☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大喜利ライブ

 どーもPCの調子が悪い今日この頃。
お久しぶりな気がします・・・反省。さて。

月に一回のお楽しみ、大喜利ライブ♪

オノブ挨拶

・・・・さっそく忘れた。
昔みたいにヘンな挨拶に戻ってくれたらいいのになぁ。
普通の事を普通にいっていたような気がします。

演芸コーナー

藤崎マーケット「ものまね」
すごくピンポイントなものまねのラインナップ。
ララライはあまり好きじゃないけど、この人たちのものまねは大好き。
関西だけの放送なのでしょうか?「パチンコファイト!」と言う番組のメインナビゲーター天神橋五郎さんの物まねが似すぎててどうしようかと思った。

ものまねに関しては目の付け所にいつも感心です。

梶勝山 コント
梶君キターーーーー⊂ニニニ(^ω^)ニニニ⊃

とワクワク。

明転。

カラオケBOXでSMAPの世界に1つだけの花を大熱唱する梶君。

と、それをとても姿勢のいい姿で聴いているムーディー勝山。やっぱりかい(爆)

「私も歌謡曲ばかり歌うわけではないんです。DRAGON ASHの曲を歌います。歌えるんです、DRAGON ASHも」

原曲のメロディーが流れてくる。マイクを姿勢よく握るムーディ。

あのメロディーに完全に乗せて「右から左へ~」と完璧に最後まで歌うムーディ。ブッフーーーーーーー!それになにげにうるさいほどのつっこみを入れている梶君。ブッフーーーー!!

梶君がんばれ。

笑点風大喜利

笑い飯、千鳥(ノブ君司会)、ネゴちゃん、功太、武智君(!!!)

大悟の目が・・・まためばちこ?
この前なってたばかりだった気が・・・?
かなりの重症の様子。
にもかかわらず眼帯無しで出てくるとは。
重症さに笑えるか(笑)
衝撃な目の姿に早く治りますように。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去るという言葉がありますが、だったら4月もあるだろうと考えてみました。1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、4月は新幹線。笑い飯の哲夫です。」こちらも衝撃だったので、のせておきます

「中学生になったら」
「2年生になったら○○をしたいと思います」→「3年生になったら○○をしたいと思います」で最後の人が「中学生になったら○○をしたいと思います」と面白い事をいいましょう的な大喜利。

「遠山の○さん」
「ヤイヤイヤイ遠山のオレンジさんを出しやがれ」とオノブに振られると、オレンジ色の着物を着ている哲夫が「この桜吹雪が~目に入らぬか!」で面白く肩を出してみよう的な大喜利。

→オレンジさん(哲夫)
「これが目に入らぬかー」と迫真の演技で丸々金さんのそのとおりに肩を出す。

→紫さん(西田君)
「これが目に入らぬかー」でかつらのゴムを鼻の下に引っ掛けて盗人姿に。

ぷぷぷ。からあげ盗み食いする人や♪

→ピンクさん(ネゴちゃん)
「これが目に入らぬかー」で足のかかとを勢いよく出す。

「体の中で一番ピンクな所を出してみた」と意味不明なコメント付(笑)

→黄色さん(功太)
「これが目に入らぬかー」で肩を出して「この切り傷ー」。

「なんなんそれ。」のオノブの声。

→緑さん(大悟)
「これが目に入らぬかー」でちょんまげかつらをはずして、究極の悪い顔をする。

目!

→青さん(武智君)
「これが目に入らぬかー」で勢いよく着物をめくり上げてパンツ全開。
・・・・いけませんやん(笑)やっちゃった雰囲気が面白かったけど。

大喜利ライブ大喜利

こっそりおそろいのTシャツ(色違い)を着こなす千鳥のお二人。
そして誰もその件については何も触れない件について。

「高校野球。勝ったチームが負けたチームにしたこととは?」

西田君:「ショベルカーで砂を集めている」

「おならが出る前に言うと腹が立たない言葉とは?」

功太:「屁ます」←本日のベスト1回答♪

なんでか哲夫の中で麻雀回答が急にはやる。
そんなにお客さんもピンと来ていないのに、その答えに乗っかる
功太(笑)

その横で、お芋マンのような絵を書いて一人ひそかに盛り上がる大悟。
あのお芋マン前も見た気がしなくもないなぁ。

「なぜか好きになれないお天気キャスター。どんな?」

西田君:「ヨシズミ」プププ。
大悟:「イシズミ」

「うちらのネタやないか!」とオノブ。

ネゴちゃん:「(イラストで)キャスターなだけに足の裏にキャスターがついている」

まだまだ麻雀ネタを一人引っ張る哲夫。

一人飛ばして横にお芋マンを引きずる大悟。

「モスバーガーの社員がマクドナルドの事をこう呼んでいる。さてなんと?」

西田君:「伝統」
西田君:「プロ」
武智君:「O-157M」

「ものすごくハエがたかっている。そこにはなにが?」

西田君:「神蝿」なにそれ。

前の答えを忘れたので、うまく表せないけれどもここで出した大悟の答えに
ずばりなつっこみをしたおのぶ。だてにおそろいのTシャツ着てないな。

哲夫:「ムネオハウス」
功太:「永田町」

「うまっ。そんな本物の笑点みたいなんいらんて」とオノブ。

まだまだお芋マンに取り付かれる大悟。

「フギュアスケート選手が回転を失敗した時にまず考える事とは?」

哲夫:「台詞+せやろ」キター♪

哲夫がこれをはじめると、みんな面白いほどに考え始める。ここの時間が好き。

西田君:「台詞+せやせや」
功太:「台詞+世界へ」

武智君:「台詞+セックスやろ?」初参戦で!?と驚いているとやっぱり武智な答え。やっぱりやろがい、せやろがい。

哲夫:「台詞+真央ちゃん」言い方。時には人助け。

ネゴちゃん:「ヘビがシャー」救いの神、ネゴロ神。ある意味津田の神。
功太:「サルがシューン」
大悟「芋がパカーン、ヘビがシャー」

功太:「お芋がグルングルン(?)」芋の神乗り移るの巻。

人間って(何を突然)、人の絵を描くと自分に似てる顔のイラストになんとなくなるんですって。鏡とかで毎日自分の顔を見ているから、自然とそれが自分のイラストになるのだそう。今回武智君が書いたイラストの人物が、全部武智君に似ているイラストだった(笑)それがこっそり面白くて面白くて。

三白眼描いてるのに、くっきり二重瞼とか!!


そんなこんなでお開きです。

エンディングでは、本当にほんとうにさらり~~~~~~とネゴちゃんのbase卒業式。サラリすぎて聞き逃すようなさらりさ。

きっと千鳥パーティとかには帰ってくる感じなのかな。

なんだかずっとっ見てきた人が、いなくなっちゃうとやっぱり寂しいものだなぁ。

東京にはなにがあるんだろう。

ネゴちゃんの活躍できる場所が少しづつでも増えていきますように。
ピンクのカッパは封印で!


スポンサーサイト

祭囃子

 誰か見ましたか?

フィギュアスケートのどこかの国の人の使用した曲のラストに、
白塗りさんの祭囃子が使われてたっ(笑)

あれ、SAYURIからとった音楽だったんか。本当に民俗音楽かと思ってた。

白いリンクですべってるものだから、私にはもう白塗りさんが一緒にすべってるようにしか見えない・・・・。
フィギュアスケートを見てあんなにテンション上がったの今日が初めてです。

音楽の力ってすごい。
あー、面白かった。

**********************************

フットの家宅捜査2。

徳井さんの本物の変態さが素晴らしい。
あんなに男前なのに、あんなに変態だなんて。
応援されながら・・・・・・・・・あほちゃうか(笑)

川島君もどうかと思うけれども。
がんばりゅ姿をこれからも拝見していきたいと思います。

多少なりとも変態チックなところがある男の人の方が面白いけれども、
山ちゃんのスクリーンにだけはドンびくしかなかったです。
最強に好きな人でも、家で一人であれをしてるかと思ったら・・・・・
どん引きです(笑)「一体になってるみたいで・・・・」
えぇぇぇ・・・・・。

今回も面白かったです♪

KFC

K(川島君)
F(二人じゃないのね・・・・)
C(CMかぁ。)

なんですか?お偉いさんの娘さんがファンなのですか?
もう、それしか納得のいく理由が思い当たらないです。

田村君ver.とかも後ほどあったりするのでしょうか?ないんよね?
不思議。何で川島君なのか・・・

豪食のイメージ・・・・・ゼロ。
お肉大好き!イメージ・・・・・ゼロ。
チキン片手のイメージ・・・・・・・ゼロ。
カウボーイのイメージ・・・・・・・・・ゼロ。

なんでしょか。
吉本コラボのミスド的CMを想像していたので、驚きました。
ガッツリ本物の(?)CMだったもの。

食べたくなりました。ケンタッキーフライドチキン。
CM効果ありです。TOKIOの松岡君見ると音楽番組でドラムを叩いてようと(あーケンタッキー食べたいなぁ)と思ってしまった事もありました。
漫才をする川島君を見て(食べたいなぁ)と思うようにもなるのかな。(ならん)

**********************************

5月のスケジュールが、baseのHPにアップされてました。

田植えのシーズンか。
どれだけ楽しいお米が取れるのか楽しみ。
豊作でありますように。

セーフ。セーフ。五月の連休はいつもスケジュールみるまで恐怖です。
私、連休中にあるお祭りをこよなく愛しているので、その3連休に行きたいイベントがかぶってしまうととても悲しい気分になります。何なら過去に笑い飯だったか麒麟だったかの単独を「お祭りに行かなくてはいけないから」と言う理由で、いかなかった事もありました。

ムラムラムラくらいかなぁ。連休中気になるの。
お祭り3日あるし、一日くらいbaseへ行こうかな。

久馬さんのイベントのタイトル「ガンジーの右ストレート」にどきり。あぁ、そっちのガンジーか。どっちの。いきたいな、このイベント♪



もう、いい加減5月のスケジュールには名前載せてもいいでしょうに。

スーパー千鳥パーティ

これまた3/17の出来事だけど、思い出。

**********************************

この日ほど下降し続ける運の無さにげんなりする事は無いと思う・・・
とはっきりと言い切れるくらい楽しめなかった(泣)

楽しむのは本当に大いに結構。

椅子がグラグラに揺れるほど体を前後にして笑うとか、それで近隣の私たちがちょっと船酔いっぽくなるとか、ありえない話。誰かが面白い事をいって笑いが来るのを嫌がりながら舞台見るとか無い。

そんな見方、家でテレビ見てるときだけにしてください。

そんなこんなで、あまり覚えていないというか集中できなかったというか見えてなかったというかで思い出せないところたくさんです。

黒猫オープニング

 千鳥が出て、ほかの出演者がゾロりーと出てくる。
誰がどこに座るか、なぜか千鳥が真ん中にならない椅子の位置で、誰がどこに座るだのどーのこーの足並み揃わず。結局センターに久保田くんと大悟というなんともおかしな並び。

 とっても酔っ払った大悟。本人の記憶はゼロ。きずいたら仕事場のMBSにいた。と。

その日、オノブが大悟を迎えに部屋(ホテル)にはいると何もかも身につけた状態の大悟が口をあけてよだれをたらしながら寝ていた。これはあかんとおもって、でも仕事もあるはで、タクシーにとりえず引きずり乗せて死人同然の大悟を大阪に連れろうとしたオノブ。そんな相方のがんばりなんてしらずの大悟は、目を覚ますと運転手さんに、

「金はあるからホテルに戻ってくれ」

ぶふーーーー。お酒に溺れた上にそんな言葉を吐くだなんて。
隣のノブ君の顔が手にとるように想像できるお話。


大悟が自分はちびじゃないと思っていた件について。

普段から小さい子にまぎれて行動している組長は、自分はbaseでも大きい方だと思い込んでいた。でも実は津田君ともネゴちゃんともそないにかわらないことに最近ようやく気付いた。

「みんなわしの事小さいと思うとったん?」
「はい。」


黒猫山ちゃんダイエット企画

「最近山里が太りすぎとる。ダイエット企画じゃ」

という事でピンクの水着をきた山ちゃん登場。
縄跳びをさせたり、塩をも見込んでみたり、なんだか色々。
1つ終わるたびに体重計に乗せて、「減ってないやないか!!」
と罵声。

正直、長かった。

黒猫VTR 久保田くんをボコボコに

遅刻してきた久保田君をみんなでぼこぼこにしよう。という事に。
楽屋に遅刻してきた途端険悪な雰囲気へ。

殴りかかるオノブ。
やり返されるオノブ。

棒状のものを持って久保田君の周りをばんばんする誰か(わすれた)
その棒でやり返される誰か。

重い腰をあげてケンカに参戦した西澤君。
首をしめられる西澤君。

勢い余ってコーヒーをこぼす久保田君。
怒られる久保田君(笑)

楽屋めちゃくちゃ。

黒猫白塗りさん

まっくらな舞台。懐中電灯で彫刻像を照らして警備しているオノブ。
照らし出された顔が白塗りさん。

はける
警備員。聞こえてくる祭り囃子。
踊り狂う白塗りさん。お酒を飲みあかす大悟白塗りさん。デラ男前。
心から大悟は白塗りで生きていくべきだと思う。
デーモン小暮のメイクしたら生えるんじゃないかなぁ。
あ、ひょうきん族の(←え?古い?)ざんげの神様したら男前だろうなぁ♪

そこにリヤカーに乗った勇者のような白塗りの村田君。
それに呼ばれた戦う男、白塗りダイアン。

なんでか戦うダイアン。かった西澤君。紅をひいてもらう西澤君。(たぶん次回の白塗りーずの中に西澤君がレギュラー化するのかな?)

負けた津田君は、ヘビに飲み込まれて「シャーシャー」いってました。

結局ヘビのくにのお話なのですね。へびに食うかくわれるかの厳しい世界なのでしょう。

白塗りをした功太は髪の毛がランダムに伸びてくる怖い日本人形にしか見えない。かわいいわぁ。

黒猫VTR 久保田君をぼこぼこに 後半

いったん落ち着いて座り込むみんな。久保田君も反省。
打ち合わせ開始。

不意をついて、大悟思いっきり久保田君の顔面にキック。

カーン(ゴング)

投げつけられる大悟。

いったん落ち着かせて打ち合わせ再開。おトイレへと立ち上がるオノブ。

「おトイレに行くと見せかけて~~!」後ろから飛び掛るオノブ。
もちろん投げ飛ばされるオノブ。

けりかかる村田君。
倒されて本気で腰のあたりをけられる村田君。

ボコボコにやられ返されたメンバー。

ぶちぎれた上に、家に帰ってしまった久保田君。

カーンカーンカーン(終了) 久保田君の勝ち。

黒猫ステッカー取り返し大喜利

■「動物園の飼育員が大声で泣いている。その理由は?」

功太「(イラスト)象の鼻に結び目が・・・」ぷぷー。

山ちゃん「戦争の為大好きな象に毒のリンゴを」

ネゴちゃん「ヘビがシャー!」来た、津田!

山ちゃん「天王寺動物園への配属が決まった」←いいじゃん!のほほんとして!!「確かに仕事なさそうやけど」とオノブ。←失礼か!


■「アホな会社がつくった訳のわからない役職名は?」

津田君「ウルトラスーパー部長」

西澤君「部長くん」ダイアンは同じような思考回路してるんだなぁ♪

大悟「アチョー」

村田君「(イラスト)デブ長」

久保田君「アーーチョ!!」←客席が先ほどのVTRみてからというものの久保田君への笑いが変な空気になっているのもあってか上の空だったのか、てんぱっていたのか久保田君。がんばれ!

西澤君「(ずっーと昔からある役職名で) 朝岡」(爆)

■「アメリカで常識のトイレのマナーとは?」

山ちゃん「納得のいくクソには敬礼」会場爆笑。今まで見た山ちゃんの大喜利で一番受けてたかも。(失礼)

山ちゃん「彼女の流し忘れにはそっと星条旗を」絶好調山ちゃん。

津田君「音姫がゴスペル」ぷーーーーーーーーーー!

久保田君「(う○ちたくさんのイラスト)」久保田君パニック。がんばれっ!


おしまい。

エンディングのあれは、今回は津田君。

「シャ!シャー!シャー!」とともに幕が閉じました。


そんなこんなで、席がもう少し落ち着いていれば楽しめたと思うものの、大喜利の最後の方は船酔い同然の気持ち悪さだったのでいまいち覚えてもいません(泣)次回は、ゆっくり楽しみたいなぁ。

笑い飯単独『近鉄さくらライナー』

 3/15の単独についてかきます。
思い出です。今更だけど・・・・・・。
だって。

**********************************
 
 久々なbase。入り口でもらえた4月のスケジュールの表表紙の右上に心が躍りました♪右上でもいい。のってるだけでルンルン。

 とってもとっても春らしい舞台上。外はあんなに寒いのに。ここ最近の笑い飯の単独は、季節感にだいぶずれが・・・・。

 出てきてそうそう、「早速ハ○を見つけました」だの「前列は大人ばっかりやないか」などと暴言を吐き続ける二人。いい大人ですけど何か?毎度の事なので、お客さんもやさしい目で見守ります。あぁ、そういうところを大人だっていってくれているのかしら。←絶対に違う。

アップロードファイル漫才 『入学式(?)』
 漫才に関してはテレビでする事もあるかも?という事で、細かくは書きません。たぶんされる事もないかも・・・・な感じだけれど。毎回欠かさず単独に行きたいのは、新しい漫才を見せてくれるから行っているといっても過言ではないかもしれません。

 お水をかける模写の西田君が面白すぎた。どこかおかしな人を演じさせたらこれほど映えるものはない。ただお水をかけている。それだけのことなのにこんなに面白いだなんて。ピシャンピシャンピシャン。たぶん私は西田君の発する擬音語フェチなんだと思います。

アップロードファイルコーナー「先輩を笑わせよう」
テレビに映し出されるりあるきっずのユウキ先輩。設定は飲み屋さん。「最近どうよ?なんや飛行機が嫌いらしいやん。飛行機にまつわるおもろい話してよ、哲夫くん」と振られるとそのとおりに振られた方が話さなくちゃいけないコーナー。

■「学生時代の面白い話してーや、西田君」
 中高時代全く彼女もいなく恋愛でワイワイなんてのがなかった。そんなこんなで、高校時代はもう一人の彼女いない友達と蛙を放課後取っていた。そんなある日、大きな蛙をとる大会?があったと。
 ここは誰も入らないであろう草むらにはいって行く二人。視点の先には「これは記録物やろう!」と言うようなドシーンとすわった大きな蛙が。自分達の持っていたアミではあんなにでかい蛙を捕まえたら敗れて逃げていくと思った西田君は、おうちに帰って大きなアミとってくると慌てて家に戻る。往復30分の道(笑)その間相方はその蛙がどこか行かないように監視。

 30分後。西田君大きなアミとともに戻ってくる。

ジリジリと大きな蛙に歩み寄る二人。

(・・・アレ、蛙やない!う○こや!!)と気付いてしまった西田君。だけども一緒にいるのはさっきまで30分も監視してくれていたお友達。その手前いう事も出来ず、気付かぬ不利をして歩み寄る二人。

「う○こやっ!!」という友達の監視役の一言でおしまい。

■「飛行機にまつわる面白い話してーや、哲夫くん」
営業で飛行機に乗った哲夫と西森君。鉄工場で働いているせいか金属探知機がやたらと体のいたるところでピッピッと反応する西森君の体。

そんな西森ボディー。おしりで最大のピーーーッ。何を詰めているんだと。

■「のみに行った時の面白い話して~や、西田君」
 キャバの20歳子持ちの女の子にお熱だった西田君。その日もその女の子の子供が誕生日だからと、子供の好きなリロ&スティッチの大きなぬいぐるみを買って「これ、子供にあげーや」と。←男前すぎる。案の定喜ぶ女の子。しめしめと下心満載の西田君。

その夜仕事明けに飲もうとなったので、待ち合わせ場所で待っていた西田君。遠くから大きなぬいぐるみと花束を抱いた女の子。近づいてくるにつれて何か西田君とは違うところに歩み寄っていく女の子。手をあげる西田君。だけど女の子は素通りでちょっと先にいたホームレスの人の前に。

「あ!」っといって荷物を落として走り去る女の子。

哲夫曰く「相似やったんやろな。」・・・相似てっ。

アップロードファイルコーナー「おふくろさんをアレンジ」

巷で大騒動の川内先生vs森さnのあの事件。
アレに便乗したコーナー。川内さんになりきって登場の二人。

ゲストはbaseを代表する歌のうまい3人集。ダイアン津田くん、フロント清水さん、ストリーク吉本さん。鈴木さんとたかじんさんと矢野です。

出てきてそうそう「鈴木さんですよね?!」とふられる津田君。急な不利に完全な鈴木雅之で「そうで~す♪」と歌い上げる津田君。ブフッ。そうです???!!!!色々こんがらがってとっさにでてしまったようです。

試し聴の名目でbaseにひびきわたる「おふくろさん」。

問題のあの付け足し部分も試聴。「もう泣いてもうてるやん」とだれかが言うほどの悲劇的な歌声が響き渡る難波地下1階。

歌詞を変え、歌わされる3天王。清水さんと津田君に至っては、ものまねでしかなかったけど。清水さん歌うまいわぁ。うまいとは思っていたけれども、あんなに伸びるとおる声を持っていたとは。

津田君を見るときはもう片方からの見方で楽しめるので、面白さ倍増。

アップロードファイルコント 『バレーボール部』
毎回ある青春部活コント。行きだした当初からずっとあるけれど、一向にコントの質がよくならない二人。わざとなのか、本当にそうなのかがいまだにいまいちわからない。たぶん本当にそうなんだろうなと思うけど。

 バレー部の二人。がんばってきたものも哲夫が家庭の事情で転校。なんだか熱く語る二人の大切な部分で電車が通って二人の会話をさえぎる。話を続ける二人、踏み切りのランプがまたまた点滅。次々と色んなカラーのランプが点滅。ダンスホールのような舞台。なに(笑)しまいにはトランスイベントのようなチカチカした舞台に。なによ、それ(笑)目がちかちか。

アップロードファイルコーナー 『先輩に振られた大喜利に答えましょう(?)』

 またまたゆうき先輩。過去のポリンさん並の扱い。正直もうおなかいっぱいだったりします。

ゆうき先輩の出す大喜利には正しい答えがある。
それにどれだけ近い答えを出せるかな?笑い飯君。なコーナー。

■そら この寿司屋客はいらんわ・なんで???

哲夫「毛寿司(店名がなんかいや)」
西田君「はいるところがない」←もはやとんちの答え。


ゆうき先輩の正しい答え

「堀ごたつの中に足を入れたら大将の息子がずっと勉強してる」

唖然。


■30年間ひきこもりの男が30年ぶりに外へ出て発した言葉は?

西田君「祝30週年」←漢字間違えで少し会場がわいっとなる。
哲夫「祝30集念」←お得意。
哲夫「ひきこもひきこもしてました」
西田君「逆にピザをとりにいってみよう うふふ」


ゆうき先輩の正しい答え

「MIOのバーゲン行かな!」

驚愕。

アップロードファイル漫才 『迷惑』

タクシーの運転手さんが過剰に扉を開けてくれようとする。な漫才。
かわいい運転手さんが二人でした。西田君の白目万歳

とにもかくにも西田君の白目姿が大好きです。西田君とは限らないや。白目が好き。

アップロードファイルエンディング

本日の出演者大集合で告知。
「爆笑レッドカーペット出ます」と。

笑い飯、吉本さん、津田君 vs 清水さんに分かれる。

「あれ??フロントストーリーは?」と。

「出られへんねんやないか!」と。

「光岡さんが面白くないんですか?」と。ブフー。また。

「おらんあいつの事悪く言うな!!」と。 

「(プロデューサーさんやらのツボに)はまり待ちやっ!!」とのこと。


5月も単独あります。おこしあれ。



なにがでるかな?

 ごきげんように麒麟が出ちゃうそんな、3月。
しばらくbaseに行く用事もなければ、録画している番組を見る時間もそんなにない毎日。

 そんな毎日も、もうそろそろおしまい♪
今週は笑い飯単独と千鳥パーティ。楽しみ、楽しみ。
もう一回カチンコのネタやってくれないものかぁ。バーガーばっかり買ってくるから、カチンコの出番なし。もう一回みたいのに。
仕事が18:00に終わるので、その日は前もって1時間早く上がらせてもらうようにシフト変更を出しました。もう社会人失格かもしれません。
だけど、遅れていくのも嫌だし、前みたいに電車を降りて猛ダッシュなんてのも嫌なので、1時間早く切り上げで。

 「何の用事があるの?どうしても1時間早く帰らなくちゃいけない用事なの?」

と聞かれて、さらりと

  「はい。前々から入っていた大切な用事なんですよねぇ。」

と答えてみました。17時までは必死でがんばる事にします。(じゃなきゃ罰が当たるような気がする・・・・)


 お友達から、4月のbaseのスケジュール(入ったらもらえるチラシみたいな最近なんでか豪華仕様になったスケジュール)の表紙にソラシドの写真もあったよとの連絡がずいぶん前に。友達曰く「ごめんやで。正直戻ってこーへんかと思ってたから、あんたが戻ってくるってずーっと言っててもはいはいって思ってたん。でもよかったね♪」らしい。

 あんなに水口さんが髪を振り乱しながらがんばっているんだもの、本坊ちんがお笑いをやめれるだなんて思わないもの~。

 そんなこんなで、4ヶ月もあれからたっただなんて。4ヶ月なんてあっという間だなぁ。

 4月かな。5月かな。もうここまで来ると4も5も変わりがないような気もしている次第です。本坊元児です。久しぶりのサブリミナルです。


本当に

坊ちゃんは

元気な

児童です。



縦に読んでみましょう。


おしまい。





Let’s singing!

 麒麟が出るとどこかで見たような気がして、勢いよく録画していたさんちゃんねるに、とうの麒麟は全く出てこず笑い飯が出ていました。棚からぼた飯。

 そんな笑い飯が、ジャンカラでキャンペーンをやるそうです。ジャンカラ、あ、ジャンボカラオケ広場って全国区なのかなぁ?

 ちなみに私はカラオケ行くならビッグエコーかラウンドです。(どうでもいい)

 ジャンカラは2人でいくと恐ろしく小さな部屋に入れられる可能性をひめているので、あまりいかないのです。二人でマイクを持とうものならキーーーンとステレオからものすごい音がする事シバシバ。ただ、難波のジャンカラは少し部屋が広いので地元のものよりもマシです。

 そんなカラオケ広場で、笑い飯プロデュースのご飯が食べれます。どうぞ。・・・・もちフォンデュ。お餅が食べれない私にとっては、食べる事がないだろうメニューです。・・・・ミルクせんべいに至ってはなんなの(笑)喉がかわいて歌える気がサラサラしない♪

 そんなこんなで、この春ジャンカラで笑い飯が待っているようです。


1万円ほしいな

鎌鼬 単独 「鎌ヌンチャク」

 次世代の3組はなかなかの集客率。
とってもとっても楽しみだった鎌鼬の単独です。
お客さんてんこもりーの。立ち見ありーの。とつぎーの。

ご挨拶
 両サイドに立てられた白いボードに、中国のお偉いさんのようないでたちの山内君の肖像画風写真。真ん中の選手宣誓台に立つ二人。片手をかざして、選手宣誓。山内君がまず先制した後に、濱家君が名前を言おうとすると暗転。まさかの田村君的扱い。

漫才「悩み」
 悩みは無いのか?と濱家くんに聞く山内君。
「もてたい」と言う濱家君。「お前の悩みはなんやねん」と聞かれて「林の木がどうやったらなくならないか・・・」そのために何をしてるんと聞かれて、「ワリン」とさらりと答える山内君。ブッフーーーー「話林」ってかくんよね?「ワリン」って聞いて頭の中に筆ので書かれた「話林」が浮かびました。濱家君を木と見立ててなにやら話し掛ける。これまたなんともいえぬ空気の。
  
コント「出会い系サイト」
携帯の出会い系でであったゆうこちゃんと待ち合わせをする濱家君。
そこにがっつり山内君が「あのー濱家さん・・・ですか?」と来る。
「ゆうこです」と。「いやいやいやいやいや男やん!」と。
「大○モです」と。「いやいやいやいやいやいやいや、もーいいですわ」と。そこで山内君がかつらをかぶって毛皮のコートを着ると「・・・ゆうこちゃん!!」・・・・・無理がありすぎる(笑)


コント「50年後の平井堅」
ラーメン屋さんで働いてるおじいさん(山内君)と従業員の濱家君。
おじいさんが何をしてもどじってしまう。その様子をして「いい加減にしてくださいよ!平井さん!!」おしまい。

VTR「世界記録に挑戦」
陸上着を着た山内君。50M走の世界記録が5秒だそうで、その記録に挑戦!ただ単に走っただけでは無理なので、腰にチューブゴムをつけてその力で走るという事に。案の定驚異的なゴムの力に山内君の足がついていかず、派手にこけていたるところをすりむき砂まみれにって倒れこむ山内君。そこに勢いよくチューブがバチーン。大爆笑の濱家君。動かない山内君。まだ大爆笑の濱家君。少し動く山内君。さらに爆笑の濱家君。だけど肩の砂をちゃんとはたいてあげる濱家君。

漫才「気にしすぎ?」
大人になって最近いつ泣いた?えー、最近泣いてないなぁー。あかん!なかなあかん!で始まった漫才。人目を気にして泣かずにいたらストレスがたまるだけ。世間の目なんて気にするな。と熱く語る山内君。ふと山内君の髪形にダメだしをする濱家君。するとそこからこれでもか言うくらいに髪形を気にする山内君。「人目気にしすぎやって!」

コント「危険な男」
友達がいなかったせいで色んな擬音語を口に出してしまう危ない男山内君。その男にちょっかいを出された怖いお兄さん濱家君のやり取り。
天津の擬音ちゃんを見てる感じでした。

コント「マジシャンと素人」
マジシャン(濱家君)と観客(山内君)。
マジシャンが客席から一人をピックアップ。それが山内君。「What's your neme?」「え?なに?はっ?!」「オーオナマエハナニデスカ」「あぁ、マイネームイズ山内けんじっす」「ケンジー、ではWhat are your favorite flowers?」「え??だから何?!はっ??なんすか?」「オーケンジノスキナハナハナニデスカ?」「花?コスモスっす。」「コスモスス?・・・コスモス!」「そうっす、コスモスっす」
 なんともいえない会話。山内君の腹の立つお客さんっぷりが(笑)

VTR「世界記録に挑戦」走り幅跳びver.
チューブゴムの力を借りて次は走り高跳びに挑戦。
案の定、力に負けて砂まみれの擦り傷だらけでうごかない山内君。もちろん横には大爆笑の止まらない山内君。

コント「あいつが俺で俺があいつで」
道ですれ違った瞬間に雷が落ちて二人が入れ替わってしまう古典的題材。
言葉にするのが面倒なので、省きます・・・・。


コント「注文の多い中華料理店」
ドラが設置された舞台。ひゃぁ♪
空腹の濱家君。「注文の多い中華料理」屋さんにたどりつく。店には行っても店員が出てこない。目の前にドラ。「なるほどな、これで呼んでくれって事やな。ゴーーン」するとものすごい勢いと剣幕ででてくる山内君。「ナニシテル!ナニカッテニタタイテイル!!!」
席につく濱家君。「クツヲヌイデクダサイ」「ヨウフクヲヌイデクダサイ」「コノ帽子ヲカブッテクダサイ」「ナニフザケテイルンデスカ。ソンナボウシトッテクダサイ」とだんだんと薄着にされる濱家君。消臭ですと言ってラー油をかけられる始末。

「もしかして、おれ、食べられるんちゃうん?」と気付く濱家君。だけど時は既に遅し。鍵がかかって出ていけない。そこに大きなフォークを持った山内君が濱家君を勢いよく追いかける。・・・あれ?オチどんなだったけな。

VTR「世界記録に挑戦」
スポーツではいまだかつて濱家くんにかった事がないという山内君。だから今日はビーチフラッグで勝負だ。もちろん山内君はゴムチューブの力を借りて。案の定、笛と同時に立ち上がった瞬間にゴムの力に負けて後ろ向きに地面にたたきつけられる山内君(笑)

その横にはもちろん大爆笑の濱家君。

もう傷だらけのローラ山内君。

コント「ブランド品買取の店」
質屋さん。お客さんの山内君。グラサンに皮ジャケット革のホットパンツの出で立ち。なにやら黄色い革のホットパンツを買い取ってほしいと差し出す(笑)「ちょっとこれは・・・・どこのブランドですか?」と聞かれると「カプリチョーザ」と「どこでかったんですか?」と聞かれると「タイ!」ブフーーーー。これが本当に腹の立つキャラクターでこのコントは最高に面白かったです。

そんなこんなでおしまい。
エンディングで「めっちゃはやい。あっという間に終わってもうた!」と言った濱家君が印象的でした。

最後にあの壁に飾られた山内君の肖像が風写真をどうしよう。。。。と。「いくらまでだったらかいますかぁ~??」とセリにかける山内君(笑)すると声がかかるかかる。最終的には「10000円までなら!」とお客さん。・・・・すごい(笑)絶対にいらんもん(笑)二人10000円でならかえる!!というお客さんがいたので「じゃあ、1万円だったら買えるって言ってくれたお客さんにさしあげます」と。お~~~~、よかったよかった。と思っていると、意外や以外色んなところからブーイングの嵐(笑)

「えーそんなんやったら私も1万以上で買うって言ってたわぁ。」「せこいわぁ。」という声が。いやいやいやいや(毒)

本当にほしいと思った人のところに行った訳だったから、よかったと思うけどなぁ。

 という事で、ちょっと期待しすぎていた部分も否めないかなぁ?あまりにも期待しすぎた・・・ハードルあげずに行ったらもう少し楽しめたのかもしれないけれど。二人ともとてもかわいかったので、それを見れただけでもたのしかったからいいです♪かわいいなぁ、次世代。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。