☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンガンライブ 9/7

もう約一週間前です。
これで最後。かなり適当な夏休み最終日のような日記の仕上がりで大反省。
後で読み返してみてもきっと何も思い出さない。ふぅ。

MCとろサーモン
レーシック手術でよく見えるようになった二人。久保田君の眼鏡レンズ無。あまのっち。先に久保田君が手術をし、それを見て村田君も手術をすることに。事前に久保田君から聞かされた噂。「マジやった!!」というその噂は、手術する先生4人中3人がメガネ。お前らが先にせーと。それを聞いた久保田君、「せやろ!!それも3人とも牛乳瓶のフタみたいなメガネやろー」・・・フタ・・・ぶっふーーーーーーーー。

ネタ
ヘッドライト:居酒屋メニュー
ゴマの胡麻和えが好き過ぎる。ソロソロ和田さんの坊主も見慣れてきました。なんなら前がどんなんだったか思い出せない。

スマイル:ウ~イェイ飽きた
・・・・・・ゥイェ~イ♪メ~チャホォリデェイ♪

ソラシド:夜泣き
とてもお久しぶりに見ました。ことわざ以外もたまには見たかったからお久しぶりでうれしかったです♪ひそかに演技力がある二人なので、そこに赤ちゃんがいるかのようなショートコントを見てる様♪

笑い飯:車掌さん 
単独よりは吹き出さずにできてました(多少あったけど)。
おトイレの忘れ物のところ大好き。
西田君の車掌PVも大好き。

コーナー
横一列に並んで、お題に沿って答えを述べる。受けたか受けないか。1番面白いのはだれかを競うゲーム。面白くなければ即退場。

「学校あるある」
哲夫「タイヤの半分の様なおもちゃの裏っかわにはあたらしい花の息吹がある。」

本坊ちん「テストで表やって余裕になってて終りの方で裏面にも問題あったことに気付いて驚愕」

西田くん「水泳の授業後、みんなが着替え終わっていく中まだ着替えてないやつが堅く紐をくくり過ぎてとることができなくなってパニックになっている。」これを聞いて大半女性の客席が大爆笑。それを見た哲夫が、「女子の水着にも隠れた紐があるんでしょうね。」ブフー

本坊ちん「本館から体育館につながる渡り廊下、なんでか土足厳禁。」客席無音。「・・・卒業式間近になるとわたり廊下に3年が並ぶ。」客席無音(笑)

西田くん「運動会の前日に運動場の小石拾いをさせられるが、どの石がよくてどの石がダメか分岐点がわからない。」

西田君1位。

小道具ギャグ
本坊ちん「ダイナマイト」
枕に見立てて、あわてて起きる・・・・様な事をやっていたかと思う。正直下で細々されると1列目の人しか楽しめない。どこでも見えるように作られている劇場じゃないから、コントにしろ一発ギャグにしろ、座ったり寝たり、下に置いたりされるとさっぱり見えないのでもったいない。

西田君「モモ肉」
胸にあてて、「この柄のポロシャツ可愛くないなぁ~~~」

ネタ
ベリー2
洋服しか印象に残ってない…。眼鏡を外した子の服が本当に高いものなのかどうかわからない私の眼はどうかしてるのかな。

藤崎マーケット:物まねなど
毎回思うけれども目の付けどころがすごいと思う。
新聞でも隅っこの地方チャンネルのパチンコ番組の司会者のまねを毎回してどれだけの人がわかると思っているのか。これが似すぎていてものすごくおもしろい。ある一部の人だけをターゲットにした物まねを集めたようなネタだった。面白い。

鎌鼬:居眠り
「ぎんぎんか!!」のあれ。
横の眠った人の頭が肩に乗った瞬間「はぁーーーーーーーーー!!迷惑!!ほんとうっに迷惑!!はーーーーーーーー!」っていう山内君もものすごく好き。


天津:アニメ
本気で気持ち悪いとヒソヒソする若いお客さん。ぷぷぷぷ。

コーナー 質問にすべて答えます
事前にアンケートが配られて、何でも質問を書いてください。と。
「どんな質問にもお答えします」
・・・嫌な予感しかしないアンケート用紙。
アンケート用紙の入ったボックスからランダムに引く。そしてルーレットを回して当たった人がその質問に答えるというもの。

「はじめて付き合った女性の名前を大声で叫んでください」
想像どうり。本当にどうでもいい。
当たった河中くんが「あきらー」って大声で叫んでいました。
どーでもいい。

「朝青竜があんなに攻められている理由はなんですか?」
大喜利です。
哲夫がこのコーナーにいたらきっと当たらなくても、ちゃんと答えてくれていたと思います。

「最近会った面白話をしてください」
すごいふり(笑)「ありえん。ありえん。なんなんこの無茶ぶり!当たったヤツ最悪やん!!」とさんざん文句を言って、罰のように当たる向君。ププ。

最近各方面から面白くないと定評のある木村君のお話。そんな木村君がそのことでとても悩み先輩に飲みに連れて行ってもらった。きっとその悩みをその先輩に相談しながらべろべろに酔った木村君。深夜にベロンベロンになりながら楽屋に戻ってきて、ネタを書いている向君の横で手をはばたかせながら「面白くないことは面白いことなんやって~♪」と上機嫌に走り回っていた話をしてました(笑)憎めない男でよかった木村君。

「どんだけ~を全域でしてください」
・・・・・ほんとうにどうでもいい。
これでこのコーナーおしまい。(前半で帰ればよかった)と思った瞬間。
向君がいてよかった。

そんな感じのガンガンライブでした。
おしまい。



やっとたまっていたものすべて書き終わった♪
なんだかすっきり。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。