☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大喜利ライブSP

 半年に一度のお祭り。

baseに続く階段で、水口さんに遭遇。そのあとにプラマイの岩橋君。興味なし。

「ソラシドでるんちゃうーん?」の友達の声。

でなかった・・・・・・。グワシ、水口さん。期待させんで。

出演者:笑い飯、千鳥、ダイアン、天竺鼠 川原くん(!)、ジャルジャル(!!)、向くん、功太、ネゴちん、和田さん、ウーイェイ

SPゲスト:東京ダイナマイト。(ワーイ!)


演芸コーナー

東京ダイナマイト 漫才「歌が歌いたい→お父さんからの手紙。」
 
 久しぶりにネタを見ました。二郎さんかわいい。お地蔵さんみたい。仏様みたい。大喜利用に着物で漫才でした。もちろん松田さんは白黒、二郎さんは赤白。待ったりした雰囲気。

笑い飯/千鳥/ジャルジャル コント「船乗り」

 ・・・・なんだこれ。120%やらなくてもいいコントだったと思うけど(笑)哲夫がおもしろそうにやっていたので、それでいいと思います。いらないとは思うけどΨ( `∀´ )Ψ
 船長の哲夫、普通の乗組員の西・大・福・後。テープで顔のありとあらゆる部分を押さえつけたガリバー役のオノブ(←そんな扱い)。茶番、茶番、茶番、最後まで茶番のコント。終始イキイキの哲夫。どうしようもない雰囲気の中どうしようもない決め台詞で去っていったオノブガリバー。何だこれ。

武智君 漫談

 正直もういいと思う。毎回やっていて笑ってるのは裏と極少量だと思うし。一番前に小さな女の子がいた。事前もってお客さんの世代なんてわからないと思うけれど、別にどの世代にもうけるネタじゃないと思うし。「暴力とセックス」なんかで売れる時代なんてこないもん。今更キャラもかえれないと思うけど。ボーダーラインをわきまえればいいのに。どうせやるなら、笑えるラインまで作り上げてやって欲しい・・・ないと思うけど。


東西対抗大喜利バトル(?)

下・川・功・哲・二郎さんチーム vs 津・和・大・西・松田さんチーム

挨拶で自分の名前を「大林」と言った下さん(笑)
「さっきまで大林と電話しててん」・・・・ブフー。

「バイトをしています。休みの日も寝ません。もう5年寝ていません。そこのところよろしくお願いします。天竺鼠、川原です。」

「先日天橋立に行きました。これで日本三景を制覇しました。●●と、●●と、●●と●●。(←4つある)笑い飯、哲夫です」

「並木道を歩いていたら、コスモスが咲いていました。もう秋ですね。東京ダイナマイト、ハチミツ二郎です。」←本物ぽい(笑)

後は忘れました。(松田さんチームごっそり覚えてない・・・・・)

あいうえお作文

引っ掻き回す次世代川原。天才だわ。本当に。舞台持っていくもん。それがハズレなしにおもしろい。「~でやんす」

さ行が当たった二郎さんチーム。
下さん→最初で最後にしようよ
川原くん→しっかり働くから(?)
功太→好きなお前と是非(?)
哲夫→てんぷらを~

・・・・天ぷら?オノブから「サ行ですよ!」
「え?サ行はサシス「テ」トじゃないのん?」バフーーーーー!あぁ、キモオモ。

松田さんチーム。ラストの松田さんの答えたあとの形相。自分の不出来さにぶちぎれる気持ちが形相にいっぺんに出た松田さん。なんでか睨みつけられる西田君と大悟。

替え歌大喜利

ゲド戦記の♪心をなにに例えよう♪で。

川原くん「子持ちししゃもを持ち歩こう」天才児。
西田君「床にお布団ひきましょう」きゅぴーん。
哲夫「この木何の木、木になる木」ぴったりんこ

次はミッションインポッシブルに乗せて。
どうにもこうにも大悟のテンポがかわいすぎる。そして、松田さんが上手すぎて笑いよりも感心が先にたつというハプニング。

大喜利ジャンケン

両チーム順番にジャンケン。勝ったほうが答えになる単語を言う。負けた方はその答えのお題をいう。川原くんが神に見えた。大きな未来を背負った子です。強豪をなぎ倒すなぎ倒す。勝っても負けても結局勝つ。

「チョコレート」と言われたら「漁業で大体と言っていいくらい網にかかっているものと言えば」

川原くんの神的貢献で二郎さんチームの勝ち。

一番好きな答えは、大喜利王西田君の

かば」と言われたら「動物園で園長の次にえらい人は?


フリップ大喜利

司会:オノブ /和田さん・西澤君・ネゴち・大悟・西田君・哲夫

私服のメンバー。いつもの装いの笑い飯。TOMMYのTシャツ大悟、小学生のような出で立ちのネゴちゃん、大好きな柄のTシャツの西澤君、どうしようもない和田さん。


マクドナルドに関するお題で、病的に「バリュー」という言葉に取り付かれた哲夫。誰も乗らないものの、一人で十分堪能していたからよろしいのではなかろうかと。

「バリューはもうええわ!」とオノブたんの激がこだましました。

そして、「ジーコがオシムに言った一言とは?」では、大悟がまだ「カジ」ノリを引っ張ってました。3ヶ月に渡ってのまさかのカジノリ。あの哲夫もついていかないと言うね(笑)

「台詞+~せやろ?」ノリ。
哲夫:「台詞+~せやろ」
大悟:「台詞+~せじゃ」

当てられてもないのに、マイペースの神、和田さんが自由回答
「台詞+~」

まったくノリについていけないネゴちんと西澤君。プレッシャーをかけるノブ君。悩んで何かを書いたネゴちん、違うと思ったのか用紙をめくるネゴちん。そこにかかれていた3文字「ポポポ」ブッフー!かわいすぎる!!その横で何か書いた西澤君がうと思ってめくった用紙には「ABC」ブッフー!ゴロだけやん~!!

シチュエーション大喜利

司会:オノブ /笑い飯・大悟・向君・ウーイェイ・ジャル2

キ●ガイジャル2にきゅんきゅんしっぱなしでした。迷いなしに、あんなギリギリの事(何ならもうアウトなのかもしれない)を堂々と出来ちゃうだなんて素敵過ぎてバクバクします。

凄まじくうけない答えをする哲夫にもきゅんきゅん。笑→笑→笑→笑ときて一挙に「静」に持っていく哲夫さん(笑)その空気と、答えを出し切ったあとの哲夫さんと、そんな空気を作ったのにバンバン回答しようとする姿勢の哲夫さん。どうしたもんか♪

ピッチャー役→ボール投げる→打たれる→○○

お素麺を食べる→蚊が飛んでくる→○○

 ココでのジャル2の天才ぶりったらなかった。迷いがないって、若いって、度胸があるって素晴らしい。完璧に流れ作ってた。キ●ガイな流れに便乗する先輩。ボケよりもお素麺の食べ方に重点をおく面々。

バス停でバスを待つ→前の人が倒れる→○○

 エキストラの人の頭を叩く。叩く。叩く。その大きな流れを作ったのもジャル2。拍手。

フリップ大喜利2

司会:オノブ /笑い飯・大悟・功太・松田さん・二郎さん

いつもに増してbaseの神様を仰ぎながら探しながら答えを出す哲夫がおもしろすぎた。どうしたん。

最後に怒涛の「江原ノリ」。まったくついていけずの東京ダイナマイト。

「ハンカチ王子」とよく似たあだ名は?」

哲夫「江原」←始まった。
哲夫:「3番レフトスピリチュアル 江原」←不治の病です。
大悟:「江空」←この方も。
哲夫:「江フロス」←夢の共演。
西田君:「江玉」

怒涛の江原ノリに呆然とする東京ダイナマイト。その二人をプレッシャーの目でみるオノブ司会。それでも微動だにしない東京ダイナマイトに対して「一つでいいので書いてください」と、どSな発言をするオノブ司会者。

二郎さん:「少年江」←がんばった!
松田さん:「江りたて王子」←がんばった!!


お開きです~。

2時間SPと言うのが、きっとシチュエーションで異様に伸びたであろう3時間SPに。おなかペコペコ。

エンディングでは、武智君の最新のボケはなんなん?と言う事と、東京ダイナマイトに感想を求めてました。

「まったくついていけなかった。ニフロスはDVDで勉強してきたんだけど」と松田さん(笑)あの頃はまだ江原ノリがなかった時期だったものなぁ。

お疲れ様でした♪

※長すぎるため大喜利の内容大半省きます。雰囲気だけですいません。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よぉ覚えてるなぁ~!!すごいわ!!
どれも「そうそう!!」って思ったもん!!
わたし挫折したわよ(笑)
あぁ~、松田さん素敵やったわ~v-237
オノブはどSなのかなぁ~??
確かに最初は「東京ダイナマイトさんはオリジナルでいいんで。」
って言ってたのに、いつのまにか「1つでもいいんで・・」って言ってたもんね(笑)
2人は頑張ったよ!!おもしろかったもの!!

小愛 | URL | 2006年09月02日(Sat)23:22 [EDIT]


→小愛
最後の方めんどくさくなってるやろ?(笑)
大喜利ネタ書いてたらきりがなくなるねぇ。
松田さんおもしろかったね♪
二郎さんかわいすぎた。
ノブ君はきっとSもMも持ってるよ、あれは(笑)

まあちゃん | URL | 2006年09月03日(Sun)23:20 [EDIT]


東京ダイナマイト、M-1ツアーでそのネタ見ました。もちろん着物で♪
東京ダイナマイトっておもしろい!って遅ればせながら気付きましたw
哲夫、日本三景行ったんだー
我が県の松島にも行ったのね・・・

J | URL | 2006年09月04日(Mon)02:39 [EDIT]


→Jちゃん
東京ダイナマイトいいよねぇ♪
あのゆるい感じがなんともたまらない☆
なんか制覇したっていってたよ~(●´v`人)

まあちゃん | URL | 2006年09月06日(Wed)23:12 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。