☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンガンライブ 10/12

「心入れ替えよう。」

ということで昨日分書きます。

MC:span!
初めてのガンガンライブ司会だったそうです。

ネタ
プラスマイナス 「騒音」
ここ最近本当によく見ているプラマイのお二人です。
相変わらず顔を真っ赤にして顔をバチコーンと叩く姿は・・・恐ろしい。
「盛り上げて行きますよ~!!トップバッターなんてもんは前説みたいなもんですからねっ!」と岩橋君。確かにトップでどうしようもないものを見せられると後々大変な事になるもんなぁ~と思いながらも、その迫力に恐れおののくのです。

鎌鼬 「カタツムリ」
なんでか出てきたと同時に「歌を一曲歌ってもいいですか?徳永英明がね、トリビュートアルバム出してましてそのなかの「もしも願いがかなうなら」を」と山内くん。普通に歌うんだけど別に徳永英明の真似でも何でもなくて山内君がただただ歌ってる・・・・・。

「なんでそんなことするんっ!?全くそんなんいうてなかったやんっ!」と最近鎌鼬でよく見るパターン。「家で一人で歌ってて、おもろいと思って・・・・でもこんなにうけへんとかびっくりや・・・」と山内君。ぶふふふ。

・ひとつむり、ふたつむり、みつむり。見積もりみたいに言うな!
・むっつむり。・・・むっつりみたいやないか!!

飼い犬がリアルに唸るっていう形態模写大好き。

マラドーナ 「パチンコ」
体調不良だかなんだかでしばらくお休みだったマラドーナ。
出囃がなって二人揃って出てくると、田中君がマイクに行くまでの道で立ち止まって客席に2回深くお辞儀をしました。

これだけ間が開いて舞台に普通に立つとかきっとものすごい緊張感と客席からのプレッシャーみたいなものとか感じるんだろうなぁと思うと勝手にこっちまでドキドキ。

武智も楽しそうにしていたしよかったです。なんだかんだいって田中君に転がされている武智のような気がします。

がんばれ、マラドーナ。

フロントストーリー 「SM」
昔SMネタを見たことがあって鞭を振り回す姿にどんびいたことがあったのですが、バージョンアップして帰ってきたようです・・・・・。
女子高生ターゲットの舞台で何をやってるんですか、三十路の男性2人。
「肛○」を連発し、赤いハイヒールをはき、ムチを振り回し、ロープで縛り、アイマスクをはめて、「もっといじめられてる僕を見てください!」と叫ばす。

オールザッツで3時頃見たらものすごく面白そうです。

トークコーナー 「プレッシャーなこと」
日々の暮らしでのプレッシャーにまつわるお話。
プラスマイナス 「弱い」
非常にプレッシャーに弱くどうしても緊張するとしてしまう癖がある岩橋君。(言ってしまっていいのかなぁ…)
やめたいけれど、それをしなくては落ち着かない。本番中でも漫才の途中でもどうしてしたくなる。その癖のお陰でプラマイの打合せは前に進まず周りの人から見るとものすごく兼光君がかわいそうらしい。

鎌鼬 「飲み会 地元の」
地元の飲み会に行った時のお話。悪いお友達が集まった飲み会で濱家君を見るなり「お前最近がんばっとるやないか。」「芸人やねんし一気でもせーよ」と周りがジョッキ一杯を濱家君に一気飲みさせると、お酒は強いが一気飲みに弱い濱家君。完全に酔っぱらって自分の横にいた頭金髪、上下まっ黄色の服を着た友達の前にジョッキ3杯並べて「お前これ飲めや」と支持をしてしまう。

飲めと言われて飲んだ黄色いお友達。一杯目、二杯目・・・でぶっ倒れる友達。腰に片方手を置いたそのままの形で倒れたお友達。次第に泡をふき出す始末。

「その友達体上下黄色で、腰に片手当てて、口から泡吹いてたんで、そいつ自身がジョッキのビールみたいやったんです。」

・・・・ブッフーーーーーーーーーーー。

マラドーナ 「愛媛の番組で」
愛媛(地元)の番組に出た時のお話から武智のお父さんのお話に。
ボクシングをしていたお父さん。息子曰く「完全なパンチドランカー」。ある日突然武智の事を「ガロウ」(本名:セイゴウ)とよび出したお父さん。

そんなお父さん、ある日武智+水本君と王将に3人で飲みに行くことに。お酒を飲み酔っ払った3人。店を出ようとするとお父さんだけ出てこない、出てこないどころか何やら店の奥でお店の人と喧嘩中。驚いた息子が止めに戻ると、王将のコックさんの帽子をかぶってそのまま帰ろうとしたところをお店の人に止められていた所だったらしいです。ぷぷぷ。

そんなお父さんは、自分息子を「ガロウ」とよび、二人のお姉さんを「ジャバ、キャラ」とよび、おかあさんを「キポー」とよび、怒った時は「ハポー」と呼ぶ。そして飼い猫の事を「お母さん」と呼ぶ。

そして愛媛に帰った時に家の前に着くとお父さんが家の前で車を洗っていたので声をかけようと近づくとそこに自転車で通りかかる小学生の男の子が小さな声で会話をしていた。よく聞くと「あいつ、今日は車あらっとるで」。ブフーーーーーーーー!!
町でどんな扱いをされているんだろう、お父さん。

フロントストーリー 「名古屋」
光岡さんの名古屋に行った時のお話。

**************************
このコーナーの途中、驚く光景が。

最近のノリ、田中君のTシャツを破ると金のネックレスなりバラのタトゥーが現れるとかがある。今日も黒いTシャツを着ている田中君。何やら金色のものがちらりと見える。

トーク中に、なかなかそのノリに持って行けない田中君に無理やり「なにかプレッシャーにまつわる話ないですか、田中さん」とへたくそで優しいネタ振りをしてあげた山内君。そんな事なんの関係もなしに田中君が話している最中に「何か金色のもん見えとるし!」と田中君のネックレスを引っ張り上げるMC:span!のマコト。

・・・・・え?

唖然です。MCするならばもっと周りに目を向けてください。ただ単に時間内に終わるように進めることなんて誰にでもできると思う。その中でどれだけの人をどれだけちゃんと使えるかがMCのお仕事です。先輩のボケ潰しなんてもってのほか。

ついでに言うと、トークコーナーはMCがべらべら自分の話をする場所ではありません。面白ければいいけど、どーでもいいような話はいらない。「僕もね~」「僕がねぇ~」・・・つまらない話はほんまいらん。

*************************
ネタ
銀シャリ 「じゃんけん」
あの昭和の服も、「銀シャリだ・・・よっ」もない銀シャリ。
ようやくあの目にまぶしいスーツも銀シャリらしいとおもいかけていたのに(笑)
漫才の3分の2以上ゆずの夏色を聞く漫才。
新しいというかなんというか。

天竺鼠 「家庭教師」
二人も散髪。はぁ~~~川原君の頭触りたい。それくらいいい感じの刈り具合。
相変わらずの誰にも真似できないような川原君のテンポ。

ソラシド 「かえるの歌→旅番組」
目も覚めるようなオレンジ色のネクタイをする本坊ちん。
僕のかえるの歌が~♪がたまらなくかわいい。
久しぶりなんだか何だかわからない旅番組ナレーション。
ポカリスエリアス。
今日は水口さんも驚くほどの噛み合わなさっぷり。「終わった飲みにいこっ!」の本坊ちん。

千鳥 「車→父さん」
千鳥をガンガンで見るのなんていつ振りだろう。
この前見たんだったっけな?
ここ最近漫才をするときはスーツを着用する大悟。どうしてもその姿に違和感。色かなぁ?着こなしかなぁ?全く目に飛び込んでこない。なんかもったいないなぁ。
相変わらずの千鳥らしいネタだった。「・・・・ぞうさん」。

ゲームコーナー 「チーム対抗しりとり大喜利」
ホワイトボードに張られた蛇行したマス目。そこに「よ・し・も・と」とマスを開けて書かれていてお題に答えながらその文字にたどり着いたらその文字を取り入れた答えを答えて受けたらポイントがもらえる。

チーム分けの時になにかと一人一人にあだ名をつけていく水本君。瀬下君→セッシー、水口さん→みっずんなど。そんな中本坊ちんだけ本坊さん。なんでやねん。それを聞いた本坊ちんは「うーーーーーーーわっ、あだななかったぁ」。

ボードが出てきたと同時に「うーわっ、迷路?!」とどこまでも自由な本坊さん。

こういうひらめきは早さを誇る本坊さん。だけどなかなか伝わらずに「ダメーーー!」と言われ続ける本坊さん。

「さみしい5文字」のお題に、「す」から始まる言葉でこたえなければいけない時ハイと手を挙げた川原君。答えた5文字が「すぐしぬよ」天才か。

その続きで「よ」から始まるさみしい5文字になるとハイハイハイハイと手をあげる瀬下君。自信満々に真ん中に出てきて答えた答えが「よめバイト!!!!!」ブフーーーーーーー!!天才ここにもいた♪最近瀬下君が要チェック人物になって仕方ないです。男前さなんてどーでもいいのだけど、あの一生懸命な体当たりの笑いが見ていてうれしくなる。

そんな瀬下君、いっぱい考えて「ハイハイハイハイッ!!!」と元気よく手をあげると、同じチームの最高に自由な本坊ちんから「ダマレーーーーーー!!」といわれる(笑)

最後9マスでおしまいの所でなんでか「ありえない名前の犬の名前9文字で!」と指示する水本君。9文字?!うけたらすぐ終わってしまうやん・・・・?「え?9文字なん?」という大悟。それを聞いた水本君は「どっちがいいですか?」と。

「そこはお前が司会やねんからお前が決めたらええねん」と答える大悟。
こうやって成長していくんだろうなぁ。

最後、橋本君の「トイレットペーパー」でおしまい。

いつもよりも短いゲームコーナー。さみしいな。

告知のコーナーでソラシド単独の告知。「デスメタル」というタイトルを聞いて千鳥の二人が驚く。(私もタイトル見た時驚いた)。「イベントのタイトル「デスメタル」っていうん????!!!」と2人。「音楽も第57章も行けばデスメタルになるでしょう」とよくわからない返事をする本坊ちん。

11月3日が楽しみ。興味のある方はどうぞ♪
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほんまに・・・
MCはMCの仕事をしてください。

ってか、光岡さんのトークも書いたってぇやぁ~(笑)

小愛 | URL | 2007年10月15日(Mon)23:45 [EDIT]


→小愛
ね。
あはーーーーーー!何がプレッシャーにまつわる話だったんだかいまだにわからへんねんもん(笑)

まあちゃん | URL | 2007年10月16日(Tue)22:27 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。