☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットコントライブ

前回のが本当に大変だったので、今回もどーなることだかと(笑い飯だし見とかないとな)くらいのハードルの低さでいったのだけど、前回よりも何百倍も面白かった。だらだら感がなかったからあっという間の楽しい時間でした♪

「誘拐」
子供を誘拐された夫婦(ノブ)のおうちで犯人を突き止めるために身代金要求の電話を逆探知する警察。夫婦に話を聞く刑事さん(哲夫)、逆探知のプロ(大悟)、録音のプロ(西田君)、何もしない刑事(町田さん)。

子供がどこかに行ったのは子供のしつけがなっていないあなたたちのせいだという哲夫。「いや、もっといえばずっと一緒にいるのはあなただから奥さん!あなたのせいですっ!あなたが誘拐されたらよかったんですっ!」

そこに犯人からの電話。ピンと張り詰める空気。みんなの準備が整ってから受話器を上げるおノブ。用件だけを言って電話を切る犯人。「逆探知はできたか?!」「出来てません!」「録音は?!」「できました!」ぷぷぷ。

また犯人からの電話。少し長く話す犯人。電話を切った後「逆探知は?!」「やってませんっ!!」「録音は?!」「完璧ですっ!」

全く逆探知しない大悟刑事とどんな事態においても録音はしっかりする西田刑事。

「録音はちゃんと出来とんのんかっ。」なおノブ。

みんなが犯人のことでワチャワチャしている時銃を構えてみたりなんだか妙な動きをする町田刑事。誰もそこには触れないまま。

最後の電話で逆探知も出来たので犯人を捕まえに出る刑事たち+妻。残される夫。時間が経過。奥さんが遅いのを気にするおノブ。

そこに物音が。戻ってきたのはお風呂からあがってきた町田刑事。

・・・・どーいうこと。

VTR 大悟Ver.
前回に続いて大悟の飽くなき挑戦。「長い棒の先端に付けた帽子を落ちてきた瞬間にかぶる。」
◇見守る人→津田君&藤崎の2人
なかなか成功しない大悟。おしい瞬間があるたびに。「う~~~わっ!!あとちょっとでしたやんっ!」な津田君。やさしい子弟です。
棒が落ちる瞬間に「おっ!」という津田君。やさしさが仇となり、「お前が声出すからっ。黙ってみとけ。集中力がなくなるわ」と逆切れされる羽目に。
大悟が集中する中パタパタパタとスリッパの音。後ろをフラーと通って部屋から出ていく時くん。ブッフーーーー!!

「なんや?あの子はヤ●ザなんか?」の大悟。ブッフーーーーーーーーー!

最後無事成功でおしまい。

「魔女の呪い」
王子(おノブ)とお姫様。ラブラブな日々を過ごしているとそこに現れる魔女(水口さん)。「お前はこの姫が若いから目がくらんどるだけじゃわい。あらぬ姿になってもまだ愛しとるとでも言えるんか!くらえ~~~~~~」と魔術を姫にかける魔女。すると姫が大変な姿に(ギャロップ林君)

これはいかんと3人の勇者(笑い飯+大悟)に魔女をやっつけて来いと頼む王子。
一人一人闘いに行くもすぐにやられたと帰ってきては「額にしわをいれられたからもう戦えない!」だとか「立つと片足が少し曲がってしまうようにされたから戦えない!」などいってヘタレな3人勇者。「もう俺が行くっ!」と結局王子が魔女退治に。

「これでもくらえ~~~!!」
「にゃーーーーーーーー!!」

もどってきた王子「あれは猫お化けだったぞ!!」・・・・そやけど(笑)

元通りになる姫。
自分のした闘いに大満足の王子。未来の王国のことを思う熱弁を永遠と訴えかける王子。これがものすごく長い。ずーっと話している所で暗転に一瞬なるもすぐに明転で再度話し続けるおノブ。そして暗転でおしまい。

内容よりも猫お化けっ。
1日前にこんな所にっ。

VTR 西田君Ver.
カメラを回してる女の子スタッフを鬼ごっこ方式で追いかけ続けるっていうVTR。
・・・・なにそれ?ぷぷぷ。

「ドッキリ」
天津の向君へドッキリを仕掛けることに。そのリハーサル風景。
ディレクター(哲夫)、AD(功太)、ドッキリの札持ち(大悟)、迷彩服に葉っぱをまとったカメラマン(おノブ)。ドッキリ仕掛け人の師匠(西田君)とその弟子(林君)

ものすごく覚えの悪い師匠。
だけどもOKを出すディレクター。
それにキレるおノブ。いつでもおノブはぶちぎれキャラです。

その後もうまい事ドッキリが進まなくって終始ぶちぎれるおノブ。

理不尽なドッキリにどんどん進んでいくけれど他の人は全く動じない。
何度もリハを重ねるは「カメラマンのせいで~~~~すっ!!すんませーん!!」
その度に葉っぱの陰から「カメラマンのせいではねえど~~~~~~~!!」のおノブ。

なによりもこういうときにしっかりこまかいところまでまじめにお芝居をする功太の姿に少し感動さえしました。

VTR おのぶVer.
前回同様、楽屋インタビュー。

「え?これ情熱大陸の密着ちゃうの?」

「悩み」
どうもおならの音が人より高い・・・とみんなに相談する哲夫。高いとかの次元ではなくってもうホイゥトニー・ヒューストンの高温並みだと。誰かが高い音になるってことはどこかに出来たできもので空気の通り穴が細くなっているから高い音になってるんじゃ?!重病なんじゃ?!となったのでどんどんどんよりする哲夫。

「出るっ!」とみんなに聞かせようとする哲夫とそれを聞こうと静まりかえるみんな。

「ブゥゥゥ~~~~~~」

普通。

「いつもはこんなんちゃうっ!ちょっとおしりの穴を狭めたら出るかも!ちょっとおしりを両方からおしてみて!!」と哲夫。

なに。
練習でこれを夜な夜なやっていたかと思うとプププってなります。

VTR 哲夫Ver.
モーグルきたーーーーーーーー!!
さんざん昔っから聞いてるけど実際してるところ見せてくれるわけでもないから、ほんまに~?とひっそり思っていたりもしたんだけど、凸凹をスマートに滑ってました。嘘やなかった、ごめなさい。

謎の外国人キャラで終始何語か話してるんだけど、こんなにへたくそな片言外国語を話す人も珍しい。そこも哲夫。

後ろに座っていた女性が「これ作ってるやんな?こんなに滑れるわけないやん。合成?」と言っておられました。本物です(笑)

「ツッコミ水口」
え?!単独前日に?!?!
出してくれるんうれしいけども。

それよりもひたすら水口さんが突っ込むコントってなに。

「好きなものは好き」な笑い飯がものすごく出ているコント。

学園コント。先生の哲夫にテストを返してもらうのを待っている生徒(西田君、千鳥、水口さん、功太、向くん、村田くん)

一人一人にテストを返すたびにボケる哲夫先生。
それに一つ一つ思いっきりつっこんでいく水口さん。
ブフーーーーーーー!!

「だいたいなんやねん!「ツッコミ水口」って最初っからオチばれとるやんけっ!あほかっ!!」ぷぷぷぷぷぷ~~~~。

笑いをこらえる西田くん。

水口さん一人を残してみんな教室を去るとどこからともなくあの音楽が・・・・
~踊る大捜査線~

エアードラムーーーーーーーーーーー!!
「やらへんって!ちょーーマジで?!なんやねんこれっ!!」と何も知らない水口さん。エアードラムを慌ててしようとして座ってエアースティックを振り上げたところできれいに暗転。

ブッフーーーーーーー。

だから単独一日前に(笑)
練習させてあげて。

「ツッコミ水口」
これこそカメラ入ってる時にしてほしかったコントです。
コントというよりも笑い飯の為にごちそうの時間。

今回も期待を裏切らず「笑い飯と千鳥の」ユニットコントライブだったです。
たぶんがっつりコントを楽しみに来た人にはちょっと物足りなさもあるだろうこのイベント。
私もきっと「笑い飯と千鳥の」じゃなきゃ行かない。

笑い飯と千鳥がたのしんでやっているのを軽い気持ちで見に行くのがこのイベントの醍醐味です。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。