見えて仕方がありませんでした。だって似てたもん。


1つ目:大喜利道

今回も前回同様、4人づつお題が与えられて順に答えて行き、すべった人はその場で即退場コーナーから開始。

最初から退場だった天津木村君(笑)
表では「津田君のための」、裏では「木村君のための」イベントだったのではないでしょうか。

モッフンニョがインガスンガスンくらい大好きな私です。最近モッフンニョ多用の川原君がかわいすぎてしょうがない。なんですか、モッフンニョって。モッフンニョって、なんなんですか。いっぱい、モッフンニョって書きたいだけ。


2つ目:小道具ギャグ道
ダイアン+小道具=最強。だと思う。

大きい竹刀を清水さんに持ってもらい、小さい竹刀を手にした津田君。
「父上~~~~!覚悟~~~~~!」江戸が見えました。

勝山君がポーカーフェイスでカラフルなオウムを両手に持ち「スミレのは~なぁ~♪咲く頃~♪」と足をあげたときはどうしようかと思いました。

残念な事にここで福徳君が退場。もっと残念な事にどんな事をして退場になったかが全く記憶にございません。

3つ目:1分エピソード道
運も芸のうち。という事で、清水さんがボックスの中から残っている人の名前のかかれた札を引く。その人は、回転ダーツで当たったところのお題で1分間で面白トークをする。×4回。

一番はっちゃけていた濱家君。
はっちゃけのバチが天から下されたのか、清水さんに名前をひかれる(笑)

ダーツがさしたお題は「ツレ」

山内君のお話を。女の子の前で2重飛びをするというテレビの企画が。リハーサルではかなりの回数を飛んだ山内君。本番になると緊張がピークになり、手が震えて2重飛びは出来なかったけど、一回だけ3重飛びが出来た。と。プププ。そんな山内君のオニューヘアーはどことなしにYMO。Where are your momiage.

年月の流れを感じさせる濱家くん。舞台になれたなぁ~~~。ガンガン初出演を見たときは(トークはおもしろくない子達だな・・)の印象しかなかったのに。よい方向への成長。

このコーナーでの退場者おらず。

シチュエーション道

この時点でかなり数が減って、津田君、後藤君、川原君、西森君、向君、濱家君、アゴに特徴の人、ギャロップの人、和田さん、ラララライの人、勝山君(これくらいだったと思う)。おそろしく名前を知らない。お許しください。

■修学旅行の夜、部屋で騒いでる3人。そこに先生が入ってきて「お前ら何を騒いでいるんだ!!!!」と怒られた。その次の台詞は?

生徒役の皆さま。

ここでもモッフンニョを使用する川原君。モッフンニョの応用グルングルンニョ(?)もでてきました。モッフンニョ。

こんなに短い小芝居なのに、やっぱり演技のうまい後藤君と向君。

枕をなにやら噛締めている津田君。
「お前ら何を騒いでいるんだ!!!!!」

「もー家帰りたいねん!!!」かわいすぎる答え。

■雪山で遭難。レスキューがやっときた時の一言。

思わぬ頭のブランクに向君にテンパリ事故。芸人のプライドを垣間見た一瞬。退場。

ここでも津田君。
「大丈夫ですか?」のレスキューの声に。

手を羽ばたかせて天使を演じ「ちょっと遅いわ~~~」(高音)

27歳なのに、所帯主なのにためらいもなく天使を演じれる津田君。素敵なんだかなんなんだか。


■デートの途中、マスコミに発見され質問攻めに。さてなんと答える?

ラストのお題。前回と違って、のこっている人みんなが一通りする。その中で一番おもしろかった人が優勝。

次々とやや受けの人のいる中で、大爆笑をとる津田君。手ごたえ100%せんと。ちいさなこえで「やったんちゃうん、俺!」「これはやったやろ!」「俺、やったっ」「絶対俺やろ!」と言う津田君(笑)大人なので、そこは声を殺してください(笑)

案の定、優勝は津田君。ちなみに前回の優勝者は西澤くん。ダイアン2連覇です。


前回よりもかなりあっさりとしていたこのイベント。それに伴い内容も薄くなっているように感じたかなぁ。なんとなく満足感が得れなかったです。これだけの人数、あれだけの内容なのだから2時間やってくれたらいいのに。

それはそうと、ジャル2後藤君がかわいすぎました。

以上です。



ポッケにスティック

 東京の大喜利ライブツアーに水口さんつれていってもらったらしい。

東京でドラム。
スティックをポケットにさし、東京でお披露目されたのですね。
あぁ、見たかったな(笑)

他の地方も連れて行ってもらって下さい。


今日のお昼に、だいぶ前にやってた赤井さんの番組に笑い飯と千鳥が出てた番組の再放送がやってました。まだ西田君の髪の毛が腰のあたりにある頃の番組です。すてきだなぁ~。長い髪の毛の西田君も。なんか丸いものにのって丘の上から転げ落ちてくるところあたりで、睡魔に負けてしまってその後3時間お昼寝をしました・・・・。

久しぶりに見た夢は、V6の三宅健も参加の秘密のパーティに行く夢でした。注:とくにV6には興味はもってないです。でも岡田君は美しすぎると思っています。


そういえば、今更ですがストリークの卒業。
なんとなく年齢的、芸暦的に考えるとそうなるのかなと普通に聞きました。
微妙な空気の「まいど」が聞けなくなってしまうのかというのはちょっと寂しいけど。吉本さん仕切りのイベントもおもしろいし(扱いが・・・)、残念な気はします。下が増えれば増えるほど、やっぱり卒業が妥当なのかな。おめでたいのやらなんなのやら。「卒業」だからおめでたいんだろうなぁ。

会報を見せてもらって、その扱いに驚きました・・・・。いやいや、穴埋めのような卒業報告。見逃すところです。

だんだん見慣れている人が卒業していってしまうのは、寂しい気持ちもするものです。いまは、なにかを見に行ったらそこにたまたま出てたりして、見れたりするけれど、花月であったり、しかも東京であったりしたら、TVに出んかぎりみない。足を運ぶなんてことは一切ないし。

そういう日がきたりするんだろうなぁ。

あんなに見ていた麒麟さえも、今はテレビに出ていてもあまり興味のないような番組だと録画もしないは、見もしない様な怠け様。いけません。唯一見れるチャンスだったリターンズさえも、ガンガンライブが重なるまさかの展開だし・・・・。

人間は変わってしまうんですね。(卒論のような文章運び)

何はともあれ、ストリーク卒業おめでとうございます


ついでにジャルジャル東京公演おめでとう。

ノルマ達成

やっと、書きたいものをすべて書きました。

大喜利SPに至っては、数日に分けてチョビチョビ書いてたりしたので薄れゆく記憶との戦いです。最後の方はだいぶ飛んだ・・・。

数日間の間に、こんなに楽しい事があっただなんて幸せ。

またしばらくbaseへはいきません。
なんせ、笑い飯とソラシドの私にとってのゴールデンタッグの組み合わせがここ何ヶ月ないので、ガンガンライブにもいく気分にもいまいちなれず。

R-1に哲夫と水口さんをみに行きます。

baseは2月後半に3つくらい固まっていたような?

3月も・・・・?
鎌鼬の単独に大いなる興味を抱きながら、迷っています。素材は鉄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。