☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 

ガンガン終りに。
baseで映画ってどうなんだろう?と思っていたけど案外普通にみれました。
お客さんがいない日もあるって聞いたけど案外思ったよりは入っていました。

「暁に 死抱きしめて」directed by 西田幸治(笑い飯)
なんだか宣伝写真もえらく落ち着いたものだったのでタイトルどおりにしっとり本気な映画だと思っていたんだけど…・。腹が立って笑うくらい全面西田君な映画だった。こんなにやらしい映画は知らない・・・・映画じゃないのかも。たぶん、きっと、いい話に違いないんだろうけどそれをもうっかり見逃してしまいそうなくらい西田色。
普段生活している場所が撮影場所だったこともあって知ってる知ってる行く行くって思えるなって楽しみにしてたんだけどやっぱりそれをも見逃してしまうくらい西田色だった。

是非ともいろんな人に見てほしいです。
腹が立ってお目なおしに別の映画を見に行くか、腹が立ってはぁ~~?!となりつつももう一回見ようかってなるか。

断然後者です。

最高に面白かったです。

「ゆびみず」directed by 大悟(千鳥)
ジャルジャル後藤君が主役。
一人で20代からおじいちゃんまでこなしちゃう。髪でしかその表現方法を変えていないところがさすがです。チュウシーンとかもあってプププププ。
後藤君のことが好きで仕方ない若い子が見たらきっと「大悟死ね」くらいのことは吐くくらいの後藤君の使い方だったです♪
それよりも、大悟軍団の子弟の使い方(笑)
津田君が面白すぎる。
ついでに西澤君も面白すぎる。
ダイアンをよく知ってる監督ならではの演出かも?

我慢できなくなったのか、ちょっとしたシーンで自分も登場。
だけどオノブは決して出さない。

見た後に、「から揚げ弁当たべたくなったわぁ」と思う映画です。


どっちも想像してたよりも面白かった。

きっと吉本です、DVDがそのうち出ると思います。
見てない人はその機会に是非是非。

見なくても後悔はしないだろうけど、見るとちょっと得した気分にはなれると思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。