☆happy elephant☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャルジャル 単独 「ジャルってんじゃねえよ」

 今日のジャルジャルもすごかった。

世代交代の時がジリジリと迫って来てる気しかしない。今あの勢いに勝てる人いないんじゃないかな、baseで。何事にも恐れない姿と、自分達の現状に甘えない真面目さと、迷いのない挑戦。なーんの無駄もないし、後にココがどうだったとかえらそうな事いえるようなものが一つもなかったです。すごい。

終わったあとに、おトイレにいたら若い子が「おもしろかったーーーー!なんであんなん考えられんねやろー、すごいなーー!全部おもしろかった!!」ってはなしてるのを個室で聞いて、ニヤニヤしてしまった。この感想本人達にも聞かせてあげたい。

1時間ライブでピッタリ納めて、詰めすぎくらいの数なのに全部楽しくて、あぁ、褒め言葉しかでてこない・・・・。麒麟がいった言葉も、ウソじゃなかったんだと思ってしまうくらい、笑いに対する姿勢にはすごい勢いを感じる。

たくさんありすぎて、順番バラバラだと思います。あしからず。

オープニングはセンターマイク一本。前回に続き漫才。もちろんスーツを着て、内容はなんだったか・・・とっても短い漫才。

コント「監督・助監督」

監督の後藤君と助監督の福徳君。もちろん指示を出すのは後藤君だけど、この監督自分の意思がまったくない。横の助監督の言う意見に何のためらいもなく自分の意見をかえる。最終的には二人の立場が逆転してしまうって言うコント。

コント「理解不能者~病院~」

きたーーー!前回に続いての理解不能者シリーズ。これ大好き
相手のいう言葉をまったく理解できない福徳君。今回は喉が痛いから病院に来たという設定。もちろん前回に続き麦藁帽子着用(風で飛んで行かない為のひも付き)。

お医者さんに「じゃあ、喉を見せてください」と言われたら、少し上を向いてのどの外観を差し出す。「え、それじゃあ見えないですよ」と言われると「あぁぁ!すいませんこの紐で見えませんね。」といって、帽子の紐をちょいと上にあげる。

「あぁなんて説明したら良いんだろう。喉をね、喉を開けてください」と言われると、「えっ?歯とか舌とかとれって言う事ですか?」(笑)それに続いて「舌を抜いちゃうとちょっと・・・・僕グルメなんで」ブッフーーーーー!

「僕難しい事言ってるかな、アーンって(口の周りを指でなぞるように指差しながら)アーンってしてください」と言われると「(同じように指で口の周りをクルクルしながら)アーン、アーーーーーーーーーーーーン」(笑)このキ○ガイ具合が最高に好き。迷いなし。

コント「瓦割り」

とっても重そうな瓦を運んでくる後藤君(持ってくるふり)。「これをわろうや。」といって交互に割る。頭で。割った後の頭を押える仕草がこれまたテレビだったら映したらいけない顔でおもしろすぎる。散々割った→頭が痛い→割る→痛がるを繰り返した後に「あれ?!瓦ないやん・・・。頭も・・・痛くないやんな」と空想のジャル2ワールド。飛んだ世界。

VTR

今更のチャップリン風VTR。え~~~~今それ?!だけど、新鮮(完全にジャル2に魅了されてるのかも)(笑)流行とかまわり回ったら、また。みたいなアレだと思います。

コント「学園祭~土森と杉~」

学園祭実行委員会?にくじでなってしまった、土森君と杉君。「だるいなー」「学園祭なんてなくなればいいねん」と終始けだるい感じ。二人で愚痴を言い合ううちにノリノリに。「俺接客なんてしたことないし」と杉君が言うと「なら学園祭まで3週間あるから、俺、バイトして接客学ぶわ!」(笑)「土森~~~!お前さすがやな!」と屈託のない学生の姿がそこに。

コント「水泳部紹介?」

怖い。怖すぎた。だけど、おもしろすぎた。ジャル2の迷いのなさが全面的に出てた。アレは普通出来ないと思う、よっぽどの信念なきゃ。受けるか滑るか二分の一の答えしか出ないようなもの。素晴らしい。

ひたすら水泳帽子、海パン姿の二人が舞台上を奇妙な動きをして歩き回る。というもの。尋常じゃない動き。


コント「ストレス」

家庭教師の後藤君と生徒の福徳君。受験戦争の真っ只中、溜まるストレス。はじめは先生の指導を素直に聞いていたのに、すごいタイミングいきなりきれる。先生を罵倒「このクソ野郎がーーーー!」といわれて少しづつショックの色が濃くなる先生。でもふと我に戻って平謝りの生徒を見て指導を続けると、またものすごい剣幕での罵倒。「修復できそうにもない」と切ない顔。それを見てまた平謝りの福徳君。繰り返し。

コント「ハンドイートマン」

一番のお気に入り。すごい。珍獣二匹舞台上に・・・・・。
家庭教師(?)の後藤君と生徒の福徳君。相手が見ていないときに相手のこぶしを食べようとするだけのコント。
 福徳君の顔!!「天才とキ○ガイは紙一重」という言葉が後ろに見えました。キ○ガイ萌えの私には神のような顔でした。

VTR

これまたチャップリン風。

コント「取り調べ」

彼女を殺したんだろうと取調室で言い寄られる後藤君。言い問答が続いていくうちになんでかSMAPの「ライオンハート」を大熱唱しあうって言うコント。それだけなのにこの二人がするとおもしろい。

コント「着信アリ」

出来る仕事人の後藤君と今度CDデビューを控えた福徳君。新しい曲を聴いてほしいと歌いだすと、後藤君の携帯がなる。それの繰り返しで、なんでか最後はうたいだすと自分から携帯を駆け出す後藤君。「お前変わったな」と福徳君。「お前変わったよな、土森」あのコー-ーーーーーー!!

「大きな車」

この二人の恐ろしさを感じざるを終えない瞬間だった。
舞台の端と端にパイプ椅子を。運転席と助手席の設定。「なぁ、斜線はみ出てない?」「おおぉん、ちょっとはみ出てるなぁ~」たったこれだけのコント。勢い~!

コント「おっさん物語」

演技力もかね添えた二人ならではの作品だった。涙でした(笑)
おじさん二人がベロベロになって話してる様子。「しょーもないおっさんや、お前と飲んでもしょうもない」「こっちの方がおもんないわ。お前の方がショーもないやんけ」「はぁ?しょーもないおっさんにしょーもない言われたないわ」「ゲホゲホゲホゲホッ、もう一件いこや」「もうお前かえれ!・・・しょーもないっ。お前後どれくらいやねん。」・・・・・。

「・・・・しょーもないっ、何の話やねん。しょーもない、もう一件いこや」「あとどれくらいやってきいとんねん、答えろや、しょーもない。お前死んだばぁさんと同じ咳しとるわ」「・・・しょーもない、3ヶ月や。そんなん関係ないやろ。」「しょーもないおっさんとしょーもない酒のむんが幸せなんじゃっ」キューーーーーン(涙)

「しょーもない、何言うとんねん」「しょーもないおっさんおらんくなったら誰と飲めっちゅうねん」「しょーもない、もう今日は帰るわ。」といって立ち上がる後藤君。すると福徳君が「土森!!」と呼びかける。うわーーーーーー、まただ。やられた。


コント「ののしりあい」

道ですれ違う二人。肩がぶつかり合ってケンカに・・・?と思ったら二人ともマイクを持ち出してマイクパフォーマンスバトル。8マイルな世界。そのうち二人のセッションになってました。この二人の作る歌の完成度の高さ(笑)


おしまい。最後のエンドロールVTRは二人のアップの写真が次々映し出されるも、何故だかどちらかの顔がぶれてる・・・・。

そしてエンディングトークは「僕たちはこんなDVDが出したいんです!」と叫びながら幕が閉じていくというものだった。幕が閉まる瞬間も「ディーーーーーーーブイーーーーーーディィィィィィ」(笑)

あぁ、前回に引き続きやっぱりジャル2としての言葉を一言も聞いてない。すごいなぁ、ジャルジャル。本当に絶賛の言葉しか出てこないです。 迷いがないって素晴らしい。1時間なのに、もうちょっと見たいとか思わない。これがベストで、これで大満足。見た後はすごく疲れる、笑いすぎるし内容が濃いから。

恐ろしいんだろうな、この二人。テレビやメディアではいろんな人もいるから難しい部分もあるかもしれないけど(放送コードギリギリアウトだろうし)、あの地下ではモンスターになるに違いない。

とっても有意義な一時間でした。ありがとう。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほんまおもしろかったよねぇ~!!
放送コードギリギリアウト(笑)ほんまにやで!!(笑)
構成もよかったわぁ~。
あのタイミングで「大きな車」って!!
そりゃおもろいで~!!
演技もうまいし!!いうことなし!!
褒め言葉しか出てこない!!

小愛 | URL | 2006年09月18日(Mon)15:35 [EDIT]


→小愛
本当に出来すぎ君な子達やね。
出来すぎ君だわ。
あんな恐れ多い事やってしまうんやもんね、さらりと。
あの二人やから許されるのもたくさんあるしね~(笑)
若いって素晴らしいよ。
演技力は大きいと思うわぁ!!なんやろう・・・・
褒める言葉しか出てこんよ、本当に(笑)

まあちゃん | URL | 2006年09月18日(Mon)20:30 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。