☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャルジャル単独「ジャルってんじゃねえよ④」

 相変わらずの大盛況っぷりの会場。
クチコミってすごいなぁ。やっぱりそれなりの事をちゃんとするとそれなりの結果が帰って来るんだなぁ。ジャルジャルにかんしては成長の過程をみているような気がするので、毎回嬉しい気持ちにもなります。

 今回のジャルってんじゃねえよは東京でもあるって事で、ネタバレ注意です。内容なんて事前に人の口から聞きたくない!ってかたは、以下読まないで下さいね。

 ネタバレ以外でお伝えできる事は、ジャル2単独は見て後悔なし。という事です。

※ネタバレOK!な人は続きをどうぞっ※

オープニング

大量のジャルジャル衣装を着た人が舞台に。
どこにいるん(笑)

気持ちの波

喫茶店にてお友達の会話。
「結婚する事になってんやぁ。でこんな事たのめんのお前しかおらんねん。
仲人やってくれへんか?」とお願いする後藤君。渋々と「むかしっからの友達のお前の頼みやからな。・・・・ええで」と承諾する福徳君。するとその声を掻き消すかのように「やっぱええわ。」と断る後藤君。
二人の気持ちの波が全くかみ合わない。

改めて感じる二人の演技力。

警戒心の強い奴

スーツを購入する福徳君。店員の後藤君がメジャーで肩幅の寸法を取ろうとすると、逃げる逃げる。

「おまえ、その紐でなにすんねん。首か?首か?!首締める気やろ!」(笑)

「いや、お客様落ち着いてください!!計るだけですから。落ち着いて。じっとしてください!」

「・・・・・・ハッ、ハッ!!首やろ!!お前!!なにする気や!!なんや!!首か!首なんか!!締めるきか!!」

警戒心のあまり、後藤君がボコボコにされるという単独一回につき一回はある後藤君袋叩き事件。

その男狂暴につき。福徳君の狂気に満ちた目はVシネマくらいでおさまらないと思うくらい。

「キャー」と「わっはっはっはっ」

好き過ぎるコント。
面接風景。
後藤店長さんと面接を受けに来た福徳君。

「上のものをとったりするときに脚立に乗ってもらうんやけど、いぜんおちた子がおって」

というと、これでもかというくらいの
「きゃーーーーーーーーーーー!!!!!!」

ブッフーーーーー!!

そのあとも何かと非常に恐れる福徳君。キャーキャー、キャッキャッ。

そこに後藤店長に仕事の電話。席をはずして、なにやらお話。
はずむお話。笑う店長。絵に描いたような、

「わーーーーーはっはっはっはっ。はっはっ。わーはっはっ」

ブフーーーーー!!

電話の最後に「本当にあった怖い話の本入荷よろしくね」と後藤店長が言うと、それを聞いた福徳君が、

「キャーーーーーーーーー!!」(笑)

それをみた後藤店長が「君は読まなくていいだけだから。」(笑)

なんてシンプルなコント。なのにこんなに面白いだなんて。

家庭教師

家庭教師の後藤君と生徒の福徳君。
とっても怖い先生。あんな小鹿みたいな顔の後藤君が万田さんのような口調で話してる。キュン。

あまりにも上からものを言われて、イライラの募る福徳君。プチーン。襲い掛かる福徳君。だけども強い先生。押さえ込まれて「あ?!お前なにした?いいかげんにせえよっ。アーン?!」と。先生の腕から抜けたときの福徳君の表情。これは文字で書き表せないです。

小学生の子が怒られてるんだけど、全く納得がいかない目で先生をみてるみたいな?・・・わかりづらい!とにかく、あんな目は演技力がないか洞察力がすごくないか出来ない。

あまりのすごい表情に思わず吹き出す後藤先生。
そりゃあんな顔されたら、しょーがないわ。

水泳部部活紹介

水着姿に水泳帽。黄色の水泳キャップにおさめられるように釣りあがった目の二人。意味不明な歌詞の歌を歌いながら踊り歩き飛び跳ねる。第一回目にもこんな感じのがあったなぁ。あの時は舞台中をくまなく飛びわるっていう水泳部部活紹介だったと思う。進化した。

こんなのは笑い飯にも千鳥にも絶対に出来ない。
ジャルジャルじゃないと成立しないコントだなぁと思う。

おそるべしハートの持ち主ジャルジャル。

変な奴

レコード会社にて。
急いでいるプロデューサー福徳君。そこに駆け込みで歌を聞いてほしいと尋ねてきた後藤君。

「ほんまに時間ないねん。4分だけやで」とチャンスをくれたプロデューサー。

「ありがとうございます!」
「なにうたうん?」
「オリジナルです!!」

と自信満々の後藤君。一応歌声を録音するから、あいずをだしたら歌ってといわれた後藤君。腹式呼吸やら姿勢を正したり丁寧な準備にはいる後藤君。合図が出されると表情1つ変えず棒立ちになる後藤君。

案の定怒鳴るプロデューサー。

それを幾度となく繰り返す二人。

立ち尽くす後藤君がこれまたかわいい顔で(笑)

緊張して歌えないんでと言って持参のMDを差し出す後藤君。あきれながらもセットして聞こうとするプロデューサー。音が全く聞こえてこないプレイヤー。ボリュームを上げたり、下げたり耳を済ませたり叩いてみたりしてみるプロデューサー。

「え?これ・・・?」
「はいっ!オリジナルですっ!」(笑)

怒って出て行くプロデューサー。そりゃそうだ。

しりとり

ジャルジャルの今まで見たコントの中で一番長かったかも?
すし屋の店長(後藤君)と店員(福徳君)が互いにしりとりが強い!!との会話から店長は「お前が勝ったらこの店も次にオープンする二号店もお前に譲る」。ぷぷぷ。福徳くんはなんだったかな?ただ働きだったか・・・?

「ち」攻撃。
「ち」返し。
「す」攻撃。
「す」返し。
「す」から「ち」の巻き返し。

ジャルジャルってどれくらい練習するんだろう。
このコント適当に進んでるように見えて、ちゃんとしたものが一本とおってなければ最後まで成立しない様なコントだったりするので、感心の一言です。

ジェンガ

ジェンガをはじめようとする後藤君と福徳君。
なんでか麦藁帽子をかぶってる福徳君。

案の定一番手の福徳君の麦藁帽子のつばがジェンガに当たって全部倒れるって言う。

30秒くらいのコント。

何も起きないコント

小説作家とその担当者のお話。
淡々と進んでいく普通の芝居。
最後まで何もなく終わる芝居。
ジャルジャルにとっては何もおきない事が尋常ではない事。

Kumo

今回の中で一番好き!!
なーーーんてかわいいの。おまたから糸出す姿なんてかわいすぎてかわいすぎて。あんなチープなクモを演じさせても、何の問題もないだなんてどれだけ素敵なコンビなの。

ジャルジャルの発するでたらめ英語。不思議な事に発音がちゃんとENGLISHしてる所が素晴らしい(笑)そして、声。福徳君の出すあのかわいい声はなんですか。これTVで放送あったら必見です。

今時こんなコントするコンビそうそういないです。

いやーーーー、かわいい。
アメリカンコミックな世界です。

変わったことをしようとしてる漫才師

このコントも何回目かの単独で同じようなのを見たことあるような?
ジャルジャルが漫才をするとそれもコントって言うなんとも不思議な。

ボクシングジム殴りこみ

ジャルジャルとボクシングの組み合わせは、衝撃を思い出します。
今回のものもストレートすぎるようなオチだったけど、そんな直球
勝負も二人らしい。

結局どんな場面でも殴られるのは後藤君なんです。
殴られ上手な後藤君と、追い詰め上手な福徳君。

にしても福徳君の筋肉はいつ見てもきれいだわぁ。(見るところ・・・!)

勝田(すぐるだ)

きゅーーーーーーーーーーーーーん。
二人のキャラっ。

録音してヘッドフォンで聞きたいくらいのかわいさです。
文字にあらわせないのですが、とにかくこれはかわいい。

「やめてえやぁ、やめてえやぁ」とあんなにかわいく言える23歳。
若いなぁ~。きゅーーーーーん。

ゲップホテルマン

福徳君の得意分野炸裂です。
とってもジェントルマンなホテルマンなんだけどひたすらゲップが止まらないっていうもの。

おならだのゲップだの。ぷぷぷぷ。

終始ご近所の席の人が「もういいってぇ。めっちゃ下品。気持ち悪いわぁ」とどん引きだったのがまた。ぷぷぷぷ。

ジャルジャルといえば。です。爽やかに見えて。です。

屁我慢している面接官

続けておなら(笑)

オーディション会場にて面接官(福徳君)と役者(後藤君)。
役者の演技を見ているときでもどうしても我慢できない面接官。
「はい!ちょっとでていって!!僕がいいよっていったらまたはいってきて!」といったん役者を外に出すと

ブ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。
ブーーーーーーーッ。
ブッ。
プリッ。

1単独に1おなら。

「もうほんまにええって。汚いって」とご近所からの声(笑)
ジャルジャルからおならを取っちゃうと、味を1つなくしちゃうことになってしまうんだもの。おおめに見てあげてください。



なにやらひたすらものを書いている二人。
全く話さず。

しばらくたってアナウンス。
「実はこの二人・・・・声がへんです」

二人がおかしな声で会話する。暗転。

短いコント。

インディーズバンド

最後は必ず歌声を披露してくれることになっているのでしょうか。
しっとりと森山直太朗の「さくら」をとーっても微妙なハーモニーで歌う二人。さびの部分で歌が転調してパンクロックに変わる。

ハイテンションで歌う二人。
最後はまたしっとりと微妙なハモリでおしまい。



エンディングVTR。
エンドロールとともに一つ一つのコントのダイジェスト映像&タイトル。

最後にCDTVの新作アルバム紹介のあの画面に。

ジャルジャル1stアルバム「ジャルってんじゃねえよ」
DISK1+DISK2豪華2枚組み発売。

全部で17曲(コント数)。
一曲一曲コントのVTRの背景に、ジャルジャル作の歌をのせて。

17曲すべて案内後暗転。

明転で二人登場。おそろいのジャルジャルTシャツ起用。
「今回は僕たちの1stアルバム記念イベントにお越しいただいてありがとうございました。こちらのTシャツも会場出ていただいたところで発売しますのでよければご購入ください。それではありがとうございました。」

でおしまい。


今回もジャルジャルとしての言葉一切なし。

ふぅ。大満足。

レコード店でもらえるようなアルバム宣伝のフリーハガキ風のポストカードのお土産付。

一回のイベントで17本だなんてなんて妥協なしな。どのコントも本当におもしろいし、すごい次世代です。本当に。もうジャルジャルの世界って言うものがちゃんとあるっていう事自体すごい。

毎回のように増えていくお客さん。
クチコミがクチコミを呼び?なのかな??
それだけ満足して、人に話したくなるようなイベントってそんなにないですもん。

5回目が楽しみです。








スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほんまかわいかったねぇ~v-238
大満足だわよ(^^)

あぁ~、早く次が見たい!!
ってか、早くTVが見たい!!
DVD出したらいいのになぁ~。

小愛 | URL | 2007年04月05日(Thu)22:20 [EDIT]


本当に大満足で帰ってきました。
終わったそばから、「早く次がみたい!」って思ったのも
すごく久しぶりでしたし。

とにかくスゴかったですね。
何がスゴイのかって、うまく説明できないけど。笑
ジャルジャルワールドに、すっかり引き込まれてしまいました。
こりゃもう、足は洗えそうにないです。
すっかり中毒です~~~!

ハチ | URL | 2007年04月06日(Fri)14:27 [EDIT]


→小愛
かわいかった♪
Kumoのかわいさったらないわ。テレビカットされてなかったらいいけど・・・・。あのテレビなんでそこカットなん!な事多いねんもん~~~。

うん、冒険できへんなら会場限定で販売したらいいのになぁ。

→ハチさん
あの世界はアリ地獄ですよ~~~!
はまったらもう無理♪
次見るときにはかわいくてしょうがなくなる(笑)
二人ともかわいすぎてかわいすぎて(笑)

なんかすごい普通のことしてるのに。
今日テレビで志村けんが「ベタが一番面白い」って
いってたの聴いてまっさきにジャルジャル浮かびました

まあちゃん | URL | 2007年04月07日(Sat)00:22 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。