☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャルジャル単独 「ジャルってんじゃねーよ」

 末恐ろしいコンビbaseには潜んでいたもんだ。最初から最後まで完璧だった。正直、今まで行った単独の中で一番クオリティの高い舞台だったと思います。笑い飯も麒麟も千鳥もソラシドも天津も面白くて大好きで大満足でかえってくるけど、それぞれの良さがあるけど、比べるのは本当悪いけど、これからも行きたいと思うけど、ジャルジャルに感動してしまいました。


 あの舞台にはいらないものは何もなくて、「笑い」だけがあった。

コントをするジャルジャルはただ舞台を進めるために用意された演技者にも見える。本人達は余分な言葉は一切出さないし、楽しんでいるけど笑う事がなくてただただコントを進めているかんじ。なんだろう。本当に「笑い」だけがそこにある感じ。


 初めての単独ライブだと言うのに、満員御礼。立ち見まで出ていてびっくり。(お友達とか親族の人も多そうだったけど)

 幕があけると、マイクが一本。え~~~~~~~!!!漫才するの?!
ドキドキしていたらスーツ姿の二人が・・・えぇ~~~!!本当に漫才?!普通に話し始め、漫才をほんの少ししてタイトルコールで始まり。

 
コント「人間シュレッダー」
洗濯機を売りに来る営業マン(福徳君)、取引先の会社員(後藤君)ガ机を挟んで座っていて、洗濯機のカタログやら資料やらを後藤君に見せるんだけど、それを読まずに破る後藤君。「それよりもおたくの店の配置に文句がある、ちょっとこれ見て」と後藤君の差し出した紙を手にするや否や破る福徳君。それがずっと繰り返される。「破る」中心にあるのはそれだけ。それなのに、すごくすごく面白い。

コント「理解不能者~野球部入部~」
野球部の先輩(後藤君)と麦藁帽子をかぶった新人さん(福徳君)。人の言う事をまったく理解できない新人さん。「まずフォームを教えるから。まず腰を落として」と言われると「腰を落とす?!腰をとって落とせばいいんですか?」(笑)「いや、腰を落とすんだよ。こうして、腰を入れて、下に落とすの。」「・・・・・落とす、腰を?」「あー、僕がするとおりにしてよ!」。こんな感じでずーっと続く。「ちょっと麦藁帽子脱いでよ」と注意する後藤君に「これは脱げません。入学式の日に校長先生がかぶっとけと言っていたので、脱げません。」あは、なんじゃそれ。「きっと解釈間違ってるよねぇ。もういいよ、じゃあバット触ってみようか」と後藤君がバットを差し出すと、やわらか~いタッチでバットを触る福徳君。ぷぷぷ。「いや、これをこうやって持って、振ってみて」と言われると、優しく握ってコショーをふるようにバットを振る福徳君。顔もまたかわいいんだ、これが

コント「ファッションショー」
ファッションショーの前日。練習をする二人、なんでか歩くたびに股からピンポン球が落ちると言うだけのコント(笑)終わる頃には舞台上はピンポンだまだらけに。

白黒VTR
コントとコントの間のVTR。白黒の画面にパイプ椅子が二つ。画面が切り替わるたびにサングラスをかけたり、帽子をかぶったり、鼻めがねをつけたり、裸になる二人が。終始真顔。時々自分達に笑いそうになるところがかわいい。

コント「転校生」
先生の福徳君と転校生の後藤君。「自己紹介をして」と言われて「はじめまして、今日からよろしくお願いします。にぎりっぺしんじろうです。」という後藤君。「あははははは、面白いなぁ~!じゃあ、今度は本当にちゃんと自分の名前言って。授業はじめるから」と言われ「はい、えーと、今日からよろしくお願いします。にぎりっぺしんじろうです。」と(笑)あとは終始、この調子。もういいっ!授業をはじめると怒る先生に土下座をしてまでごめんなさい自己紹介させてください!という。で「お前の名前はなんだった?言ってみろ」と先生に首根っこをつかまれて「○○○○(すごい普通の名前)です」と返す。「そうだろ、じゃあそれを言って席に座りなさい」。「えっと、引越ししてきました・・・・にぎりっぺしんじろうです」(笑)先生にブチ切れされて廊下に立っとけ!といわれたときに後藤君が本当に小さく「なんで言えないんだ」て言ったのが面白かった

コント「写真撮影」
「現代のデジタルカメラ、撮影時間0.005秒」と言うような文字がスクリーンに映し出される。「江戸時代では・・・・・」と続いて映し出されて暗転。明るくなった舞台に座る後藤君と横に立つ福徳君。どうやら、昔のカメラは焼き付けるものだったので時間がかかると言うコントみたい。何分くらいだったかな・・・・テレビ番組だったら完璧に放送事故なくらいな時間5分くらいはあったんじゃというくらい長い間ものも言わずまったく動かず一点を見つめる二人がいました(笑)そのまま暗転。スクリーンに「いーっぱいいーっぱいかかったよ^-^」て言う文字が・・・・・。ふざけすぎにもほどがある(笑)面白すぎた。

コント「6時から塾」
「相撲しようやぁ」と言う福徳君と「6時から塾やからそれまでだったらいいよ」と言う後藤君。じゃれ合う様に相撲をして遊ぶ二人、だけど突然「時間大丈夫?」と素になる福徳君。「う、うん。まだやん。」と答える後藤君。また相撲開始。また流れを突然切って「6時じゃない?」という異常な気を使う福徳君。その繰り返し。また相撲をとったところで「6時やからもういかな」と後藤君が言うと「なんで?」とすぐさま返す福徳君(笑)さっきまでの気遣いはなんだったのか・・・。「もうちょっとええやん」とワガママを言い出す始末。そんな福徳君にポツリと「お前なんか性格変わったな。家燃えてから。」と後藤君が。ピュ~~~~~~~~~急なシュールさ。見るほうがオドオドする(笑)


コント「理解不能者~歌手ver.~」
プロデューサー(後藤君)と麦藁帽子をかぶった新人さん(福徳君)。はて?さっきも見た光景・・・・(笑)「七月に頭に出そうと思うから、曲」と後藤君が言うと「え?!7月の頭に・・・・出す?頭を出すんですか・・・・?え?!」アハーーーーーーーー、野球部の新人の子が社会に出た!(笑)「SMAPの「世界に1つだけの花」のカバーにするから、作ってきてっていったよね?もってきてくれた?」と言われると「はい、これ。」とMDをデッキに差し込む福徳君。再生。流れてきた曲が最強に気持ちが悪い。チャゲアスの曲に乗せて変な声で「燃えて散るのが恋。おれは桜島。一人咲き~♪」とうたってる(笑)桜島て!「・・・・・SMAPの曲って言ったよね?」「はい。これそうですよ、カバーです。」と言ってもう一回流す。「燃えて散るのが恋おれは桜島一人咲き~あぁぁぁぁ、あぁぁあぁぁ、あぁぁぁ、桜島~、桜島~♪」ブフーッ。「どうでもいいけど帽子脱いでよ」と言われると「高校時代に野球部の先輩に脱いだらダメだって言われたんです。校長先生にも言われました」(笑)やっぱりさっきの子だ!


「ストリートミュージシャン」
ストリートミュージシャン(福徳君)と一般人(後藤君)。
「最近変なミュージシャンがいるらしいんだよなぁ~」という後藤君。そこにギターを抱えてでてくる福徳君。ガチで尾崎の「I LOVE YOU」を歌う。
「きしむベッドの上で~♪」と歌うとすかさず「こわれてるやーん!」と後藤君。「きつーく体抱きしめあえば~♪」には「息出来へんわ!」と。「それからまた二人は目を閉じるよ~♪」には「いや、二度寝気持ちいけど!」と(笑)へんなのは一般人の後藤君というもの。


コント「インタビュー」
インタビュアー(後藤君)とサッカー選手(福徳君)。なんでかインタビュー中に無表情に飛び跳ねる二人。舞台上を無表情に飛ぶ二人。異様な空間。


コント「葬式」
アーティスト二人の友人のたかしくんのお葬式。ご親族の方にお辞儀をして「たかしのために書いた曲を歌わせてください」と言うと、笑いなしのヒップホップを歌いだす二人(笑)これがまた少しいい歌だって言うのが面白い。


エンディングVTR
エンドロールのあとに今日やったコントと同じものがコントタイトルとともに映し出される。で、今日コントごとにトレードマークの(?)Tシャツの色がちがかったんですね。そこもいちいち面白かったんだけど。何にも触れないんだけど、毎回出てくるとTシャツの色がちがうんです。最後の方なんて(なんなん、そのTシャツの色!どこに売ってるん!)って言うな色のものを着てたりしてて、友達と二人で笑ってたんですけど。その映像の最後に「UNIQLO」のロゴが映し出されて、下のほうに「今日着ていたTシャツはすべてUNIQLOの製品です」と、CMチックになっていた。

完璧。こんなところにまで完璧にオチを作ってて脱帽。

VTR後に舞台が明るくなると、コント間のVTRで出てきていた鼻めがねの後藤君と、サングラスの福徳君が。一言もなしにお辞儀をして幕がしまった。

本当に完璧。

ジャルジャルとしての言葉は今日一言も耳にしなかったんです。今までの他の単独だと最後にエンディングトークがあって、いいわけ的な言葉とか、それまでのいきさつとかいろいろ話したりするんだけど、ゼロ。自信の中にある「笑い」を見せてもらったような気がして、感動です。「アホやなぁ~」がきっと最大の褒め言葉。不満に思う点なんて1かけらもない。あの会場に不満をもった人がいたら顔が見たいもんだわ~。

 本当に、すごいコンビがいるもんだぁ。次世代のbaseはここにあるのかもしれない。だとしたら、とっても笑いに貪欲な舞台が見れる劇場になるだろうなぁ

 おちおちしてられませんよ~!








スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごいな!!めちゃ褒めやん!!
見たかったわぁ~!!
ってか、1Hライブやのに、コントの数よ!!
すごすぎるわ!!
しかも、コーナーなし!!
すべてネタで還元してくれるところが本当にすごい!!
そういう姿勢好きよ(^^)

小愛 | URL | 2006年06月28日(Wed)00:33 [EDIT]


→saai
褒めるところしかなかったん!!(笑)
怖いもの知らずと言うか度胸が据わってるというか、信念がすごいと言うか・・・・・。
大好きな姿勢だよ、わたしも!

まあちゃん | URL | 2006年06月29日(Thu)00:36 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。