☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラシド単独 第五十七章「デスメタル」

前回よりもお客さんがたくさん。
客席見るだけでものすごく嬉しくなりました。
がんばってたもんなぁ~~~、よかったなぁ~~~~~♪

「デスメタル」というだけあって、会場の雰囲気もいつもの優雅な雰囲気ではありません。たぶん、マキシマムザホルモンの曲だと思うんだけどそれがずっと流れていました。

OPV
昔やっていたファミコンの(タイトルが思い出せず)列車の上を歩きながら敵を倒して行って一番後ろまで行ったらそこから列車内に侵入してまた敵を倒してボスの所まで行くっていうゲーム。なんだっけ。毎日あほみたいにしてたゲーム・・・・。たぶんファミコン初期を体験している人は誰もがご存じのあのゲーム。

そのゲームがスクリーンに映し出される。音楽もとてもポップで、映像も晴れたかわいい映像。ゲームの主人公が的に当たって死んじゃうと。・・・VTRが一転してまっくらなBASE、ラジオブース前の映像に。何やら人が近づいてくるといきなりのアップ。本坊ちんが顔を真っ白にして目の周りを真っ黒に塗って口をおっきく書いてる。デスメタルってなに。でも、夢に見るほどその迫力が恐ろしかった。

その後も何度かそれの繰り返しでスタート。

漫才「童謡」
本坊ちんと歌は切っても切り離せません。
それくらい歌一つで面白い。何気に無駄にいい声の水口さん。

VTR 四コマ漫画の五コマ目を考えよう(前半)
「もう、オチてるけどな。」と言いながら楽しそうに5コマ目を考える。意外にも(?)水口さんも面白かった。本坊ちんは相変わらずの本坊ワールドな回答でした♪

コント「?」
すぐに「僕の方が~」という本坊ちんとその友人の水口さん。
レストランに来る二人。水口さんが「すいませ~ん!」というと後から「僕の方がすいませ~ん!」と本坊ちん。
とりあえず何でもかんでも「僕の方が~」。
先にハンバーグセット頼む水口さん。「僕の方がハンバーグセットで。」と本坊ちん。「あ、2人前で。」と水口さん。「僕の方が2人前で。」の本坊ちん。「あ、4人前じゃなくて2人前で。すいません。」な水口さん。水口さんにハンバーグセットが渡されると「それ俺のやん」。水口さんのハンバーグをすこしたべて「おまえのまっず~~~~~!!こんなんたべられへんやん」とハンバーグわしづかみ。
何でも「僕の方が~」の本坊ちんを利用して最後水口さんが「俺がお会計するわ。」というと、

「おぁ、お会計はお前やな。」

でおしまい。

VTR 四コマ漫画の五コマ目を考えよう(後半)
「も~浮かばんわぁ」と水口さん。
絶好調な本坊さん。

漫才「ネット」
最近パソコン初めて~ん。な本坊ちん。
自分のページを立ち上げてそこでポエムを発表していると。
そのポエムを披露でもちろんおかしなポエムに水口さんが全身全霊で突っ込んでいくもの。
本当に始めたらいいのに。

VTR 紙バトル(前半)
リコーが開発したバトルソフト。
自分の描いた絵をスキャナしてソフトに取り込むと、たがいに取り込んだイラストでバトルができるといったゲーム。
ものすごく力強そうなイラストを描くもなんでか攻撃力守備力生命力ともに弱いキャラになる水口さんのイラスト。本坊ちんの書いた「おばあちゃん」が最強に強い。
これ、やってみたいっ!!

コント「クレーマー・クレーマー」
IT'S A 本坊WORLDなコントでした。
とある電気屋さんに買った携帯が不良品だとクレームをつけにきた本坊ちん。そのクレームを処理する担当の責任者の水口さん。
まったく着信を受けない不良品の携帯や!!この携帯のせいで100万の仕事を飛ばしたんや!と大クレーム。さんざんクレームを言ってる所に「ピタゴラスイッチ」の着信音。
「なってるやんけ」と電話を受ける本坊ちん。
はい、はい、すいません。100万はすぐに用意するので。えぇ、はい。すいません。あ、はい、はい、すいません。失礼します。

不信感の水口さん。

「壊れてませんでした。すいませんでした。・・・いうて帰るとでも思ってんのんかコラァ?!まだあるんじゃ!」
と言って先日買ったカメラを箱から取り出すと、一眼レフなんだけどレンズ以外の所が何やら黒い粘土でゴテゴテに覆われている。それを手にして思いっきりクレームを飛ばすも、そのカメラのゴテゴテさについつい噴き出す本坊ちん。
ものすごいクレーマーな本坊ちん。
机をたたく叩く、水口さんをどなるどなる。

「お前、嫁おるんけ?」と聞かれいると答えた水口さんに向かって
「これを嫁と思え」とパイプ椅子を見せる。そのパイプ椅子を投げ飛ばす。ブッフー。

どうやらそのクレームはものを要求していると察した水口さん。
替えの新しいカメラとお金を持ってくる。

どうやらまだまだいけるなと察した本坊ちん。

「このパイプ椅子をお前のじじいやと思え。」といいながら、ものすごい勢いで椅子の背もたれをグーで殴る。殴り終えて我に戻って笑う本坊ちん。ぷぷーーー。

動じず芝居を続ける水口さん(笑)さすが。

色々と付属品を加えて行く水口さん。
まだまだおじいさんである椅子をたたく蹴り飛ばす。

理不尽な本坊ちんについにぶちぎれる水口さん。
全部没収。
ものすごく説教をしだす水口さんに恐れおののいて、おじいさんである椅子をなでなでしたり方も見したりして機嫌をとってみせる。

まだまだ怒る水口さん。

もうこれは無理だとしまいには開き直って「100万かして」と言って頭を下げる本坊ちん。

でおしまい。

VTR 紙バトル(前半)
イラストに続いてはbase芸人の写真を使ってバトル。
ジャンクションvsジャルジャル。
驚異のジャルジャル。
マラドーナ田中君vsジャルジャル。
驚異のジャルジャル。
光岡さんvsジャルジャル。
驚異のジャルジャル。
ソラシドvsジャルジャル。
驚異のジャルジャル。
base芸人多数vsジャルジャル。
圧勝のジャルジャル。

「マジで腹立ってきた!なんやねん、ジャルジャル!強すぎるやろ!」
な本坊ちん。

漫才「お相撲さん」
すべての格闘技の中で一番強いのはお相撲さんやと思う。なんでやったらあの小錦が「小」錦やで。すごくない?!との出だし。確かに(笑)
そこからは、ソラシドらしいというか本坊ちんらしいというか、どことなく伸び伸び好き放題に作った感じの単独らしいネタ。
水口さんの格闘技好きが全面的に出ていた気がします。
いろんな格闘技の技をお相撲さん本坊ちんに仕掛ける水口さん。
すべての格闘技の構えのポーズがちゃんとしてた(笑)
ムエタイとプロレスなんてそのまんま。滝のような汗の水口さん。

ED
最後の漫才で汗だくになった水口さん。出てくると同時に「あつい!」といってTシャツ姿に。それを見て、
「も~やめて!なんなん、そのくそだっさいシャツ!!」と本坊ちんが言うと「何がダサいねんな。かっこいいやんか。」と言って後ろを見せる水口さん。

Tシャツの裾あたり(背中)にポーチ的ポケットが3つ連なってる。。。

ぶっふーーーーーーーーーーー!!何それ!!

「一目ぼれやんか。かっこいいやろ~」と得意げ。

「も~ほんまにやめて。」と相方。

話切り替えて。こんなにたくさん集まっていただいてありがとうございます。と。

今回の単独はというと、
「暇やった上に仕事なくて余裕でネタ作れた。」と本坊さん。

「次は1月くらいにやりたいですね~」と水口さんが言うと
「え~~~~年末年始は遊びたいのに~~~~~」な本坊ちん。ぶふっ。年末年始が働き時です、吉本。

このまま2カ月にいっぺんのペースになればいいのになぁ。
本坊ちん大変だろうけど・・・。

体張ったVTRがなくなるとそれはそれで終わった後に何か足りない・・・・ぽっかりしました(笑)

ついでに今回カメラはいってたらよかったのになぁ・・・。

お疲れ様でした♪
1月たのしみです♪♪♪



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 


今回は都合が悪くていけなかったのですが
まあちゃんのレポを拝読して
次回はなにがあっても行く!と決心しました。ええ。
本坊ワールドのコントが見たいです!
1月にあればいいな・・・。
年末年始は本坊ちんにもがんばってもらわなきゃ!笑

ハチ | URL | 2007年11月09日(Fri)14:10 [EDIT]


驚異のジャルジャルみて見たいなと思います。
それにしてもおもしろそうな、ゲームですね。

クレーマーのコントが異様なまでに頭に残ります。
きっと、生で見たらもっと頭に残るのでしょうね。
僕の方がっていうコントも好きです。

それと、デスメタルの意味は
デスメタル(Death Metal) は、音楽(ヘヴィメタル)のジャンルの一種。現在は特定の音楽性を指した言葉として定着しているが、そもそもは“死”や“死体”、“地獄”などが歌詞のテーマとして多く出てくるスラッシュメタルバンドを形容した呼称であった。音楽的に「デスメタル」と呼ぶより、「アグレッシブでよりエクストリームなスラッシュメタル」といった感じのデスが元祖デスメタルと呼ばれるのは、そのような理由がある。

だそうです。ちなみにウィキペディアよりです。
なんか、本坊さんの扮装とちょっと違う気がします。

湖蝶 | URL | 2007年11月10日(Sat)08:02 [EDIT]


→ハチさん
次回はぜひとも!
たぶん年末年始ガンバって1月は見せてくれるかと…・思いたい。
本坊ワールドのどんよりコントが久しぶりにみたいなぁ~と思っている今日この頃です♪

→胡蝶ちゃん
わぁ!
デスメタルの詳細ありがとう。
死神メイクっていうのかなあ?さっぱりデスメタルのイメージがわかなくて良くわからなかったんだけど・・・

こんな面白い単独の時になんでカメラが入っていないのっ!と思わざるを得ない。もったいないなぁ。

RICOHのゲームはきっと人気出るよ♪
本当に面白かったん。

まあちゃん | URL | 2007年11月10日(Sat)23:59 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。