☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪ゲームコーナーフェスタ2006

 最初行くかどうか迷っていたイベント。「ジャルジャルも川原君も出るよ!」と言われていくことを決心。友達に感謝。見なかったらしばらく後悔しそうなほど大満足な4時間弱。

バッファロー吾郎木村さんの元に生まれた企画。そのイベントの拡大版がbaseで行われました。長時間に渡ってただただゲームをするって言うもの。そのただただがこんなに面白いのは、そこに木村さんがいるから。


ご挨拶と出演者紹介
タキシード姿の木村さん。幕の外での挨拶だったので、客席がこんなに近いとは!と若干タジタジ。「お客さんは楽に方の力抜いて見てください」

次々に呼ばれる出演者。浅越ゴエくん、「ヤナギ ブソン」、向君、ジャルジャル、川原君、ヨーロッパ企画のうえださん

呼ばれて早々、右詰めの列のはるか遠く左側で挨拶をするジャルジャル。あぁ、ここでも。何のゲームが好きですか?ときかれると「はこの中身はなんでしょか?がすきですっ」と福徳君。

続いて呼ばれた川原君。好きなゲームはなんですか?ときかれると「箱の中身はなんですか・・・以外が」(笑)次世代は両方揃って嵐です。
※ちなみに瀬下君はオファー時に入院などのアクシデントがあったために、今回は見送りに。


デスヒント

4人づつのチームに分かれて、相手チームに答えを当てられないようにヒントを出していく。ヒントを出せば出すポイントが入る仕組み。
【ex. 答え「タイガーウッズ」とあったら、「この方は帽子がよく似合います。」とか「この方は外国の人です」等】

ここでは川原君がボソボソ、ドッカーンと笑いをとってました。「焼きそば」と言う回答に対して「これを頭の上に乗っけるとファンキーな気分になります」と言うヒントを出されたときにはどうしようかと思いました。

やなぎたにゲーム

何でも「妖怪」「地獄」「太郎」ゲーム

トータルしてどーしようもないゲームでした(笑)戸惑いながら3ゲームやりこなしたみんなが面白かったです。

れた・れたゲーム

ドット絵ジェスチャー

8×8のマスを使って、回答のイラストを書く。そして自分チームに当ててもらう。

面白かったです。想像力とデザイン性がとわれるゲーム。ジャルジャルの二人はすごく得意だった様子。・・・想像力だろうなぁ。川原君はどうも真面目に答えを出そうとしない態度から(プププ)、ゴエ君から「川原は抜きで考えよう」。

名言相談ゲーム

1人が相談を持ちかけると残りの人たちがアドバイスを・・・だけどそのアドバイスのなかでどれだけ名言を残せるかを競うゲーム。

木村さんの必死さと自爆さ、「ヤナギ・ブソン」のたどり着かなさ、向君の得意さ、うえださんの華麗さ、そしてジャルジャルと川原君のふざけよう(笑)

ウィンクキラー

うえださん所属劇団のウォーミングアップで使われているゲーム。元は海外で生まれたゲームだそう。今日一番好きなゲーム。

まず、ウィンクキラーをさんちゃん(名前知らない・・・>ごめんsaai(笑))がひそかに選ぶ。スタートしたら、出演者舞台をウロウロ。ウィンクキラーは気づかれないように誰かにウィンクをする。するとウィンクされた人は、3秒後に悲鳴とともに死亡・・・・・Death7人(知らない人)vs1人(キラー)の対決だからキラーは本当に一瞬の隙を狙ってウィンクをしなくちゃいけない。そのうちみんな翻弄されてきて。すごい事に。

「お前完全にキラーの目してるやんけ!!」と木村さんに何の疑いもなく指を指される福徳君(笑)「もーーー、なん、なんなんよ!こいつキ○ガイや」と福徳君を指指す木村さん(笑)

なんと言っても木村さんがかわいすぎてどうしようもなかったです。「誰やねん!ほんま怖いって~~~~!もぉぉぉぉぉぉ、誰やねんーーー」と楽しんでいる姿が、本当に楽しそう過ぎて参加したくなるほど。こう言うところが愛されるところなんだぁ。そんな木村さんにジャルジャルも川原君も愛されたらうれしいなぁ♪



楽道「大喜利」

ジャルジャル対決が見れただけで、大満足。
大喜利を見てると性格が回答に出て面白い。後藤君は真面目なキ○ガイ、福徳君はただのキ○ガイ。それがジャルジャル。

Q.さ「   」さて、何がはいる?

後藤君「さだ まさお」・・・・お、おしい(笑)

福徳君「ササササリリリリ(?)ポチリ~~!!」(笑死)

「魂斗マッチ」

川原君が大喜利に参加せずだったので、え~と思っていると、魂斗マッチというVTRが流れ出す。道具もフリップも使わず魂だけで戦う!という格闘技が本当に好きなんだなという楽道を実現させた木村さん。

魂斗マッチの映像の最後に「この戦いを受けた川原。お前は男だ!!」という文字が。うっ・・・・わぁ。

対戦カードは1つのみ。

木村さんvs川原君。

なんとも微笑ましい二人の戦いです(笑)


Q朝起きたら角が生えていました。さてどうする?

川原君「とりあえず・・・触る」


Q原始時代にいったとしたら?(?)

木村さん「ドテチーーーーーーン!」ぷぷー。


ゴエ君判断の上、川原君が勝利。悔しがる木村さん。自分で立ち上げた楽道マッチではことごとくかわいい負け方をする木村さん。今回もとてもかわいかったです。

エンディング

一人一人感想を聞いていく木村さん。

ウィンクキラーを「天津の単独でやったらいいじゃないですか。いいですよ。」という木村さん。もちろん向くんと木村君の二人でやってください、と。「それはただのノロケですよ」と向君。ふふ。

ジャルジャルは最後までジャルジャル流ご挨拶。

そして川原君。「何が一番楽しかった?」と聞かれると、

「箱の中身はなんでしょかゲームが・・・」アハーーーーーー。

どうやら人を笑わすためには記憶力もよくなくてはいけないらしい。あと、しつこさと♪


「自分が面白いものはみんなおもしろいんだ」と信じて疑わない木村さんがみせてくれるものは、毎回本当に素敵過ぎるほど楽しい。

誰よりも一番楽しそうにしているのは木村さんで、何よりも面白い事が大好きなのも木村さんで、中途半端な時間を提供しないのも木村さんで、こう言う人があふれたら、本当におもしろいものだけ見ていられるのになと思います。とても楽しかったです。

2回目も楽しみにしています、木村さん!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやぁ~、ほんま楽しかったねぇ~v-238
ウインクキラーの後藤くんに惚れましたv-398

ほんま木村お兄ちゃんすごいよねぇ~!!
愛されてるわぁ~。
あんなおもしろいもんやったら。何時間でも見ていたい!!

小愛 | URL | 2006年12月20日(Wed)01:04 [EDIT]


→小愛
おもしろかった!
ウィンクキラーやりたいね♪
なんか大勢でやりたい!!

木村さんはあれは天職だね。お笑いで愛されるために
生まれてきたに違いない!!

まあちゃん | URL | 2006年12月24日(Sun)00:20 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。