☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ダッツアフターパーティ 6/2

DATZから2週間たっての「熱が冷めてきた頃」の梅ダッツ(・・・ネーミング)。
DATZのアフターイベントということで当日を振りかえるイベントでした。

各チームキャプテン
・ロッシー
・哲夫
・オノブ
・功太&津田君「千日前フリーキックというのはフットサルにはフリーキックはないというボケです」
・NON STYLE
・ジャルジャル

そしてMCの清水さんで行われました。
スクリーンに映し出されるそれぞれ対戦カードの試合のダイジェスト。

もう、向君の動きがたまらなくかわいい。丸いったらない。
ちょこちょこと丸い向君がボールをゴール近くまで運び、やっとGKの前まで辿りついたのに疲れて足がもつれてボールをける前にこける。
かわいい。丸い。

後藤君の活躍を見るたびに「カッコつけてる!!」「白いです!!」とヤイヤイいう功太&津田君。悪い顔。ぷぷぷ。「カッコなんてつけてへんわ!!」な後藤君。完全に先輩2人のおもちゃです。

全チームの中でほぼGK経験がなかったのが本坊ちん。
「本坊かなり頑張ってたなぁ」と清水さん。
チームの勝敗を握るところが本坊ちんのセーブ力だったというくらい本番直前まではダメダメだったらしい。
「怖いわぁ」とずーっと練習中言っていた本坊ちんに、石田君が名アドバイス。

「本坊さん、僕たちは高い所に登ったらそこから飛び降りたくなるタイプでしょ?!ボールにもクラッシュですよ!!あたりに行ってください!!」

この言葉がプラスに。「ボールに当たりに行くのが楽しい!」な本坊ちんへ。


全チームの試合を振り返ったところで・・・

もう一度見たい場面(キャプテンアンケート)
キングカズ登場
スーツケースを持って登場のシーン(マフラーの長さったらない)から試合中のカズまで。
ついでに大会テーマソング?を歌うジャルジャルの曲を聞いてしっかりと胸に手を当てて日本を掲げていたのはカズのみ。
映し出されるジャルジャル二人の曲を見て「滑ってるやん!なにこれっ!」の津田君&功太(笑)

新名の謎の行動
新名君のゴール後のボールを持って猛ダッシュの行動よりも滑っていた人がいたという話に。
映し出された映像は哲夫の負けた後のごあいさつ。
「応援に来てくれた皆様にお答え出来なくて本当に申し訳ありませんでした!!」のあいさつの後にあんなに盛り上がっていた客席がシーン。
あれ?と思いもう一回同じことをしてもさらに客席シーーーーーーーン。ブッフーーーー。鉄のハートです♪

哲夫さんのチーム応援する人がいてなかったんちゃいます?という声に、今日来てるお客さんにどのチームを応援してたかを聞くことに。まんべんなく拍手がなる中、チームZEEBRA5がパラパラ拍手。
哲夫のチームは以外と拍手。チームホソミーにものすごい拍手。

「・・・・・ちょっと、リアルに人気無いのノブのチームやん!!」ということに(笑)

その流れでオノブが「このZEEBRA5って言うのもなんなんな。このチーム名は昔哲夫さんと僕が住んでたマンションの名前で、チームカラーを黒と白のストライプにしたくて「ZEEBRAちょうどいいやん!」、チームも5人やし「ZEEBRA5いいやん!」ってなったんですけど・・・」と長々と説明をするのに全く客席反応せず。

時間を返せ!といわれるおノブ。

そのおノブを見て何かいった哲夫にも全く客席反応せずで自ら「時は金なりですね」と。
それを聞いたお客さん&出演者全員ポカーン。ブッフーーーーーー。

ゴールキーパー水口
きた♪
水口さんの名シーンをダイジェストにお届けした後なぜかスローになりBGMはQUEENのWE ARE THE CHAMPIONでいきり立った水口さんの指立てチッチッチが。
VTRの最後は水口さんの背中で終わるという何とも普通だとかっこよすぎるVTRに。
でもそこは水口さん。やっぱり水口さんのままでした。

ということで一通り振り返ったところで

優勝チームFCホソミー登場
客席から登場。
先陣を切って本坊ちんがあるいてくる・・・・・ん???????????
他の人は当日着ていたユニフォーム姿なのに、先頭に歩いてる本坊ちんだけがレプリカTシャツに
ジーパンにいつもの靴・・・・・。

「かわいてなくて・・・・・・・・忘れました。だってそんなん誰にも聞いてへんもん!」と・・・・・・・・
忘れものには注意です。

ちなみに仕事前に水口さんとネタ合わせをしていた本坊ちん。
「水口のカバンの中見たら、ユニフォームとサポーター一式が入ってました。」ププーーーー。

そんな出だしでまずはチーム一人一人が感想&ごあいさつ。
それぞれみんなが水口さんから言われた一言を交えてごあいさつ。どこでもいきり立つ水口さん。
そんな水口さんは試合後1本の指を残して全部指が折れていたそうです(笑)その残された指も翌日怪我により負傷したとか。・・・・水口逸話でした。

誰にでもいきり立つ水口さんなのに、唯一「僕は何も言われなかったです」とベリーベリー上田君。
津田君から「誰ですか?」、後藤君から「ヘリー・ヘリーさんですか?」といわれ意気消沈。

続いての本坊ちん。
清水さんからマイクを向けられると泣きの演技に。「・・・優勝…できて・・・・本当に…・うれし・・・かった・・・・・です。」なにも広がらない光景に後ろで聞いていた哲夫やオノブが「あかんぞ。これはあかんぞ!清水さん」(笑)

あんなにやさしい清水さんも「地獄や・・・」と。ぷぷぷ。

「本坊、どうにかせーよ。」と清水さんに言われ、
「終電に間に合うかは俺次第や。」と。ブッフーーーーーーーーー。はじめから本坊ワールドわんさかで♪

みんな揃ったところで梅ダッツクイズ~~~~。
お客さんに◎×クイズを出して残った3人へFCホソミーメンバーサイン入りグッズをプレゼントというコーナー・・・・・全員立つ所から始めるクイズ。後々考えてもたつ意味があったのかいまいちわからない。

最後4人が残る。
じゃあ。と誰かが哲夫のT シャツを脱がせそれも入れて4人にあげるということに。脇の部分がビッショビショの哲夫Tシャツ(笑)「哲夫さんの脇汗は無臭ですので!」となんのフォローかわからないフォローをしてくれる功太。

残った4人さんジャンケンで、最初の方はサイン入りボールを。

次の方がサイン入りFCホソミーTシャツを。
渡してきてといわれた本坊ちん。「それーーーーーー!!」と言いながら舞台からお客さんがいるあたりに向かってほおり投げました・・・・・・えぇぇぇぇぇぇ?!
あまりの自由奔放さに私は面白かったんだけど、よく考えてもらう立場になったら”お前何してくれとんねん”とならざるを得ないなともなる行動で。

お次の方がFCホソミーサイン入りタオルを。

そして最後の方が(残り物の)哲夫Tシャツを。
差し上げる前にどこからともなく「サインを書いてあげたらどうですか?!」の声。
当初予定がないプレゼントです。お客さんからそのような声が飛べばせざるを得なくなってしまうのは当たり前のこと。空気が止まってしまう光景がそこに出来る・・・・一瞬にして曇る顔もちらほらり。
そういうところは見たくないのです。もちろんもらう側としては確かにうれしい一言だったかも知れないけれど、言葉を発したいのであれば場の雰囲気を見てからの方がいいのでは・・・・とおもう瞬間でした。


そんなこんなであっという間におしまいです。

このイベントでロッシーが発言した回数約3回ほど。
レッドカードをみて「あっかいな~」。癒しでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやいや~。水口さん、ほんまおもろいなぁ~(笑)
あんな良いVTRやのに、それでも水口さん(笑)

リアルにおのぶの人気のなさ・・・
なんでやねん!!

小愛 | URL | 2008年06月08日(Sun)10:41 [EDIT]


→小愛
有難う(笑)
ほんまに。
たいがいの人あんな素敵なVTR作ってもらったら
男前に見えるのにな…おっかしいなぁ。

あはっ!おノブ・・・・。

まあちゃん | URL | 2008年06月10日(Tue)21:48 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。