☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンガンライブ 3/21

※たまる一方です。書けたのから順番気にせずオープンです。

春休み感が満載の会場。
このまま卒業WEEK終わるまで毎日お祭り騒ぎならいいのにな。

MC:とろサーモン

ネタ
ソラシド「アイドルオーディション」
まさかの一番。後が長いなぁ~~~~と思いつつ…・
この前のガンガンでもしたアイドルオーディション。水口さんをしっかり見てみようと思ってさんざん観察してみたんだけど、やっぱり水口さんの女性は何となくイィィィィと。
なんとなくなんとなく変わった空気の客席にアレ?となったりしたけれど、本坊ちんのお母さんにプレゼントを買ってあげようと思って。の刺繍の輪っかの話があまりにも面白すぎて。

天竺鼠「たちつて天竺鼠のショートコント」
久しぶりに見た天竺鼠。
瀬下君ってこんなに男前やったけ?と。
野球部のがもう一回見たいくらい好き。川原君の表情が何とも言えません。
ブリッジ♪ブリッジ♪

鎌鼬「怖い話」
濱君の汗がものすごい。
滝のような汗。
Tシャツを破るようになってから鎌鼬を見るたびに山内君のTシャツチェックを無意識にしてしまう。

千鳥「ひざの病気」
きらりと光るおノブの指のリングにニンマリ。
なんだか幸せオーラが出てるなぁと思いながら、(何なん!このネタっ!!)とニンマリ。
「ひざの病気って何なんですか?」
「早川さん・・・大変言いにくいのですがレントゲンを撮ったところ膝の皿に・・・・・オードブルが・・・」

・・・なんなん、それ!(笑)

ゲームコーナー 赤チームvs青チーム
各コンビで久保田君チームか大悟チームになるかのくじ引きを。

*久保田くんチーム:久保田くん、山内くん、水口さん、川原 くん
*大悟チーム:大悟、濱家くん、本坊ちん、瀬下くん

一人余るおノブ 。
ノブ「水口さんのおらんチームがええわ。」
で本当に大悟チームを引き当てる。ぷぷぷ当てるんかい。

サンダルで縄跳び
健康サンダルを履いて大縄に挑戦。1人1人が入って行ってみんなが入ってから飛んだ数をカウント。

伝言ゲーム
*大悟チーム→パンストかぶって伝言ゲーム
とにかくパンストをかぶって背中を丸くして自分の順番を待っている大悟の形が面白すぎて面白すぎて。
時間がかかって大悟に回ってきたとき振り向いた大悟のパンストはやぶれて顔が丸見え。苦しかったんだなぁ。

ネタ
銀シャリ「サザエさん」
まさかのサザエさん。
タラちゃんぴんバッジ。最近橋本君もだけど鰻先生が愉快すぎて。

ミサイルマン「アキランド」

ヘッドライト「カーナビ」
久しぶりに見た気がします。

スマイル「アイドルに話しに行く」
元気だなぁ~若いなぁ~勢いがあるなぁ~。

コーナー トーク「卒業したいこと/新しく始めたいこと」
銀シャリが面白すぎて銀シャリしか覚えてないです。

「ゴリラを買いたい」の鰻先生。
ゴリラと手をつないでベースにきて、あぐらをするゴリラの膝に鰻先生が座りたいそう。

誰かがここで「ゴリラの名前はなんて言うの?」と尋ねると、すかさず鰻先生は、


「ゴリライニング」と答えられました。ブッフーーーーーーー天才か。

その相方の橋本君は「パンを作りたい」そうです。
「作ってなにすんの?」と聞かれて、

「レーズンを入れたい。」と答えられました。
その後に「白いチョコなどもあしらってみたい」ともおっしゃられました。

「そのパンはどうすんの?」と尋ねられると、
「町で配ったりね。」と答えられました。

銀シャリ、素敵すぎる。


そんなこんなで銀シャリ大注目のガンガンライブでした。

スポンサーサイト

ガンガンライブ 3/5

かな~り前のだけど下書きのまま残っていたので、思い出の為オープン。

笑い飯
オノブの結婚式話。
大悟からオノブママのうわさをさんざん聞かされていたから見てみると本当にその通りだったと。ついでにおノブパパはシュッとしていていい男だと聞かされていたがあったら顔がだるまだったと。それよりもむっちゃんのパパが哲夫的にはつぼだったと。そこはいけません。なので書きません。

むっちゃんはベッピンさん。そして天然さん。
お付き合いしてる当時から笑い飯とももちろん交流があってある日阪神の試合に哲夫+オノブ+むっちゃんの3人で行くことに。応援グッズのメガホンを1セットしか持っていないためにみんなで回して使うことに。むっちゃんが使う→オノブが使う→哲夫が使う・・・・むっちゃんも使ってる。

ん?

むっちゃんの持っているメガホンは横のおじさんのもの。ププーーーー。その姿を見て「お前、誰のんもっとんのんなっ!!はよ、返せ!隣の人に返せっ!」と慌てるオノブ。かわいいなぁ♪

そんなオノブ。哲夫が「いうていいんかなぁ?ええかっ!」と結婚式でのスピーチの話に。
スピーチの途中で嗚咽するおノブ。その嗚咽の瞬間が「普段はこんなこと言わないけれど・・・大悟、笑い飯おかげで・・・」。ここで嗚咽するオノブ。ご親族やら来賓者の方に見られる笑い飯に大悟。どうして良いか・・・・。客席大爆笑だったけど、私はホロリ(笑)

ネタ
モンスターエンジン「オリンピック」
さすがネタ帳をもたないモンスターエンジン。
西森が思いついたものをポロポロこぼして、大林君がせっせとそれを拾う。

ヘッドライト「女性の誘い方」
最近これしか見てないような気もします。わをんまでたどり着いた時のあの「やっと!」感。

ソラシド「DJ→CM→本出版」
前回のがいまだにトラウマ。でも今回は好きなののオンパレードでした♪よかった。最後の最後に噛む本坊ちん。もちろん占めれなくなった水口さん。やっぱりこういうソラシドが好き♪

ジャンクション
は~~~~~~~~~~~ぃら~~~~~~~~~~しゃっせ~♪

ゲームコーナー「スーパーマリオゲーム」
マリオチーム:西田君、水口さん、大林君
ルイージチーム:町田さん、原田さん、本坊ちん
ワリオチーム:和田さん、下林さん、西森

①チャレンジ
バナナ早食い(3秒)
Tシャツ破り(5秒)や~め~て~~~~~~~!!
黒ひげ危機一髪(5秒)
②ギャグ
③大喜利

ネタ
ミサイルマン「女性のタイプ」
青空「干物女度」

ジャルジャル「転校生」
久しぶりに見た握りっぺしんじろう。
(あほやなぁ~♪)と心底思えるこのコント。ジャルジャルはやっぱりすごいな。
南海キャンディーズ「カッパ」

トークコーナー 「異性のここが嫌い」
■岡ちゃん「道端で…・」→痰がかかる女、岡ちゃん。
■須藤さん「鼻」→山ちゃん似のロン毛ディレクターが青空を見て鼻で笑う。
■西代くん「自己意思が強い女」→彼氏は気を使うのに「誰?!」
■福徳君「可愛いと見せようとする女」→目があったとたん目をおおきくする女
■後藤君「早歩き」→足が速い(自称)後藤君。それに張り合ってきてるであろう女
■山ちゃん「思いやり・・・」
■しずちゃん「女性のスタイル」→結局男は奇麗な女が好き。そんな男は「ぶち殺したい。」

ガンガンライブ 3/12

MC:ジャルジャル
初ガンガンMCということでどうなるかと思いきや、出てきて早々「えーっと、遠くから来たって方いらっしゃいますか?」・・・・・かわいすぎる♪時々お互いがお互いを見るところも何とも初々しい。
一通り遠くから来た人の話を聞いたあとは、後藤君の髪型がなんかおかしいという話に。

①散髪屋に行くなら半額出したる。
②美容院に行くなら勝手に行け。
③俺に切らしてくれたら¥500やる。

の後藤君パパ。ということで、24年間ずっとお父さんに髪を切ってもらってる後藤君。お父さんはもちろん素人なので散髪技術にはものすごく波があるそうで…きょうは失敗。切り終わった後に何も言わず¥1000をくれたお父さん。

ネタ
プラスマイナス 
なんのネタをしてか忘れたけどいつものごとく激しい漫才で。
何らかの拍子に岩橋君の口部分に兼光君が激突。そのまま漫才を続けるもよく見たら口から血が…・えぇ~~~~~~!!流血は笑えません。

藤崎マーケット 「いじめられっ子と担任」
かわいらしいトレーナーをきた時くん。パンツといいいいもの来てるのねー。
初めて見たネタ。時くんが先生なんだけどツボが多すぎた。ポーカーやろうぜのポーカーのやり方が気持ち悪すぎて悪すぎて。しばらく笑いを引きづりました。もう一回見たい!

ギャロップ 
なんだか浮き足立っている林くん。
「今日どうしたん?!」と何度も言われ続けつつもさらに浮き足立っていた林くん。ぷぷぷ。

青空 「子供」
大好きな大好きな子供をあやすネタ。青空を今まで見てきた中で一番好きなの。
♪右手をグーに、左手をパーに、手の腫瘍~、手の腫瘍~♪
初めて見た時と同じくらい笑った。

トークコーナー 「財布の日」
3/12は財布の日らしいです。3(サ)1(イ)2(フ)。
ギャロップ「10円」
10円の感覚がどうもおかしい毛利君。たとえば210円とか110円とかのはすうが出ると必ず林くんに「10円頂戴」という。この「10円頂戴」が積もり積もっていま多額をかしているという林くん。
そんな林くんが毛利君にお金をちょっと貸してというとすごい剣幕で怒ってくる。

プラスマイナス「あほな相方」
お金の計算ができない兼光君。お札が増えた方がうれしい¥10000よりは¥9000の方が枚数が多いからうれしいと。
¥1000札が好きな岩橋君。お金を下ろす時はコンビニに行ってお金をおろし¥2000を手に入れる。
¥2000のいいところはたとえば¥1000のものを買ってもまたお札が一枚まいもどってくるところがすばらしい。らしい。

青空「騙された」
数年前バイト先でもものすごく良くしてくれたお客さんのおじさんがいた。
岡ちゃんと岡ちゃんのお友達の貯金を全部預けてくれたらそれを倍にしたると、どう考えても詐欺まがいな事をいってくるおじさん。でも信用しきっている2人は全額渡してしまう。
その翌日から今まで連絡が取れなくなったおじさん・・・・・

この話を聞いて福徳君「今もちょっとづつ増やしてくれてるんとちゃいますか?」
かわいいMCだわ。

「こっちのセリフや!」
毛利君にとても共感できる時くん。
時間にもルーズだわ、お金にもルーズだわの時くん。
相方田崎君のおうちがお金持ちなのをねたむ時くん(笑)

ネタ
span!「ファッションモデル」
後ろのあたりに座っていた高校生の女の子が「かわいい~♪」を連発してました。
どのあたりが…・同じ年だったりするのですが、どう見ていいかやっぱり分らないままです。

鎌鼬「怖い話」
怖い口調で面白く話してみたらそれ相応に聞こえると。
「むか~しむかし、おじいポロンとおばあポロンがおりました。」
おじいぽろんおばあぽろん。

ソラシド「アイドルオーディション」
なんだか最近なつかしいネタをたくさんやってくれていてうれし限り♪
やっぱり昔のんも好き。
アイドルに扮する水口さんにキィィィィってなりつつも(笑)このネタは本坊ちんにも時々キィィィィィとなります。

NON STYLE 「野球部」
はじめてかもなくらいノンスタのネタが面白く感じました。
今まではうまいなとは思うけれども好みではなかったっていうこともあって笑えなかったりしたんだけど、なんだか今日のは違った・・・気がしました。

私は舞台上の人が心から楽しんでいるのを見るのが好きです。
この日の石田君はものすごく楽しそうで楽しもうとする姿勢をすごく感じた。


おもしろかったです。

ゲームコーナー 「チーム対抗」
赤チーム→井上君、濱家君、本坊ちん、マコト
青チーム→石田君、後藤君、水口さん、山内君、水本君

まずは本気で腕相撲の勝ち抜け線。
赤チームは濱家君以外戦力外・・・一人で頑張る濱君。
山内君との対戦は見てる方も、しんどくなるくらいの五分五分さ。
その後の水口さんもやっぱり総合(格闘技)で鍛えただけあってものすごくいい戦い。
ただ濱家君がそれ以上にすごい。
ちょっとキュンてなるくらいの戦いっぷりで。腕相撲を真剣にするのを見るのがこんなに楽しいとは。
今日はこの濱家君の腕っ節を見れただけでも十分よかったなぁ♪って思えるガンガンだったです。

その後は時間内に小道具ギャグ。
「やってもうた」の本坊さん。
「何であかんねんっ」の水口さん。


おしまい。

エンディング。
みんなが勢ぞろいすると、何やらわくお客さん。(なに?)
すると後ろの女の子が声にならないような黄色い声で「キャーーーーー西野っ!西野っっっっっっ!!やばい!!!!かっこいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」と。
西野・・・・キングコングの西野さんがどさくさにまぎれてたってました。
あんまり興味もないのでいようがいまいが・・・・・・だけど、お客さんの感じを見ると大人気なのだな。

あとはプラスマイナス岩橋君のカンカンは見るたびに(いいの?)と全く笑えないのは私だけ・・・・?





笑い飯 単独 「ホワイトデー」

バレンタインデーに何にもあげてないけれども、お返しをもらいに笑い飯に会いに行ってきました。

漫才 「UFO」
漫才についてはいつものように内容は書かないでおきます。
そのうちどこかで見れるようになりますように。
UFOやらロボットやら。相変わらずな二人です。ものすごくおもしろかった。

コーナー「base芸人にバレンタインのチョコはいくつ?」
baseの男子に聞きました。今年もらったチョコの数は?たくさんもらっていて納得がいかない人たちの悪口を言いましょー♪なコーナー。

1位・・・・span!マコト(187個)

・・・187個?!?!?!?!?なんで?!?!?!?!?!?!スゴイ!!
100越え者はマコト&ノンスタ石田君。

15個もらえた西田君になぜだか温かい拍手が(笑)
かなり遅れて出てきた哲夫の5個にもパラパラと温かい拍手が(笑)

ちなみにソラシドはというと・・・・水口さん14個、本坊ちん5個。
水口さん・・・・・14個?!軽く驚愕。

特別ゲストは今年3つもらえたジャンクション原田さんと2つもらえたベリー2上田君。
原田さんに至っては洋服を1つもらって後の二つはバレンタインの日に手売りをしていてそこにコーンポタージュスープをもった人が2人来てくれたということで。

「コーンポタージュは入れたらあかんよ!何で入れるんよ!原田さん結局1つってことですね」な西田君。ぷぷぷ。

「なんでこんなにもらわれへんのかがわからん。baseでこんなに髪の毛で遊んでる二人おらんやろ?!」な原田さん。

そこに今年一位のマコト登場。

「お前187個も食べられへんやろ?すてたんやろ?」
「手作りはこわいとか文句いっとったやんけ!」といろいろと文句がわき出す二人。

バレンタインに貰ったネクタイやベルトを普段の舞台でもつけているというマコト。「これです」というマコトのベルトを本気で引きちぎろうと引っ張る原田さんと上田君。最低か(笑)

「まぁ、もらわれへんのはそういうとこやと思いますわ・・・」と笑い飯の二人。

その後この中で一番男前なのは誰なんか?という話に発展。お客さんの拍手で決めようと。「どうせマコトが一位やろ…・あっ!!!わからんやん!!俺らの単独やん!!ホームやんーーーー!」の西田君(笑)

上田君にパラパラ。
原田さんには一人二人の拍手。
哲夫にたくさん。
西田君にさらにたくさん。
マコトにパラパラ。

やっぱりホームの強み(笑)
私は前々から書いてるけど西田君の顔は男前だとジャルジャルの後藤君と互角くらい言い続けているのです。

でも笑い飯が好きです。

コーナー「ポリンさんを当てろ」
お久しぶりのポリンさんがゲスト。笑い飯の単独といえば、くらいのポリンさんです。

銀シャリ橋本君が司会者で、この三人の中で本物のポリンさんは誰でしょうか?のクイズ形式。

回答者席には笑い飯の二人とポリンさん(本名で着席)。

3人のポリンさん候補にはGAG。

笑い飯の二人がどんどんポリンさん候補に質問を浴びせると「何でこの中に僕がおるんよ!ポリンは僕やん!」なポリンさん。完全無視な笑い飯。

ポリンさんも泣く泣くポリンさん候補に質問(笑)

base最後の単独だからこそポリンさんをまた呼んだんだろうな。
なんだかbase最後のって忘れながら楽しんでたんだけどポリンさんを見たらものすごく実感。

漫才 「かぜか?」
ものすごーく楽しそうに見えた二人。
やっぱり漫才はお互いを本気でわらかしにかかってなんぼ。
あほやなぁ~と心から思った時間でした。

コーナー「おもしろVTR」
何もあげてないはずなのに、ものすごく嬉しいホワイトデーのお返しが。
本坊ち~~ん♪
ありがとーありがとー

それぞれが持っているこれは面白いっていうVTRを発表。

ヘッドライト町田さん→消えた大林
ABC?お笑い賞レースでの一コマ。モンスターエンジンが漫才終了後に審査員の柴田理恵さんと話しているとき、モンスターエンジン→柴田さん→モンスターエンジン→柴田さんとカメラワークが数秒ごとに切り替えられる所のある一コマだけ大林君が消えているというVTR。

本当に一つのコマにだけきれいに大林君がいなくて、次に戻ってきたときにはちゃんと横に立ってるっていう何とも不思議な映像。

本坊ちん→売れると思った本坊ディーン
昔放送していたナイチンゲーラーという番組でのVTR。
ジェームスデーンになろう企画で、目隠しをしたまま飛び込み台から飛びこめるかというチキンレース。一番初めのダイアン津田君に関しては案の定ものすごいチキンっぷり。

問題はその次の本坊ちん。
目隠しをしているのにピョンピョン前に進んでいく本坊ちん。
そのままきれいにプールに落ちるんだけど、その落ち方が本当に神。

私も当初この放送を見た時は「売れる。」と思ったものでした。

GAG宮戸君→GAG福井君の過去
福井君の高校時代のVTRを。
ライブハウスの映像。飛び跳ねて歌う福井君に群がる女性ファン。

加古川では相当なものだったらしいです。

ポリンさん→自分の勇姿
トランポリンですごいと言っても誰も信じてくれなかったからと自分の競技姿を映したVTRを持参したポリンさん。初めて見たけれどもすごかったです。

哲夫→ラストエンペラーのスサッ
映画「ラストエンペラー」でどうしても気になるところがあるから是非見てほしいと。
ラストエンペラーの幼少時期のシーン。小さいラストエンペラーが大人の下部が整列する間を歩いているとある下部の後ろを通った瞬間その人のポニーテール部分(なんて言うの?)が少年の剃り上げているきれいな額に「スサッ」とかする・・・・・

ブッフーーーーーーーーーー!!
面白すぎる。何がってそこに注目してそこが気になり過ぎている哲夫が面白すぎる。
そのスサッ具合がたまらなく吹き出しそうになるも、吹き出しているのは本坊ちんのみ。お客さんもほぼ気づいていない。椅子からコロげてまで笑う本坊ちんを他の人はなんで?なんで??どこ?どこ??と。

なんで気づかないかの方が不思議なくらい面白いシーンだったのに!

分らない人の為にもう一度巻き戻す哲夫。見る前から笑いが止まりません。

西田君→黒田の日のオープニングVTRの壮大さ
第一回目の黒田の日のオープニングVTRが壮大すぎると。
地球規模で黒田さんを紹介するVTR 。

それに比べてエンディングVTRは黒田さんが死んだ見たいな仕上がりだと。
BEGINのうたにのせて、エンドロールが流れる中けいこ風景がランダムに映し出されるVTR 。
「黒田さんが死んだと思ってみてください」ぷぷぷ。見える・・・・。

マコト→相方の単独でのブリッジVTR
単独でそれぞれブリッジVTR を作ってきて披露したが相方のVTRがなんだかおかしい・・・。ちょっと面白いおかどうなのかを皆さんにも見ていただきたいと。

・反復横とびをする水本君
・側転をする水本君
・DJOZMAのアゲアゲ♂nightを踊る水本君

・・・・・何が面白いのかさっぱりわからん。

ここで水本君呼んでもないのに勝手に登場。「これ僕らの単独ではめちゃめちゃ受けたんですよ!笑い飯の客なんなん!?笑い飯さん、もっとお客育てな!」

おもしろいものを見たら笑う。それだけの話です♪

原田さん→ジャッキー・チェンの映画の不可解な部分
ジャッキー主演の映画で怪我前のシーンと怪我後のシーンでジャッキーの髪型が急激に伸びている所がある!と。この映画の撮影中大けがをしたジャッキーは3カ月の入院生活を経て撮影に復帰。けがをした場面からつなぐように映画は作られているのですがその瞬間から髪が伸びてるから見て!と。

豪語する原田さんの話しっぷりにだれもがものすごい変化を楽しみにしていたものの、面白いくらいにそんなに変わってなくって。みんなに攻められ慌てる原田さん「ならこれ見て!」とわかりやすい静止画像を並べて提示。

怪我前の写真はこっちを向いているちゃんとした写真、怪我後の写真は振り向きざまにとった躍動感あふれる写真。

全くわからず(笑)

ここでGAG宮戸君が「Tシャツの首部分ぜんぜん違いますやん!!」

怪我前はダルダルになった首元、怪我後はぴっちりきれいな首元。
原田さん・・・・・(笑)

西田君→沖縄のダイアン
昔GAORAの番組で行った沖縄でのダイアンのVTR 。この当時のダイアンは一番コンビ中が最悪だった時で、コンビ2人としての会話は4日間ほど0の状況。

そんな二人を無理やり水上バイクに引っ張られる乗れば誰でもおもしろくて笑うボートに乗せるみんな。

水上バイク発進!ものすごい勢いで迂回を繰り返すバイク。引っ張られてものすごい勢いで迂回するダイアンを乗せたボード。

無表情の二人・・・ププーーーーーーーーー!
全くわらっとらんっ!あんなにブンブン振り回されているのに何の表情もかわっとらん!!

その後は水上バイクの後ろに無理やり同乗させられるダイアン。

もちろんのことどれだけ水上バイクが走っても無表情な二人。
前に座る西澤君のライフジャケットのヒモ部分だけをもって耐える津田君(笑)

哲夫→今までで一番笑ったVRT
こちらもGAORAの番組から。
面白格好をして出てきましょーみたいなコーナーで登場した顔じゅうにセロハンテープを張りまくったおノブの映像。

この映像を見て、誰よりも大爆笑したのが西田君。
やっぱり笑い飯なんだなぁ~。

和田さん→魚群
「今見てもおちの意味がわからないんで説明してもらおうと思って」と持ってきたのが昔ワッハでしていた魚群のイベントでの笑い飯の漫才映像。

「哲夫さん、クソダサくないですか?!」と服装にケチをつけられつつ。

若かりし笑い飯、「もしーん」のネタ。
最後受話器を置くと何も言わずに舞台を徘徊する二人。右に行ったり左に行ったりを繰り返して最後マイクをそのまま持ってはけた後に笑いながら「ありがとうございました。」

意味がさっぱり。

事細かく状況説明をする哲夫。

意味がわからん(笑)

山内君→ぼっけぇTVのお蔵入り映像
ぼっけぇTVでお蔵入りになってしまったVTRを。
スタジオ内で鬼ごっこをするみんな。
背中に札を貼られた人がオニの鬼ごっこ。山内君に毎回札が帰ってくるという状況に。
必死に追いかける山内君、誰かに貼っても貼っても結局自分へ戻ってくる札。
それでも追いかけて走る山内君、前を走る人に向かってダイブ。

ゴチーン。

前歯が折れる山内君・・・・・・・・・。

一瞬にして鬼ごっこが終了しみんなが集まってきて、山内君のかけた前歯を探してくれる。粉々になった前歯。鬼ごっこ続行不可能で終了。

回りつづけるカメラ、スタッフと話す山内君。「もう終わっていいわ。山内さんだけここで抜けてください」と話す所に濱君。

マイクでも拾えないような小さな声で山内君に耳打ち。
「ダイブするってわかってんねんやったら口とじとけや。」ぷふー。

その後病院に行った山内君の所に再度濱君から電話。
「さっきはあんなこと言ってごめんな。」

漫才「車の免許」
今日はどれも全部もう一回見たいなぁ~って思う漫才だった。
どれも二人ともがものすごく楽しそうで。
やっぱりそういうのがいいです。


エンディング
予定よりも40分も押したことへのお詫びと4月の卒業の報告。
全く長く感じなかったので40分押したといわれたことにびっくりするくらいあっという間だったです。珍しく(?)いつもの笑い飯タイムを感じることはなかった。

4月から卒業するので実質baseでする単独は今回が最後になりますと。

「4月からはうめだ花月所属ということになるみたいなんで、うめだ花月の出番が増えるみたいです。」と西田君。

「なかなか単独とかもできなくなると思うんですけど」の哲夫の言葉に「しばらくたったらうめだ花月でね、やるかも知れないんでね。」と西田君。

単独が好きな二人だからこそ、今回の卒業も不安がいっぱいあるのが手に取るようにわかる言葉でキュンとしました。

うめだ花月であっても、baseであっても、違う場所であっても、たとえ路上であっても見に行きます。

笑い飯の二人があほな事をし続ける限り、今と姿勢が変わらない限りは見ていきたい。


ものすごく楽しかったです。


いろんなありがとうをこめて♪

大喜利ライブSP 2/27

今さら勘が否めなさすぎて、さらに内容も面白かったし少し覚えてるんだけど長かったからもう書く気がしない・・・・・。ということで、ちょこっと思い出&ちょこっとお礼の為に。

半年に一回ほどのお祭り騒ぎの大喜利ライブSP。
ゲストは誰なの・・・・・誰なのーーーーー!とにかく「シャンプーハットが見たい。」と言い続けておりました。「シャンプーハットかぁないんじゃないかなぁ・・・大喜利のイメージがない」と言われ続けてもおりました。

出演者:笑い飯、千鳥、功太、西澤君、モンスターエンジン、和田さん、お~い久馬(プラン9)、小出水さん(シャンプーハット)

キャーーーー。ありがとーーー!!ありがとーーーーー!!

もう出演者の名前を見た時点で満足100%の大喜利SPでした。

オーマイガットトゥギャ樹
素敵すぎた。

卒業

4月から大きく体制が変わるようです。
それに伴い結構な人たちが4/6をもって卒業です。

4月前半の一週間は卒業WEEKだそうです。
卒業する人たちの出るイベントがほとんどお昼ってどういうことなんだろう。
春休みだからな事は見ればわかるけれど、それを見たい人の多くは結構大人だってことは考えてくれてないのが残念でしょうがないです。あれだけの公演を何年もやってきてたらわかるはずなのに。

とりあえず4月入っての1週間は仕事お休み取ろう。
これでも社会人。でもやっぱり後悔はしたくないと思う。


*******************************


笑い飯もソラシドも卒業。
だから私もbase卒業です。

2組がいないbaseには何も楽しみもありません。

卒業っていうのは喜ばしい事が多いけれど、なんとなくおめでとうの気分にはなれないのが正直なところです。
まだまだ2組ともいろんな人に見てもらいたい。
少しでもたくさんの人が「笑い飯がいるから」「ソラシドがいるから」と言って来てくれるようになってほしい。その環境にはbaseはとてもいいところの様な気がします。若い子でもお小遣いで見にこれる劇場。「あのコンビがいるからきた!」のついでにでも見て、ちょっとでも次も見てみたいなぁとか思ってもらえる環境はやっぱりbaseならではの様な気もするし。

うめだ花月に移動してどれだけの人が2組目当てに難波から梅田に場所を変えてきてくれるんだろう・・・。

ちゃんと単独とか出来る環境なのかな。

1か月2回くらいだけしか出ないのかな。

漫才だけしか見れなくなるのかな。


思うことはたくさんありすぎる。

急きょ卒業となった人たちはもっともっとたくさん不安なんだろうな。




ただ決まった以上、あーだこーだいっても何が変わるわけでもないのは重々承知。

私に出来る事は「見続けること」だけ。


たったそれだけです。



2008.3.7

☆告知☆

ヒソヒソ21時45分~ラジオな気分~
  出演:高山トモヒロ(ケツカッチン)/哲夫(笑い飯)
  開場:21:30 開演:21:45~ 前売/当日:1800円 指定席
  場所:うめだ花月

哲夫が今日告知がんばってたので載せておきます♪
「180席あるんですけど、まだ20枚くらいしか売れてません。」とのことです。

当日梅田ですることな~いっ!行くとこないなぁ~!って方、誘い合わせの上、うめだ花月までドシドシお越しください♪

当日気が向いたら行こうと思っていたのですが・・・・・今回はちゃんと行くことにします。
ごほうびないかなぁ~~~♪

ジャルジャル単独 「ジャルってんじゃねえよ」

QEENの曲が流れる会場。

だけども会場が暗くなって流れてきた曲はマイケルジャクソン。
あとはオールマイケル。

OP
いつもの如く、舞台の上には一本のマイク。自分たちは将来も芸人をしてるんだろうか?「お前はきっとはげてるな。」「いやおれははげてない。はげるのはおまえやろーーー」で未来を見てみたいな~という話になってタイムマシーンに乗るコントに。二人がタイムマシーンに乗った瞬間、舞台上部二人の鶴っぱげのおじいちゃんが現れる。よく見るとジャルジャルコスチュームをまとったおじいちゃん。二人の将来の姿?そんなおじいちゃんたちを鷲掴みで「不審者ーー。」とつまみだして単独スタート。

発声練習
発声練習をする二人。指導者と練習する人。
「僕に後に続いて発声してみて。あ~」
「う~」
「う~じゃなくて、あ~っちゅって!あ~」
「う~」
「だから、あ~っちゅったら、あ~っちゅって。う~っちゅわないで!」
全く発声練習にならないので「じゃあ、う~ちゅうからう~っちゅって。」

「・・・・何でですか!さっきまであ~っちゅってって言ってたのになんで「う~」にかわるんですか!!二重人格者だ!!この二重人格者!」
最後までこんな感じで。

はなくそ
家庭教師〈後藤君〉と生徒の福徳君。
勉強を教えている間も鼻が気になって気になって仕方ない家庭教師。
気になってホジホジすると「あぁ、あぁ~~~~~」と大きな大きな鼻くそが…・。それを生徒に気づかれないように生徒の机の見えない所になすりつけていく。だんだんその数が増えるっていう。
ガムテープで作られた簡単なはなくその大きさったらない。

長い付き合いやのに全然お互いのこと知らん奴ら。
幼馴染みの二人。いつもどおり部屋で話をしていると免許を最近取ったと福徳君が言いだし、その免許書を見せてという後藤君。そこからコントが広がっていく。
年齢も、名前も、職業も血液型も最後には性別までも何もかも間違えて覚えていた二人。

見知らぬ女 ~フラッシュバック~。

イス取りゲーム
あのお店をかけたしりとりで有名な(?)お寿司屋の大将と従業員ぎんじの椅子取りゲーム。
ぎんじ「椅子取りゲームに勝ったら給料10倍や!」
大将「負けたら17万やで!」

舞台上には二人が座っていたパイプ椅子が二つ。何も気づくことなく「サンバッ♪」の掛け声で椅子取りゲームが始まる。音楽を止めると二人同時に座る。
「同点やっ!」
椅子が二つに違和感を覚える二人。

そしてなぜか椅子を減らすことはせずだんだん増やしていく二人。

「サンバッ♪」の掛け声で始まるのが、個人的には好き過ぎた。サンバって・・・・プププ。

ためぐち
バイトの面接を受ける高校生〈後藤君)と面接をする人〈福徳君)
いざ面接が始まると面接官に向かってずっとため口な高校生。
「シフトはどれぐらい入れる?」と聞かれると
「そやなぁ、いつでも入れるで。シフトはお前が決めるん?」と答える(笑)
この態度に途中まで我慢していた面接する人もぶちぎれ。「何でため口なん?!」
怒られるも「ごめんっ!ため口やったな。あかんな。おおきに。べんきょうになったわ」と一向にため口が治らない高校生。
最終的には「お前がそんな謝り方したら俺が悪いみたいやないかっ!お前高校生やろ!!ありがとう、勉強になったわじゃっ!」な面接する人。

2008家庭教師
明転→2008年眼鏡をつけた家庭教師と「家庭教師チェンジします」な生徒の後藤君→暗転。
5秒ほどのコント。

サイン長い奴。
少年が道を歩いていると歩いていると前から野球選手が・・・・・。
慌ててバッグからノートを出してサインをしてもらう少年。
野球選手の名前は下太一。
サインをし始めノートにずーっとサインを書く下さん。止まらない。しまいには2ページ目にまでも進む始末。サインが終わるのを横で見ている福徳君の表情が何とも言えない。
そうなるだろうなぁ~としみじみ感じる人間観察に優れた福徳君ならではの演技。

あんまりウケへんから後ろに下がってしまう若手芸人。
何やら二人で出てきてしゃべりながらだんだんと舞台の奥のほうに進んで行ってしまう二人。
なんだろうと思っているうちに終わってしまったのでなんだったんだろうと思っていたのがエンディングで発表されるタイトルを見て大納得。

だらだら逮捕
ひったくりに少し似てる。
警官が泥棒を追いかけ後ろから抱え込むと泥棒が大きな歩幅で警官を引きづって難を逃れるっていう・・・・言葉よりも見てほしいコントです。

承諾っ屁。
あの椅子取りゲームのお寿司屋さん。ぎんじがバイトも面接を受けている思い出コント。
面接が始まるや否や「屁をこいてもいいですか?」なぎんじ。「ええよ。お前面白いやっちゃなー」と大将。その後も「あのー2発屁をこいてもいいですか?」「あの・・・・95発屁をこいてもいいですか?」と全く面接が進まず。永遠とおならをし続けるぎんじ。
そんな時大将も1発プ~~~。

するとぶちぎれるぎんじ。

毎回1つはあるジャルジャルのおならコント。なんならおならがないと何か足りない気すらもするジャルジャルの単独。後藤君が奏でるおならはいまいちだった。福徳君のは完璧です。

変なキャラ練習させられてる奴
落語の師匠と弟子のコントににてるかな。
監督(後藤くん)と若手役者(福徳くん)。なにやら芝居のおけいこ。誰かがエレベーターに乗っているときにおならをした。すると自分が疑われそうになった。そんな時に言う台詞のお稽古。
「屁がくしぇ~屁がくしぇ~ しゅっごくしゅごく くしぇ~でござんす !屁がくしぇ~屁がくしぇ~ しゅっごくしゅごく くしぇ~でござんす !し~~ごくしごく 寒いでごじゃんす!!」というセリフ。ブフーーーー。

これは見てもらわなくちゃ何も伝わらないっ!監督である後藤君のお手本がものすごい。
たぶんこの台詞にはあの動き表情あの声が大正解なんだと思う。

さんざんこの台詞を叩き込まれた福徳君。
「何度やってもわからへんねんやったら今日は終わりじゃ!かえれっ!!」
その言葉に肩をがっくり落として帰る福徳君。

その姿を見届けて「あいつも段々成長してきたな」との監督の言葉でおしまい。

エンディング
各コントの紹介VTR。
その各コントの主要人物がクローズアップされて、昔の卒業アルバムに書いた将来の夢(現在の職業)と名前がが読み上げられる。

最後コントの数12人の集合写真(卒業写真)※みんな同級生だった(笑)が映し出されて本日の単独おしまい。

最後の最後に二人が出てきて「ありがとうございました。」とだけ言ってお辞儀をすると幕が閉まりました。

今回もコントに徹した単独。
本人たちの言葉は一切なし。怒涛のコント12本。
どれをとっても素晴らしかったです。1時間30分なんてあっという間だったけれど、そのあっという間の中でこんなに満足できることなんてそうそうない。でもジャルジャルの単独に行けば毎回同じことを最後思っているような気がします。

大阪会議の練習もある中これだけのクオリティを保てるジャルジャルはやっぱり本物のコント師だと思う。

楽しかったです♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。