☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大喜利ライブ

 週末お休みを挟んで残りの3連ちゃん。

今週一発目は「大喜利ライブ」。巷はお祭りです、浴衣の女の子もちらりほらり。でも空席もちらりほらり。お祭り取った?そういえばゴー傑Pのストリーミングが面白すぎました。花火博士が今年の夏も下り立っていますあの知識をなかなか生かす場所がない現代・・・・。すごいのになぁ。

 
出演:笑い飯、千鳥、功太、ヘッドライト町田さん、ジャル2福徳君

 福徳君キタ━━━━。+゚(*´∀`*)。+゚━━━━ !ワクワク。和田さんじゃなくて少しだけ残念。


 OP
オノブのメンバー近況報告。西田君のヘアーカット(前回も言ってたよ?)、哲夫の新車。「哲夫さんに「峠責めするぞ」といわれまして(←爆)、二人のりの車に無理やり4人で乗っていったんですけどね、これが遅くて遅くて走ってきた軽に抜かれるというねぇ。」ブッフー!
「時々裏に停めてあるんで、見た人は蹴っていってください。」


 演芸コーナー
・藤崎マーケット田崎さん 上甲監督 ・・・・似てたっ。トムハンクスとランボーが面白すぎた♪

・天津木村君  詩吟 師範代木村(
 キム師範来た!!本格的な衣装を身にまとい、baseの舞台で詩吟を歌い上げる姿は素敵でしたよ(笑)木村君、向君のキャラに負けじと模索中なのかもな。ふふ。でもこれ大好き。邦楽を詩吟風にでは、

♪ペキィンゥゥゥゥベルゥリィィィィン、ダァブゥリィィン~♪(PUFFY)
♪アイワナビィィィィィイィィィ~ユァアァポォップスタァァァァ♪(堅)

など。後は広辞苑で意味を詩吟で。

笑点風大喜利

挨拶は西田君はファンレター、哲夫が新車、大悟は・・・忘れた。

・サザン+TUBE前田の写真パネル大喜利

・ノブのトワイライティングゲーム大喜利
 各自懐中電灯をわたされ暗く暗転すると、ナレーションで「男が振り向くと・・・」と流れる。後は哲夫曰くタケノコニョッキの法則で、懐中電灯をつけて話す、次の人が見計らって懐中電灯をつけて話すのリレー。ただし光がかぶったらやり直し。

 暗転→ナレーション→みんなつける
 暗転→ナレーション→哲夫のがついたのを確認するようにして西田君かぶせる
 暗転→ナレーション前に福徳君→みんなから説教
 暗転→ナレーション→みんなつける

をずーーっとやってた。私はこんなのが大好き過ぎるのでずーっとやっていてもらってもかまわない♪だけど、舞台から見る限りオノブさん曰く「客が睨み付けとるんがわからんのか!はよ、せぇよ!もう、出だしは哲夫さんが言うってことにきめるわ。」

 暗転→ナレーション→哲夫・・・を確認して西田君

バフー!「よければ皆さんもノブのトワイライト~遊んでみてください~」とノブ君が締めた。プププー!何にも大喜利してない(笑)

ライブ大喜利

・「ボクシングのセコンドがニヤニヤしていたなぜ?」
福徳君「打たれて鼻が潰れていたから」こわっ
功太「BOXINGをボックスイングとよんだ」ブッフーーー!
福徳君「鼻が魔女っ鼻」また鼻!
・・・・鼻の答えはもう出すなとノブ君に怒られる。
哲夫「リングの紐を張っている人がいた(ロープの事)」

「おいー、福徳!まったくペンが進んでへんやんかぁ。お前、鼻とったらなんもないんか!」(爆)

フリップをめくる福徳君の後ろでオノブがストップ。「ちょ~、見せてみろやぁ」とめくり返されたフリップには、

「鼻の黒ずみがすごい」

て書かれてた。プププーーー天才児ココにもいたなぁ。


・「扇風機会社に届いたクレーム第一位とは? 」
西田君「風でなびくビニールがついてない」
大悟「羽じゃなくて、軸が回る」
西田君「電源入れたら飛んでいった」
功太(?)「羽に少しずつアニメーション書いたのに動いてみえない」
哲夫「ファジーにしたいんですけど」その後オノブに責められて説明タイムに。まったくうけず。ぶっふーーー。「普通ココまで説明したらうけるのになぁ」バフッ。
西田君「うちの子が8本、指を切ったのよ!」こえぇっ(笑)
哲夫「羽にニスロスが絡まってるんですけど」拍手がチラホラ。ププ。


・「テポドンの先端に意外な物がついていた。それは?」
町田さん「ノドン」
大悟「テというロゴ」
大悟「ゆう者シート」←なにそれ(笑)
哲夫「ニフロスシート」うふ。
大悟「ゆう者操縦席」←はじまった。
大悟「ゆう者ハンドル」
・・・「お前一個もゆう者のゆう漢字でかかんやん」とオノブ(笑)
大悟「イン●ドン」・・・・・。アレだけゆう者ひきづってたのに、いきなりの方向転換(笑)
・・・「ド下ネタやないか!次のお題行きます~」←最近権限を握ってきたオノブ司会者

・「聞いて居る人全員がつっこんだ、稲川淳二の怪談話の出だしとは?」
福徳君「僕が現役でサンフレッチェ広島にいたころ」
西田君「こっわいぞ~」←絶対に言わん(笑)
福徳君「喋り出したとたん下唇が取れた」精神的にどうにかなってると思われる。
哲夫「スピリチュアルな~」・・・・始まってしまった(笑)
哲夫「これは本当にあった江話なんですが・・・」・・・・
大悟「(台詞)・・・・・江江江」ぶっふ
哲夫「空江が」オノブ激怒(笑)
功太「せい江原う~」ぷぷぷ
大悟「(ウ冠+江の造語を書いて)ルナと読む」・・・・怖すぎる
西田君「(さらにわからない造語を書いて)マナボォー(だったか?)と読む」・・・・怖い過ぎる。
福徳くん「江原オカマ」←コラーーーー!(笑)
哲夫「(ちょびっと台詞)せ江ろ?」バフーーーーーーーーッ!

おしマイケル♪

相変わらずのとりつかれっぷりが面白かったです。

ココで今日の出演者登場。詩吟師範代木村君、本格的衣装着替えずで再登場。西田君が「江原やん(笑)」と(爆)本当に、オーラの泉の時の江原さんのコスチュームにそっくりで。木村君から和みの神様が離れる時はないんだろうなぁ。

アレだけ今までしてきている「さくらんぼ」の告知はせず(笑)お客さんの層を選ぶな~。ぷぷぷ。最後まで面白かったです♪

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。